ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

オフコン資産を継承する基幹業務サーバ
「Express5800/600シリーズ」の製品強化について

2008年 2月25日
日本電気株式会社

「Express5800/600シリーズ」
「Express5800/600シリーズ」


NECは、オフコンのアプリケーションソフト資産を継続活用できる基幹業務サーバ「Express5800/600シリーズ」において、インテル社最新クアッドコアCPUの採用によるシステム性能の向上、省電力化ならびにセキュリティ機能の強化など全8モデルで製品強化を行い、本日より出荷を開始いたしました。

ハイエンドモデル「Express5800/690xi」およびミッドレンジモデル「同/680xi」、「同/670xi」では、CPUに「クアッドコア インテル(R) Xeon(R)プロセッサー」(注1)の搭載により、システム性能を最大で60%(注2)向上させ、かつ、消費電力を現行機に比べで最大で約50%(注2)削減いたしました。

あわせて、セキュリティ機能を強化したミドルウェア「A-VX01 R5.0」を全モデルに搭載し、ログオン連続試行回数の制限やパスワードへの有効期間設定などのより強固なセキュリティ環境を実現いたします。また、当製品の端末として、当社シンクライアント製品(US110、US60 )も利用可能とし、端末側にデータを持たないことにより、情報漏洩リスクの低減を図ることができます。

新製品の希望小売価格(税抜)は次の通りです。

製品名 備考 希望小売価格
(税別)
Express5800/690xi クアッドコア インテル(R) Xeon(R)プロセッサーE5345 (2.33GHz)×2、4GBメモリ、584GB(146GB×8ディスクアレイ) 4,958万円~
Express5800/680xi クアッドコア インテル(R) Xeon(R)プロセッサ―E5335 (2GHz)×2、2GBメモリ、438GB(146GB×5ディスクアレイ) 2,558万円~
Express5800/670xi クアッドコア インテル(R) Xeon(R)プロセッサーE5335 (2GHz)×1、2GBメモリ、438GB(146GB×5ディスクアレイ) 1,328万円~
Express5800/650xi デュアルコア インテル(R)Xeon(R)プロセッサー5120(1.86GHz)×1、1GBメモリ、292GB(146GB×3ディスクアレイ) 496万円~
Express5800/640xi デュアルコア インテル(R)Xeon(R)プロセッサー5110(1.6GHz)×1、1GBメモリ、292GB(146GB×3ディスクアレイ) 275万円~
Express5800/620xi インテル(R) Pentium(R)4プロセッサー 651(3.4GHz)×1 、512MBメモリ、80GBディスク 125万円~
(注3) 620xi-s インテル(R) Celeron(R) Dプロセッサー 341(2.93GHz)×1、512MBメモリ、80GBディスク 82万円~
620xi-st インテル(R) Celeron(R) Dプロセッサー 341(2.93GHz)×1、512MBメモリ、80GBディスク 55万円~

近年、オフコンの優れた信頼性、運用性を継承し、従来のアプリケーション資産、データ資産を活かしながら、最新のオープンシステム環境に対応できる基幹サーバへのニーズが高まっております。このたびの新製品は、このような市場のニーズに応えるものであります。
NECは、今後もITプラットフォームビジョン「REAL IT PLATFORM」に基づいて、「柔軟」、「安心」かつ「快適」な次世代IT基盤の実現を目指してオフコン資産を継承する「Express5800/600シリーズ」を継続強化していきます。

新製品の主な仕様については別紙をご参照下さい。

以上

<備考>
価格に消費税は含まれておりません。
(注1)
Xeon、Pentium、Celeronは米国およびその他におけるインテルコーポレーションおよび子会社の登録商標または商標。
(注2)
当社測定値
(注3)
「620xi-s」、「620xi-st」は「モデル620xi」のサブモデル。

製品に関する情報

ビジネスPC、Express5800シリーズホームページ「8番街」
http://nec8.com


本件に関するお客様からのお問い合わせ先

ファーストコンタクトセンター
電話:(03)3455-5800


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る