ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > サービス実行基盤「WebOTX」最新版の発売

NGN時代の企業ビジネス環境を支える
サービス実行基盤「WebOTX」最新版の発売について ~基幹業務システム向けJava最新仕様「Java EE 5」に準拠~

2008年6月24日
日本電気株式会社

WebOTXに関する詳しい情報

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/WebOTX/

NECは、このたびサービス実行基盤ミドルウェアの最新版「WebOTX V8」を製品化し、本日より販売開始いたしました。
今回発表した最新版の概要は、(1)NGNミドルウェアパートナープログラム(注1)で策定を進めているNGNミドルウェア共通API(アプリケーション・インタフェース)の基本仕様の採用、(2)国内ベンダー初となる基幹業務システム向けのJava最新仕様「Java EE 5」準拠によるアプリケーション開発コード量の従来比約30%削減、(3)SOA(サービス指向アークテクチャ)基盤を支えるESB(Enterprise Service Bus、注2)製品の性能強化などであり、それぞれの特長は以下の通りです。

  1. NGNミドルウェア共通APIを提供

    NGNの先進の技術を活用し、NGNミドルウェアパートナープログラムで策定を進めているNGNミドルウェア共通APIを他社に先駆けて提供。本APIは、WebサービスやJavaによるAPIで構成され、NGNの複雑なプロトコルを隠蔽することで、NGNの基本呼制御プロトコルであるSIP(注3)を意識せずに、NGN上で動作するアプリケーションの開発を容易にする。
    さらに、アプリケーションで必要とする通信帯域が保証された高品質な通信の実現(QoS、注4)など、NGNのメリットを活用したアプリケーションの開発も本APIにより可能になる。
    なお、当社は、NGNミドルウェアパートナープログラムでの成果を順次NGNミドルウェア共通APIに反映して提供する予定。

  2. Javaの最新仕様に対応

    国内ベンダーに先駆けてエンタープライズ版の最新Java仕様「Java EE 5」に対応。当仕様の最大の特長である「開発容易性 (Ease of Development: EoD)」のコンセプトに基づいて、プログラミング・コード量を従来比約30%削減することが可能。こうした先進的な技術への対応と顧客満足度No.1(注5)の充実したサポート体制により、開発効率が高くかつ安心できるWebシステムを実現できる。

  3. SOA環境に適応する機能強化と操作性の向上

    SOA基盤を支えるESB製品の性能を強化。異なるサービス間のメッセージ転送の方式を最適化することで、サービス間連携の処理性能を最大3倍に向上するとともに、大容量ファイル転送に対応した機能を強化。これにより、サービス間でのマルチメディアコンテンツの連携や夜間ジョブとして大量データのバッチ処理を行う業務などをSOA環境へ快適に統合することができる。
    また、Webブラウザを通じて統一された画面から分散したサービス群を活用することができる企業情報ポータル製品を新規に提供。主な特徴は、ポータル・フレームワークへのAjax技術の全面採用と当社ヒューマンインタフェースセンターとの共同開発によりWebブラウザからの快適な操作性と当社コラボレーティブウェア「StarOffice Xシリーズ」が持つグループウェアとの連携機能を実現。
    さらに、サービス指向アプリケーションの再利用の容易化とIT統制の強化を図るSOAガバナンスの実現を支援するサービスリポジトリ製品を新規に提供。


「WebOTX V8」の主な製品の希望小売価格は、以下の通りです。

製品名 希望小売価格
(税別)
備考
WebOTX Application Server Web Edition V8.1 120,000円~  Webベースのシステムを短期間で構築するための小規模構成用モデル
WebOTX Application Server Standard-J Edition V8.1 500,000円~  Java EEをベースにした本格的なWeb業務システム構築に適した標準モデル
WebOTX Application Server Standard Edition V8.2 2,000,000円~ Java EE、C++、COBOLアプリケーションが動作するシステム向けの高信頼モデル
WebOTX Enterprise Service Bus V8.1 4,000,000円~ SOAの実装バックボーンとしてさまざまなプロトコルに対応したシステム連携基盤

当社は、「WebOTX」について、今後3年間で6万本の販売を見込んでおります。

企業を取り巻くビジネス環境は、新たなサービス創出に向けて、近年の高度に発達したインフラストラクチャを活かした革新的なビジネス価値を生み出す試みが加速しています。
NECは、こうしたビジネスニーズに応えるため、今後とも「WebOTX」において最新技術をサポートした製品群を提供し、お客様の新しい価値創造と企業基盤強化を支援してまいります。

以上

(注1)NGNミドルウェアパートナープログラム

NECが2007年12月に発表した、NGN対応の企業向けアプリケーションソフトウェア開発の加速を目的に、SIPミドルウェア共通APIの策定、接続性検証環境の提供などをパートナー企業10社と共に推進する活動。

(注2)ESB (Enterprise Service Bus)

企業内外の異なる技術やデータ形式を持つシステム間を柔軟に接続・連携させるための論理的なバス、およびそれを実現するミドルウェア製品。

(注3)SIP

通話制御プロトコルの一つで、音声や映像、テキストメッセージの交換などを行うために必要なセッションの確立、変更、終了といった処理を行う。

(注4)QoS (Quality of Service)

ネットワーク上で、通信のための帯域をあらかじめ確保し、一定の通信速度を保証する技術。

(注5)

日経コンピュータ2007年8月20日号 第12回顧客満足度調査Webアプリケーション・サーバー部門1位

 

※ 文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

WebOTXに関する詳しい情報

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 第二システムソフトウェア事業部
電話:(03)3456-5692
Eメール: info@cced.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.