ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

米国ニューメキシコ大学がユニファイド・コミュニケーション(R)システムを構築

2008年 3月19日
日本電気株式会社

NECグループの北米における企業向けネットワーク事業を推進するNEC Unified Solutions (以下 NECUS、注1)は、米国 ニューメキシコ大学(University of New Mexico)にユニファイド・コミュニケーション(R)システム(注2)を納入し、本年4月より本格稼動いたします。
本システムは、NEC製SIP対応(注3)IPテレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」、モジュール合体式のIP対応多機能電話機「UNIVERGE IP Phone DT700シリーズ」、デジタル対応多機能電話機「UNIVERGE Digital Phone DT300シリーズ」、音声系システムとデータ系システムを統合するNEC製コラボレーション・ミドルウェア「UNIVERGE OW5000」を中核とする、ユニファイド・コミュニケーション(R)システムです。

ニューメキシコ大学は、2006年から大学附属病院、健康科学総合センターなど、同大学に関連する複数の施設に段階的にIPテレフォニーシステムを導入しており、このたび22,000台規模の大規模なIPテレフォニーシステムの構築が完了しました。

本システムの特長は以下の通りです。

1. 複数のPBXを同一のネットワーク上に統合し、大規模なIPネットワークを構築
  複数のPBXを同一のネットワーク上で統合するNECの独自機能「NetFusing(ネット フュージング)機能」を活用し、NEC製フルIPコミュニケーションサーバ 「UNIVERGE NEAX(R) 2400 IPX(UNIVERGE APEX7600i)」で構築された既存のネットワー クと、新規に導入するNEC製SIP対応テレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」をIP で統合。既存システムを活かした効率的な運用を実現している。
   
2. 設置場所や利用シーンに応じて、様々な端末を採用
  設置場所や利用シーンに応じて、入力ボタンやディスプレイ、受話器などを自由に組 み合わせが可能なモジュール合体式IP対応多機能電話機「UNIVERGE IP Phone DT700 シリーズ」とデジタル対応多機能電話機「UNIVERGE Digital Phone DT300シリーズ」 を大学幹部や教員向けに導入。今後、電話機に内蔵されたXMLアプリケーションを活 用した業務システムとの連携を目指す。
   
3. NEC製コラボレーション・ミドルウェア「UNIVERGE OW5000」を中核にユニファイド・コミュニケーション(R)を実現
  IM(インスタント・メッセージ、注4)やUMS(ユニファイド・メッセージングシステム、 注5)などプレゼンス機能を活かしたコミュニケーション環境を実現。専用サーバを追 加することなくビデオ会議の利用も可能である。更に、ユニファイド・コミュニケー ション(R)を実現するアプリケーションをモバイル端末に導入することで、外出先でも IMやUMSの利用が可能。

NECは、オフィスにおけるコミュニケーションの活性化や業務の効率化を実現するUNIVERGEソリューションを「UNIVERGE360」(注6)というグローバルコンセプトのもと提供しております。NECおよびNECUSでは、本実績をふまえ、今後も音声とデータを統合したネットワークシステムの販売活動を強化してまいります。

以上

*
本文に記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
(注1)
本社:テキサス州ダラス(米国)、社長:Jeff Kane(ジェフ ケイン)
(注2)
ユニファイド・コミュニケーション(R)は、NECの登録商標。
電話・メール・テレビ会議・Web会議などの様々なコミュニケーション ツールを統合し、効率的なコミュニケーションを実現すること。
電話機・PC・PDAなどの端末に依存せず、電話・メール・Web会議などの コミュニケーションを業務プロセスに応じて使い分け、ストレスフリーな協同 作業(コラボレーション)環境を実現すること
(注3)
Session Initiation Protocol。VoIPを応用したインターネット電話などで利用される、国際標準規格の通話制御プロトコル。
(注4)
インターネット上で同じソフトを利用している仲間がオンラインかどうかを調べて、オンラインであればチャットやファイル転送などを行うことができる システム。
(注5)
ユニファイドメッセージング用の機器とアプリケーションソフトを導入することで、留守中にかかってきた電話をボイスメールとして録音したり、FAXを 画像データとして記憶したりすることができ、自分宛のメッセージをサーバ上 の記憶領域に設けられた1つの受信ボックスで管理できる。
(注6)
UNIVERGE360
UNIVERGE360 企業で働く「人」を中心に置き、その周りを取り巻くビジネス環境を効率的に遂行する際に必要なインフラ、アプリケーション、ソフトウエア、サービス、パートナーシップ等の全てを360度全方位で提供することを意味するグローバルコンセプト。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 海外ネットワークソリューション事業部
E-mail: red@bbs.jp.nec.com


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る