ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

食品業界初、明治乳業の新工場に無線LANを中核とする
フルIPネットワークシステムを納入
~あわせて、FOMA(R)/無線LANデュアル端末を導入~

2008年 3月27日
日本電気株式会社
三信電気株式会社

日本電気株式会社(注1、以下 NEC)および三信電気株式会社(注2、以下 三信電気)は、乳製品業界最大手の明治乳業株式会社(注3、以下 明治乳業)が本年3月から操業を開始した十勝工場に、無線LANを中核とするフルIPの新ネットワークシステムを納入致しました。あわせて、両社は、工場責任者・現場管理者を中心に、工場及び社内では内線電話として社外では外線電話として利用可能なFOMA(R)/無線LANデュアル端末「N902iL」を納入致しました。
工場における音声及びデータを統合した大規模無線LANネットワークの構築とFOMA(R)/無線LANデュアル端末の導入は、食品業界を先駆ける先進的な取り組みであり、新システムは十勝工場の操業と同時に稼動を開始致します。

明治乳業は、従来から、緊急・災害時における確実な社内連絡手段として事業所間内線網と構内PHSを活用しておりましたが、このたび、更なる連絡体制の強化とコスト削減を目的に音声・データを統合するフルIPの新ネットワークシステムの導入に至りました。
新システムではFOMA(R)/無線LANデュアル端末1台で社内/社外の両業務の連絡が可能となり、工場責任者・現場管理者・現場担当者の3階層間のコミュニケーションを活性化するとともに社外取引先や得意先との連絡体制を強化し、工場の安定稼動・製品の更なる品質向上を実現致します。

新システムは、NEC製SIP(注4)対応IPテレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」と無線LANシステムを中核としており、システム構築にあたっては、NECとUNIVERGEセールスパートナー(注5)の三信電気、同アプリケーションパートナー(注6)の三菱電機株式会社(注7、以下 三菱電機)が三社で共同して行っております。

新システムの特長は以下の通りです。

1. 無線LANを中核としたフルIPネットワークシステム
(1) 業界初、工場内におけるセキュアな無線LAN環境を実現
従来、遮蔽物(しゃへいぶつ)の多い工場では、電波の未到達エリアが生じやすいため、無線LANネットワークシステムの構築は困難であった。今回、NECは新工場の設計段階から参画し、無線LANの電波状況やIP電話のスループット(注8)、音質をシミュレーションする置局設計ツールを用いることで、工場内における無線LANネットワークシステムの構築を実現。
「UNIVERGE SV7000」を明治乳業のデータセンター内に、バーチャルセル方式(注9)に対応し置局設計が容易な三菱電機製無線LANアクセスポイント「FS-777G」120台および「Cプレーンワイヤレスコントローラ」を工場内に設置し、無線LANを中核とするIPセントレックス化を行う。
無線LANシステムの構成にあたっては、持ち込みPC等による不正アクセスを防止する802.1X認証(注10)や音声の盗聴を防止するAES方式(注11)など、最新のセキュリティ方式に準拠したNEC製RADIUS(注12)サーバ「UNIVERGE RD1000」や無線LANアクセスポイントを採用し、安心・安全な無線LAN環境を提供している。

(2)

新工場に関わるネットワーク構築コストを約15%削減
IPセントレックス(注13)化及びフルIPでの無線LAN化により、明治乳業では、十勝工場全体で同規模工場と比較して約15%の構築コスト削減を実現した。更にネットワーク機器の保守・運用工数を削減するとともに、レイアウト変更時のネットワーク対応も効率化する。

2.

FOMA(R)/無線LANデュアル端末
(1) 工場関係者の利便性を向上し、社内外のコミュニケーションを活性化
FOMA(R)/無線LANデュアル端末「N902iL」の導入により、この1台で内線/外線通話が可能となり工場関係者の利便性を高める。更に、工場責任者と現場管理者、現場担当者という3階層間の連携が強化され、例えば、生産ラインの稼働状況や製品の在庫状況の確認において緊急対応が生じた場合でも、即座に報告・連絡や指示伝達を行なうことが可能となる。
更に工場責任者や現場管理者は社内関係者や社外取引先との連絡を1台の端末で迅速に行うことができ、工場のオフィスと製造物流現場、工場と取引先など距離感を意識することなく、いつでもどこでも迅速な対応が可能となる。

明治乳業は、「食の新しい価値を創造し、お客様の健康で幸せな毎日に貢献する。」を企業理念に掲げ、お客様のニーズにあった製品開発と食の安心・安全の確保に取り組んでいます。ナチュラルチーズ製造を中心とする国内最大級・最新鋭の新工場におけるシステム化もこうした取組みの一環であり、工場内外のコミュニケーションの活性化と連絡体制の強化により、工場の安定稼動と製品の更なる品質向上を実現するものであります。

NECは、このたびの導入実績をもとに、今後も、様々な現場におけるセキュアで革新的な業務環境を提案してまいります。

以上

(注1)
本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:矢野 薫
(注2)
本社:東京都港区、代表取締役社長:松永 光正
(注3)
本社:東京都江東区、代表取締役社長:浅野 茂太郎
(注4) Session Initiation Protocol:
VoIPを応用したインターネット電話などで利用される、国際標準規格の通話制御プロトコル。SIPテレフォニーサーバは、SIPに対応した高度なテレフォニー機能を持つ装置。
(注5)
UNIVERGEソリューションを提案するために、NECが定めた所定の要件を満たしたNECの販売特約店
(注6)
本プログラムに認定された企業の製品(ハード、ソフト、サービス)とNECのUNIVERGE製品群を統合ソリューションとして創出し、コラボレーション型のマーケティング活動を目指す制度
(注7)
本社:東京都千代田区、代表執行役 執行役社長:下村 節宏
(注8)
単位時間当たりの処理能力、通信回線の単位あたりの実行転送量。
(注9)
隣接する同一周波数を持ったアクセスポイントをグループ化し、ひとつの大きなセルとみなす方式。
(注10)
LAN内のユーザ認証の方式を定めた規格。認証されていないクライアントからの通信を(認証要求を除いて)すべて遮断し、認証されたユーザにのみ通信を許可する。また、他のユーザによる通信ポートの乗っ取りを防止するため、定期的に再度認証を行わせることもできる。
(注11) Advanced Encryption Standard:
米国商務省標準技術局(NIST)によって選定作業が行われている、米国政府の次世代標準暗号化方式。
(注12) Remote Authentication Dial-In User Service:
Livingston Enterprise社が開発したダイヤルアップユーザの認証システム
(注13)
企業内の電話システムをIP電話に切り替え、通信事業者が提供するサーバに接続し、通話を行う。内線機能などは、IP-PBXサーバが提供する。

本システムに関するお客様からの問い合わせ先

NEC プロセス・CPGソリューション事業部第三営業部
電話:03-3798-6265

三信電気 ソリューション営業本部ネットワークシステム営業一部
電話:03-5484-7265


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る