ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

国内トップシェアの技術情報管理(PDM)ソフトウェア「Obbligato II」を強化
~企画・設計段階からの原価低減活動を支援する「コスト管理機能」を新たに搭載~

2008年 2月13日
日本電気株式会社


NECは、製造業における設計図面や部品表(BOM、注1)など製品開発に関わる様々な技術情報を管理するPDM(Product Data Management:技術情報管理)ソフトウェアで国内トップシェア(*)の「Obbligato II(オブリガート ツー)」を強化し、「Obbligato II R8.1」 として本日より販売を開始いたします。

「Obbligato II R8.1」の最大の特長は、製品開発の上流工程である企画・設計段階から構成部品や材料の原価を管理し、為替レートや構成部品の変動に伴って原価をシュミレーションしたり目標原価に対するギャップを早期に把握するなど、原価低減活動を支援する機能(モジュール)を新たに標準搭載した点であります。これにより、従来の調達・生産段階のコスト管理に加え、企画・設計段階まで拡げた製品ライフサイクル全体に渡るコストの「見える化」が可能となります。

昨今、電機・ハイテク業界などの見込生産形態の製造業においては、グローバル競争激化や製品ライフサイクルの短縮に伴うコストダウンが求められ、調達や生産段階での原価対策に加え、製品原価の80%以上が決まると言われる製品企画・設計の段階から企業の収益確保を意識した徹底した原価低減活動(以下 この活動を「原価企画活動」と称す)が重要課題となっております。
NECはこれまで、「Obbligato II」を納入した国内大手製造業500社以上の実績をもとに、顧客企業に必要とされる多数の業務機能を製品化してまいりました。このたびの機能強化も、数社で個別に構築してきた原価企画活動を支援するシステムの実績を基に、標準化したものであります。

「Obbligato II R8.1」の価格は275万円(税別、注2)からであり、3月21日より出荷を開始いたします。
NECは今回の強化を推進力として、「Obbligato II」を中核とするPLMソリューション(注3)事業について、今後3年間で200億円の売上を目指してまいります。

「Obbligato II R8.1」の特長は、以下のとおりです。

(1) 企画・設計段階からの原価の作り込みを支援する「コスト管理機能」を搭載
製品の企画・設計段階から、構成部品や材料の原価をきめ細かに管理し、為替レー トや構成部品の変動に伴って原価をシュミレーションしたり目標原価(ターゲッ トコスト)に対するギャップを早期に把握できる「コスト管理機能」を標準搭載。部 品の目標原価・見積原価・実績原価を管理することで、より適切な製品価格の設定 や、製造ライフサイクルごとに変化するコスト遷移の「見える化」を実現。従来、 本機能はカスタマイズで構築していたが、「Obbligato II R8.1」に標準搭載する ことで、短期間・低コストでの導入が可能となる。
既に別のPDMシステムを導入済みの企業であっても、「原価企画」の専用システムとして「Obbligato II」を導入し、既存システムと連携することも可能。
 
(2) チーム設計を効率化する「3次元CADデータ管理機能」を搭載
  企業でグローバル多拠点にまたがるチーム設計・分散設計が加速していることを背景に、チーム設計時における設計データの版管理や複数者の同時書き込みを回避する排他制御などを行うCADデータ管理機能を提供。従来、本機能は個別の構築が必要であった。第一弾として、Autodesk社の3次元CADソフトウェア「Autodesk Inventor 2008」との連携機能を提供し、順次、他の3次元CADソフトウェアとの連携機能を拡充する。

このほか、産業機械業における"製番"を軸とした設計・生産の統合情報管理を実現する「製番管理機能」の搭載や、Ajax(注4)技術を用いた使いやすい利用者画面を実現しております。

NECは、製造業における競争力の源泉とも言える製品技術情報の高度な管理・活用に対して、「Obbligato II」を中核としたソリューションの開発・販売を強化し、顧客企業の価値向上に貢献してまいります。

尚、「Obbligato II R8.1」の詳細は別紙および以下のURLをご覧下さい。

以上

(*)
出展:テクノシステムリサーチ「2007年 PDM/PLMビジネス市場分析調査」 (2008/1発刊)
(注1) BOM(Bills of Material):
部品表、製品構成情報。製造業において、製品がどの部品・下位構成品・中間製品および原資材などから構成・製造されるのかという関係をツリー形式で示したリスト。
(注2)
最小構成(1サーバ5クライアント構成)275万円~
(注3) PLM(ProductLifeCycleManagement)ソリューション:
「製品開発(ものづくり)」に関するあらゆるデータとプロセスを、部門や企業の枠を超えて統合管理することにより、売れる製品の早期市場投入コスト削減品質向上を目指すソリューション。
(注4)
Asynchronous java script +XML, webブラウザに実装されているJava scriptのHTTP通信機能を使ってWebページのリロードを伴わずにサーバとXML形式のデータのやり取りを動的に行いページの一部を書き換えるアプローチ技術。
文中に表記されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

「Obbligato II R8.1」に関する情報


本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 第一製造システム事業部 CPCソリューショングループ
電話:03-3456-7474
Eメール:oblsales@cpc.jp.nec.com
受付時間:9:00~18:00 (土、日、祝日、12/30~1/3を除く)


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る