ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 日産自動車、NECデザイン、「日本デザイン学会」で共同研究成果を報告

日産自動車、NECデザイン、「日本デザイン学会第55回研究発表大会」にて
両社の共同研究成果を報告

2008年6月19日
日産自動車株式会社
日本電気株式会社

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座、社長:カルロス ゴーン、以下、日産)及び日本電気株式会社(以下、NEC)のグループ会社である株式会社NECデザイン(本社:東京都品川区東品川、社長:大山田 順)は、6月27日から29日まで広島市にある広島国際大学東広島キャンパスで開催される、日本デザイン学会第55回研究発表大会において、「ロボットがクルマに乗った日-異分野コラボレーションによる価値創造型研究開発のあり方」と題した研究成果報告を行う。

本報告の中で両社は、2007年秋に開催された第40回東京モーターショーにおいて、日産が出展したコンセプトカー「PIVO2」に搭載した「ロボティック・エージェント(以下、RA)」の開発プロセスを紹介するとともに、業種・専門分野が異なる企業のメンバーがいかに協調し、新しい価値創造を目指したのか、その革新的な研究開発のあり方についても報告する。

RAは、NECが保有する、人と電子機器の対話デザイン(せりふ、話し方)に関するノウハウと、ドライバーとインタフェース研究に関する日産のこれまでの知見とを組み合わせることで実現した、クルマの新しいインタフェースの提案である。ドライバーが常に良い心理状態で移動できるよう、RAは表情や会話からドライバーの状態を推定して話しかけたり、操作をガイドする。両社はこうした技術によって、複雑化しつつあるクルマのユーザーインタフェースを、より親しみやすく安全なものに変えていきたいと考えている。

今回の開発においては、日産の研究所・デザイン部門とNECが、互いに持てる技術を最大限に活かすことにより、従来にない企業や組織を超えたコラボレーションが実現した。両社は今後もそれぞれの持つ長所を生かし、クルマのユーザーインタフェースの一つの表現形態として、RAについての研究を進める所存である。

以上

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.