ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 新省電力サーバ「ECO CENTER」の発売について

データセンターの設置環境に最適な
新省電力サーバ「ECO CENTER」の発売について ~従来比55%の省電力、50%の省スペース、58%の軽量化を実現~

2008年5月26日
日本電気株式会社

ECO CENTER

「ECO CENTER」

ECO CENTERに関する情報発信

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/products/ecocenter/

NECは、このたび、最大512のCPUコア(クアッドコアCPUを2個搭載したサーバ64台)を高さ2mのキャビネットに実装可能で、従来のサーバ(注1)と比較して最大55%の省電力、50%の省スペース、および58%の軽量化を実現した新サーバ「ECO CENTER(エコセンター)」を製品化し、本日より販売活動を開始いたしました。

本製品は、昨年11月26日に発表の省電力ITプラットフォームへの取組み「REAL IT COOL PROJECT」に基づいて製品化したものです。

「ECO CENTER」は大企業や官公庁のデータセンターに設置する大規模業務サーバやWebサーバシステムなどの構築に適した製品です。

新製品は、最新の省電力CPU、チップセット、メモリなどの省電力部品を採用していることに加え、一般に使用されているサーバの電源と比較し20%省電力な高効率電源や、電源・冷却実装の最適化など当社が長年メインフレーム、スーパコンピュ-タの開発で培った高密度実装、冷却技術を駆使し、徹底した省電力、省スペース、および軽量化を実現しています。

また、ヴイエムウェア社の仮想化基盤「VMware(R) ESX 3.5」(注2)と当社の統合プラットフォーム管理ソフトウェア「SigmaSystemCenter」との組合せにより、ハードウェアの負荷に応じて業務(アプリケーションサーバ)を最適配置することで省電力を実現するなど、先進の仮想化・最適化技術にも対応しています。

「ECO CENTER」の特長は以下の通りです。

1. 省電力設計

電源変換効率89%の高効率電源を採用。本電源は一般的なコンピュータ用電源と比較し20%省電力を実現。
また、サーバの構成部品を最適配置し、サーバを冷却するためのエアフローを効率化することで冷却に要する電力を削減。
くわえて、CPUにインテル社の最新省電力プロセッサー「クアッドコア インテル(R) Xeon(R)プロセッサー低電圧版 L5420」(注3)や最新の省電力チップセット、省電力メモリなど、最新の省電力技術を採用することで、低電圧CPUを搭載した従来機と比べ、待機時55%、高負荷時28%の省電力化を実現。これは、通常CPUを搭載した従来機との比較では、待機時71%、高負荷時52%の省電力となる。(注4)。

2. 省スペース/軽量化

サーバ2台をセットにした小型サーバモジュールを専用キャビネットに収納するモジュール構造を採用。高さ2メートルのキャビネット1台あたり、最大512コアを収容可能。従来機と比較し、設置スペースを最大50%削減。
また、サーバモジュールの素材にアルミを採用すると共に、高効率電源の共有化などの高密度実装技術などにより、512コアを実装した最大構成で1キャビネットあたり540kgと、従来サーバと比較し58%の軽量化を実現。

3. 最新の仮想化・最適化技術による省電力の追求

仮想化基盤「VMware ESX 3.5」と統合プラットフォーム管理ソフトウェア「SigmaSystemCenter」との組合せにより、ハードウェアの負荷に応じて業務(アプリケーションサーバ)を最適配置することを可能としており、最大の省電力メリットを実現。
このほか、「SigmaSystemCenter」と組合せ、省電力を実現可能な仮想化基盤として、シトリックス・システムズ社の「Citrix XenServer Enterprise Edition」(注5)もサポート予定。さらに、マイクロソフト社のWindows Server(R) 2008に搭載されている「Hyper-V」(注6)もサポートを計画。

新製品の希望小売価格および出荷開始時期は次の通りです。また、北米、欧州、アジアなどの海外においては、2008年度上期中に販売を開始する予定です。

構成 希望小売価格
(税別)
出荷開始時期 備考
最大構成時
(512コア/64サーバ)
3,990万円
より
2008年6月末 1サーバあたりCPU×2、8GBメモリ160GBハードディスク。
1キャビネットの消費電力16キロワット。
国内データセンタ6KW構成時
(192コア/24サーバ)
1,350万円
より
2008年6月末 1サーバあたりCPU×2、4GBメモリ160GBハードディスク。
1キャビネットの消費電力6.2キロワット。

このほか、「ECO CENTER」は、基本ソフト(OS)として、マイクロソフト社の「Windows Server(R) 2003」、「Windows Server(R) 2008」(注6)やレッドハット社の「Red Hat Enterprise Linux」(注78)をサポート予定であり、企業や官公庁における大規模業務サーバやWebサーバシステムの構築に適したサーバ環境を提供します。

なお、NECでは、当社のアウトソーシングサービスの新プラットフォームサービスである「RIACUBE(リアキューブ)」(注9)において当「ECO CENTER」の採用を予定しています。

2005年の京都議定書発効以来、地球温暖化問題に対する企業・自治体の取り組みが大きく注目を集めており、企業や官公庁においてCO2排出量削減が経営指標として扱われる可能性が高くなるなど、環境配慮への関心が高まっております。
一方、テクノロジーの進歩によりIT機器の高性能化が進み、消費する電力は年々増加傾向にあり、ITプラットフォームに対する省電力のニーズはますます高まってきております。
「ECO CENTER」はこのような市場の声に応えるため製品化したものであり、NECの省電力ITプラットフォームの取り組み「REAL IT COOL PROJECT」に基づき製品化したものであります。

NECは今後も柔軟・安心・快適を実現するITプラットフォームビジョン「REAL IT PLATFORM」に基づき、継続して製品およびサービスの強化を行っていく予定です。

今回の新製品「ECO CENTER」の発表にあたり協業ベンダ各社からの賛同文は別紙をご覧下さい。

以上

(注1)

従来機種はExpress5800/i120Rg-1(低電圧クアッドコアCPU×2、12GBメモリ、160GBハードディスク構成)

(注2)

VMwareは米国およびその他の地域におけるVMware, Incの登録商標または商標。

(注3)

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Core、Core Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporationの商標。

(注4)

当社測定値による比較

(注5)

Citrix、Citrix XenServerは、Citrix Systems, Inc.の登録商標または商標。

(注6)

Microsoft、Windows、Windows Server 2003、Windows Server 2008は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標。

(注7)

Red Hatは米国およびその他の国におけるRed Hat, Incの登録商標または商標。

(注8)

Linuxは、Linus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標。

(注9)

RIACUBE(リアキューブ)
標準化(パターン化)したプラットフォーム(IT基盤)とその運用管理を組合せ、サービスレベルに応じた料金体系で提供する新プラットフォームサービス。
http://www.nec.co.jp/press/ja/0803/1301.html

ECO CENTERに関する情報発信

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC ITプラットフォーム販売推進本部
プラットフォームコンタクトセンター
電話:(03)3798-9771
(受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00 月曜日~金曜日(祝日を除く))
Eメール: contact@pfcc.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.