ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 高性能化を図ったファクトリコンピュータ最上位機種を発売 > 別紙

Quad-Core インテル(R) Xeon(R)プロセッサーを搭載し、高機能化を図った
ファクトリコンピュータ最上位機種を発売

2008年6月25日
日本電気株式会社

「S16W」の主な特長および仕様

【特長】

1. 高速・高性能化

Quad-Coreインテル(R) Xeon(R)プロセッサーL5318(1.60GHz)を搭載(注1)。チップセットに高性能インテル(R)5100を採用し、メモリは最大4GB(DDR2-SDRAM ECC機能付き/RDIMM) (注2)搭載可能でCPUの優れた性能を最大限に発揮し、CPUにかかる負荷が大きい場面でも快適な動作環境を提供。

2. 高性能グラフィックスボード搭載可能

3D画像や大容量動画などもスムーズかつ高精細に、さらに2画面(マルチ)表示できるPCI-Express x16対応の高速グラフィックスボードNVIDIA Quadro(R) NVS290 (注3) を搭載可能。
また、サーバ用途などグラフィックス機能が重要ではないシステム向けに内蔵グラフィックスチップを搭載しており、グラフィックスボード非搭載モデルが選択可能。

3. 大容量固定ディスクドライブ対応、シリコンディスク搭載可能

320GB(SATA)と160GB(SATA)の大容量固定ディスクドライブを用意。本体前面のフロントアクセスドライブベイに固定ディスクドライブとシリコンディスクドライブ(8GB)が搭載可能。
さらに、5型ドライブベイに3台目の固定ディスクドライブまたはシリコンディスクドライブ(8GB)の増設が可能。

4. 豊富な拡張スロット

PCI-Express(×8)スロットを1スロット、PCIスロット(32bit/33MHz)を4スロット装備。グラフィックスボード非搭載モデルではPCI-Express(×16)スロットも拡張スロットとして利用可能。

5. LANインタフェースを2ch標準装備

ネットワークインタフェースはLAN(1000BASE-T)を2ch標準装備。
Wake On LAN機能に対応。

6. USBポートを6ch標準装備

USBポートを本体前面に2ch、背面に4ch装備。キーボード、マウスのほか、多様な周辺機器の接続が可能。

7. 強化したRAS機能

システムの異常検知/通知を可能とするFC専用RASボードの機能を強化。
従来(注4)の電源断/ウォッチドッグタイマ/温度上昇検出/バッテリアラーム検出/ミラーリングボードアラーム検出/外部アラーム入力機能に加え、新たに“アラーム情報保持機能”、“アラーム出力論理変更機能”、“RAS機能チェックツール”を追加。
また、ハードウェア状態監視機能、固定ディスクの異常を検知するSMART機能、ロギング機能を提供するソフトウェアRASも標準添付。

8. Windows(R)XPまたはLinuxが選択可能

プリインストールOSはWindows(R) XP Professional(Service Pack3:日本語版/英語版)とLinux(MIRACLE LINUX)を用意。
サポートOSは32bit版OS[Windows(R) Server(R) 2003 R2(Service Pack 2)、Windows(R) XP Professional(Service Pack 3/Service Pack 2)、Windows(R) Vista(R) Ultimate(Service Pack 1)]

9. 長期供給・長期保守

5年間の長期供給を保証するとともに標準で生産終了後7年間の保守サポートを保証。さらに、オプション(保守受付期間3年延長D:FC-LS001D)利用時には生産終了後10年間という長期保守サポートを実現し、ユーザの長期・安定利用を支援。

(注1)

インテル、Xeonはインテルコーポレーションの商標または登録商標

(注2)

PCIデバイスなどのメモリアドレス空間と競合するため利用可能なメモリ容量は約3GB(グラッフィックスボード搭載時)、約3.5GB(グラッフィックスボード非搭載時)

(注3)

エルザ ジャパン社 新しいウィンドウを開きます。http://www.elsa-jp.co.jp/

(注4)

RASボード FC-UG-X006

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.