ページの先頭です
本文へジャンプする

Japan

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

ホーム > プレスリリース > 記事

サービスプラットフォーム事業の強化について
~SaaS事業を本格化~

2008年 3月31日
日本電気株式会社

NECはこのたび、企業がネットワークを活用したサービス提供を行う基盤となるサービスプラットフォームの領域において、新たにSaaS(Software as a Service、サース)を中心としたサービスプラットフォーム提供事業を開始いたします。SaaSは、新しいソフトウェア利用の手法として注目されており、今般、関連メニューを整理体系化し"アプリケーションサービス領域"と"プラットフォームマネージドサービス領域"の2つ領域でサービスの提供を開始いたします。

また、パートナーのSaaSビジネス化を促進する支援制度「SaaSビジネスイノベーションプログラム」を開始し、関連メニュー・ソリューションを拡充してまいります。

アプリケーションサービス領域では、既に提供しているeラーニングやシフト勤務管理領域でのアプリケーションに加え、StarOffice、メールなどグループウェアや、地方公共団体、金融業、サービス業向け等の業種・業際に特化したパッケージソフトウェアのSaaS化を実施いたします。また、BtoC(企業が行う個人向けサービス)事業者にはNECビッグローブ株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役 執行役員社長 飯塚 久夫、以下BIGLOBE)で培ったシステムノウハウを活用し、映像配信や会員コミュニティソリューションを提供いたします。

プラットフォームマネージドサービス領域では、アプリケーションの開発から運用までの、サービスのライフサイクルを支援するトータルサービスとして提供いたします。ハードウェア、OS、ミドルウェア等のリソースとその構築運用をセットにしたサービスに、認証やアクセス制御等のSaaS管理機能、メール配信、ストリーミング、eラーニング等の共通機能を組み合わせて提供いたします。このプラットフォームマネージドサービス領域では、当社が展開するアプリケーションサービス領域および自社ソフトのSaaS化を検討しているISV(ソフトウエアベンダ)を主なサービス提供対象としております。なお、本サービスの提供開始時期は本年9月末を予定しております。

NECでは、これまで培ったサービス提供ノウハウとシステム構築ノウハウを組み合わせることにより、お客様のニーズに対応したソリューション提供し、平成22(2010)年度で1,200億円の販売を見込んでおります。

新サービスの概要は以下の通りであります。

1. アプリケーションサービス領域
業種共通のソフトウェアや業種毎に特化したパッケージソフトウェアのSaaS化をはかり、メニュー化を図った。
業種共通サービスは、コラボレーション(グループウェア、SNS等)、映像(ストリーミング等)、情報管理・情報活用、セキュリティ、コミュニケーションの5つの領域に体系化しサービスを提供する。
業種向けサービスでは、地方公共団体、金融業、サービス業向けなど業種に特化した領域と、会計や人事などの共通業務領域に体系化しサービスを提供する。
 
2. プラットフォームマネージドサービス領域
SaaS事業に必要なアプリケーション開発から運用までを5つのサービス群として提供する
1) 開発・評価環境
SOAをベースとしたマルチテナント対応SaaSアプリケーション開発環境
2) SaaS基盤基本機能
アプリケーションのSaaS化のために必須となる認証・アクセス制御等の基本機能。
3) 共通コンポーネント
SaaSアプリケーションに活用できるメール配信、ストリーミング、eラーニングなど汎用的なサービス部品
4) サービス連携
ESB/BPEL準拠の外部連携、マッシュアップ等
5) オンデマンド型ホスティング
ビジネス変化に追従でき、多様なサービスレベルニーズに対応できるプラットフォーム
 
3. パートナー支援の新制度「SaaSビジネスイノベーションプログラム」
SaaSによるビジネス実現に向けて、メンバ制のパートナー支援制度「SaaSビジネスイノベーションプログラム」を開始する。本プログラムを通し、NECはパートナーに対する技術面のサポートのみならず、アプリケーションベンダによるSaaS事業化への移行支援も行う。
参加パートナー企業の性質や役割により、以下3つのパートナータイプを準備する。
1) アプリケーションパートナー
SaaS基盤上でアプリケーションを実装し、サービス提供するベンダ。
2) テクニカルパートナー
SaaSサービスに必要なコンポーネント提供、並びに、SIを支援するベンダ
3) プラットフォーム(PF)パートナー
SaaS基盤を構成するプラットフォーム製品を提供するベンダ、およびSaaS基盤サービスベンダ。SaaS基盤サービスベンダに対しては、互いの基盤上のアプリケーション間でのマッシュアップ連携を強化する。
 
本制度に参加予定のベンダは以下の18社である。
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
ウィンワークス株式会社
ウルシステムズ株式会社
株式会社NTTデータ イントラマート
株式会社大塚商会
株式会社ケアブレインズ
株式会社サンブリッジ
株式会社セールスフォース・ドットコム
株式会社テックスタイル
株式会社ネオジャパン
キーウェアソリューションズ株式会社
サムトータル・システムズ株式会社
住商情報システム株式会社
SpikeSource, Inc.
日本SGI株式会社
日本オラクル株式会社
ビートレンド株式会社
マイクロソフト株式会社

以上

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC マーケティング本部 サービスビジネス企画グループ
E-Mail: saas@mkt.jp.nec.com


このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本文ここまで
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る