ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

Expressサーバの累計出荷が国内IAサーバとして初めて100万台を突破
~12年連続で年間シェアNo.1を達成~

2008年 3月28日
日本電気株式会社

NECのIAサーバ(注1)「Express5800シリーズ」がこのたび、国内出荷台数で累計100万台の出荷を達成いたしました。これは国内市場におけるIAサーバとしては初めてのこと(注2)であります。また2007年国内IAサーバ市場シェアにおいて1位を獲得し、12年連続のシェアNo.1となりました(注3)。今回の国内出荷 100万台を記念いたしまして、今後、さまざまなイベント、キャンペーンを実施してまいります。

「Express5800シリーズ」は1994年12月に発売以来、最新技術をいち早く採用し続けると共に、ハードウェアを二重化し可用性を追求したft(フォールト・トレラント)サーバや、仮想環境に最適なブレードサーバの製品化などNECの技術力を結集した製品を市場に投入してまいりました。さらに、国内市場のニーズやオフィス環境に適した省スペース型のスリムサーバや水冷方式の静音サーバ、データセンター向けに省電力を追求したiモデルなど、"こだわり"製品を数多く提供してまいりました。
また製品品質にもこだわりを持ち、開発、部材の選定から、生産、組み立て後の検査に至るまでを国内生産拠点で行い、BTO生産方式でありながら最短4営業日での出荷という業界最短リードタイムを実現しております。加えて全国約400ヵ所の保守拠点によるきめ細かい保守サポートや、お客様のサーバルームなどに設置されたハードウェアの状態をリモートで監視しシステムダウンを未然に防止することが可能な「エクスプレス通報サービス」など、システム導入後もお客様の安心をサポートする体制を提供し続けてまいりました。

これらの活動を継続してきた結果、多くのお客様にご評価いただき、国内向けでは初となるIAサーバ100万台出荷を達成することができました。この記念イベントとしてExpressサーバの新製品、最新ソリューションをご覧いただける「NEC Express5800 Tech Festa!`08」(仮称)を5月下旬に開催いたします。また「Express5800/Gモデル もっと半額キャンペーン/OS付けトクキャンペーン」についても4月25日まで延長する等、今後も積極的な販売活動を展開してまいります。

以上

(注1)
インテルアーキテクチャ(IA)をベースとしたサーバ
(注2)
当社調べ(2008年2月現在)
(注3)
1996~2007暦年国内x86サーバー(出荷台数、出荷金額) 出典:IDC Japan
表記されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC ファーストコンタクトセンター
電話:(03)3455-5800
月~金 9:00~12:00、13:00~17:00(祝日を除く)


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る