ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 南アフリカ共和国の国民IDシステムを更新

南アフリカ共和国の国民IDシステムを更新 ~指紋認証技術を活用した世界最大級の国民IDシステム~

2008年5月21日
日本電気株式会社

NECは、南アフリカ共和国の国民IDシステムのシステム強化を受注し、本年6月からの稼働を予定しております。

南アフリカ共和国では、政府が16歳以上の国民を対象に個人認証手段に指紋を採用したIDブックレット(手帳)を発行し、選挙登録、年金需給管理といった公共サービスを始め、車の購入やビデオのレンタルなど様々な場面での本人確認用途に使用されています。そのベースとなる技術にNECのAutomated Fingerprint Identification System(AFIS)が利用されております。

現行システムは、2002年に4500万人分のデータが登録可能な世界最大級の指紋認証による国民IDシステムとして稼働いたしました。このシステムが稼働したことにより、本人確認のための作業時間が大幅に短縮するとともに、社会保障給付金の二重取得、身元詐称や個人情報盗難、などの不正行為が防止され、社会の公正さの実現に貢献いたしました。

今回の強化では、登録可能数が5000万人規模のシステムに増強されます。NECの最新ハードウェアと最新のソフトウェアに更新したことにより、システムの処理性能はさらに向上し、一部の機器が故障しても業務が停止することなく稼動できるようになります。また、将来は、IDブックレットに代わり、当初の計画にもあったICカード導入が検討されておりますが、このシステムはそのベースとなると見込まれています。

NECの指紋照合システムは、99.9%以上の正確性を備えた、世界最高レベルの照合精度に加え、高速・大量にデータを照合が必要とされる国家レベルの大規模データベースにも他対応可能となっております。

NECでは、グローバルな市場を視野に、国民IDシステムや出入国管理システムに代表されるCivil AFIS事業分野をさらに強化し、今後も安心・安全な社会の実現に貢献して参ります。

以上

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 第二官公ソリューション事業部 事業推進部
電話:(03)3798-2940

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.