ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 中国でのソフトウェア開発における人材育成体制を強化

中国でのソフトウェア開発における人材育成体制を強化 ~5,000人のオフショア要員向けに体系的な教育を開始~

2008年6月11日
日電(中国)有限公司
日本電気株式会社

NECおよび日電(中国)有限公司(注1、以下 NEC中国)はこのたび、中国におけるソフトウェア開発の事業拡大とスキル向上を目的として、ソフトウェア開発要員を対象とした人材育成体制を強化いたしました。

NECはこれまで、ソフトウェア開発の効率化や優秀な技術リソースの安定確保のため、中国でのオフショア開発を積極的に推進しており、現在、現地法人社員および協力会社社員合わせて約5,000人の開発要員を有しております。
このたびの人材育成体制により、この5,000人の開発スキルをさらに高めるとともに、要員数も2009年度には7,000人以上に拡大し、ソフトウェア開発体制を強化してまいります。

このたびの人材育成体制強化のポイントは、以下の3点であります。

(1)  ITスキル標準(注2)を参考に、ソフトウェア開発に必要な人材タイプを定義。各人材タイプの中にレベルを設定し、レベルを満足するための達成度指標や必要となるスキルを明確化し、これに沿った教育コースを開発・実施する。
(2)
教育インフラの整備として、NEC中国内に新たに「教育・トレーニングセンタ」を開設。集合研修およびWBT(Web Based Training、注3)を開催し、多数の要員に迅速かつ均質な教育を提供する。
  ・  集合研修は、NEC製の双方向型ライブ授業システム「i-Collabo.Live」を利用し、北京を中心に上海・大連・杭州・西安・済南の遠隔教室をインターネットで結んで実施。受講者は北京の講義内容をリアルタイムに遠隔教室で受講し、遠隔教室側からの質問に北京の講師が直接回答するなど双方向のリアルタイムコミュニケーションが可能。また研修終了後、受講者はWebでの修了テストで自身の理解度を即座に確認できる。
  ・  WBTは、NECグループ共通のラーニング基盤システムである「LearningDoor」を利用。受講者はインターネットに接続したPC端末より、場所や時間を選ばずに各自の都合に合わせて学習することができる。
(3) 北京航空航天大学ソフトウェア学院および北京中清研信息技術研究院と提携し、各院から高度な教育スキルを有する講師を派遣。また、日本でNECグループの人材育成を担当するNECラーニング株式会社と連携し、技術教育テキストの作成や講師を育成する。


「教育・トレーニングセンタ」では、本年1月より教育を開始し、既に、11コース、延べ1,000名以上の要員に教育を実施しました。2009年度中には教育講座を80コースにまで拡大する予定であり、日本で実施している実践的な技術教育・マネジメント教育を中国現地法人社員に対して行うことで、より多くの高度な業務(設計業務、システムテスト等)に対応できる人材を育成していきます。

NECおよびNEC中国は、「教育・トレーニングセンタ」での人材開発を通じて上級ソフトウェア人材の育成に力を入れ、中国におけるソフトウェア開発事業の拡大、ならびに、中国ソフトウェア産業の発展に貢献してまいります。

以上

(注1) 本社:

中国 北京市  総裁:金子 肇

(注2) ITスキル標準:

IT Skill Standard 経済産業省が定めた、個人のIT関連能力を職種や専門分野ごとに明確化・体系化した指標。ITサービスの分野を、「ITアーキテクト」「プロジェクトマネジメント」「ITスペシャリスト」などに大別し、それぞれの専門分野ごとに達成度指標、指標ごとに必要とされるスキル、熟達度を定義している。

(注3) WBT:

コンピュータを活用し教育を実施する「eラーニング」

 

* 本文に記載されている会社名、製品名は各社の商号または登録商標です。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

EC  海外ソフトウェア開発推進本部 岩島
電話:(03)3798-4996

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.