ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > OCCの経営権取得について

OCCの経営権取得について ~海底ケーブル通信事業を強化~

2008年7月1日
日本電気株式会社
住友電気工業株式会社

日本電気株式会社(本社:東京都港区 代表取締役 執行役員社長:矢野薫 以下、NEC)及び住友電気工業株式会社(本社:大阪市中央区 社長:松本正義 以下、住友電工)はこのたび、光海底ケーブルを中心とした各種通信ケーブルの製造・販売を行う株式会社OCC(別紙参照 本社:横浜市西区 代表取締役社長兼CEO:岡田義久 以下OCC)の経営権を取得することとなりました。

NECと住友電工は、OCCの100%持株会社である株式会社オーシーシー・ホールディングス(以下、OCCHD)の全株式を出資元であるロングリーチグループが運営するファンドより取得するもので、取得後のOCCHDに対する出資比率はNEC約75%、住友電工約25%となります。両社は本年7月中にOCCHDの株式取得の手続きを完了する予定であります。

NECと住友電工は、ブロードバンドサービスの普及に伴い世界的規模で飛躍的に増加する通信量に対応するため整備が急がれている海底光通信ネットワーク構築需要に応える為、高品質・高信頼度の海底ケーブルの安定供給確保を目的に、このたびのOCCHD株式取得を決定したものであります。

OCCは1935年に国家的要請に応じて日本海底電線株式会社として設立され、通信用海底ケーブル初の国産化を実現しました。1964年大洋海底電線株式会社との合併に伴い、今日のOCCの基盤となる日本大洋海底電線株式会社が発足し、以来、海底同軸ケーブルの時代を含め45年以上に亘り各種陸上ケーブルおよび大洋横断海底ケーブルの製造・供給に携わり、最近では独自の最先端技術による光海底ケーブルの製造を手掛けています。同社はフランスのアルカテル・ルーセント社、米国のタイコテレコム社とならぶ世界的な海底ケーブルメーカとして、既に14万キロメートルを超える光海底ケーブルを供給しております。

NECは、過去30年以上にわたり、太平洋・インド洋・アジア地域を中心に数多くの海底通信ネットワークの構築に携わっております。この度のOCCの経営権取得に伴い、ケーブルを含めた海底ケーブルシステムの供給が更に機動的に展開できることになるため、市場の要請にも幅広く応えられるものと期待しています。

住友電工は、NECと共にOCCに出資することによるシナジー効果を追求し、今後も堅調に推移することが見込まれる海底ケーブルシステム市場において、光ファイバをはじめ海底ケーブルシステムに用いられる部品材料事業の基盤強化、拡大を目指します。
OCCの概要は別紙をご参照ください。

以上

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.