ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NGN対応ネットワークサービス基盤ソフト新製品の発売

NGN対応ネットワークサービス基盤ソフト「NC7000シリーズ」新製品の発売 -SIPデータゲートウェイ「NC7000-SD」と位置情報提供基盤「NC7000-LE」を提供-

2008年6月6日
日本電気株式会社

NECは、次世代ネットワーク(NGN)に対応したネットワークサービス基盤ソフトウェア「NC7000シリーズ」の新製品として、企業/ISP/ASPがNGN上でアプリケーションを実行するためのゲートウェイ「NC7000-SD」、およびモバイルキャリアの位置情報サーバから位置情報を取得し、外部サーバへ提供を行う「NC7000-LE」の2製品を追加し、本日から販売活動を開始しました。

「NC7000-SD」は、NGN上で既存の多様なNGN SIP非対応アプリを利用可能にするNGN SIP対応のSIPデータゲートウェイ製品です。NGN上でSIPを終端しデータパス(伝送路)を生成する機能により、企業/ISP/ASPは、Webサーバ等の既存汎用システムやNGN SIP非対応製品に改変を加えることなくNGN網に接続することが可能となります。また、セッションのアクセス元がNGNユーザかどうか判定するAPIを提供しているため、このAPIを利用することでNGNユーザ向けのコンテンツ提供や、NGNのネットワークサービス基盤と連動したサービス提供等が可能となります。

「NC7000-LE」は、モバイルキャリアが端末の位置情報を他事業者へ提供しやすくするための、位置情報提供基盤製品です。通信事業者内の位置情報サーバからOMA(注1)準拠のプロトコル(MLP,注2)により、端末の位置情報を収集/外部提供します。位置情報の利用を促進する機能として、ネットワーク内で収集した端末の位置情報を、プレゼンス情報として端末に代わりプレゼンスサーバへ送信するPNA機能、取得した位置情報を蓄積して通信事業者の位置情報サーバにかかる負荷を軽減する位置情報キャッシュサーバ機能等を実現します。これらの機能は、JavaプログラミングAPIや、NC7000-WS(Webサービスゲートウェイ)経由でWebサービスAPIとして公開可能なため、外部アプリケーションから利用しやすいインタフェース環境を実現しています。

新製品の価格はいずれも個別見積もりであり、NECは両製品あわせて今後3年間に100システムの販売を計画しております。

NGN商用サービスが本格化する中、通信事業者やサービス提供者にとって、NGNで利用可能なサービスをいかに迅速かつ効率的に提供できるかが重要な課題となっております。このたびの新製品は、こうした通信事業者やサービス提供者のNGNによるビジネス機会の拡大に貢献するものであります。

NECでは今後も「NC7000シリーズ」を核とするサービス基盤の拡充を図るとともに、NGN上で実現される様々なサービスソリューションを提案してまいります。

なお、NECは「NC7000シリーズ」を、6月11日~13日まで幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2008」に出展いたします。

新製品の特徴および利用イメージについては別紙をご参照下さい。

以上

(注1)OMA(Open Mobile Alliance):

2002年6月に設立されたモバイル通信技術関連の標準化を行う業界団体

(注2) MLP(Mobile Location Protocol):

OMAにより仕様策定された、モバイルキャリアのコアネットワークで測位された位置情報を外部サーバ等に通知するためのプロトコル

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC ネットワークサービスシステム事業部
Eメール: contact@nc7000.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.