ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > “人と地球にやさしい”働き方に向けた「在宅勤務」を全社に拡大

“人と地球にやさしい”働き方に向けた「在宅勤務」を全社に拡大 ~シンクライアントシステムを利用し、安全な「テレワーク」を推進~

2008年7月1日
日本電気株式会社

NECは、「在宅勤務」を2008年7月1日から全社に拡大致します。
NECでは、「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現するグローバルリーディングカンパニー」をグループビジョンに掲げ、より働きやすい環境への変革に向けた取り組みを積極的に推進しております。その一環として2006年7月より、在宅勤務を取り入れた「テレワーク」(注1)のトライアルを実施して参りました。
このたび、NECの持つ高度なICT(リモートアクセス、シンクライアントシステム)を活用し、情報セキュリティに配慮しつつ、自宅でもオフィスと同じように業務を行うことが可能となってきたことに伴い、「在宅勤務」を全社に拡大していくことにしました。
NECの「在宅勤務」は、時間の有効活用による生産性の向上や、育児・介護や障がいなど、各自の多様な事情にあわせた“人にやさしい”働き方であり、同時に、通勤のための交通機関利用の削減やシンクライアントシステム利用による消費電力やCO2の削減(注2)など“地球にやさしい”働き方を実現するものです。
NECでは、「在宅勤務」を始め、PCを利用した全ての社外作業においてもシンクライアントシステムの利用を推進していく予定です。

 「在宅勤務」の特長と制度の概要は、以下の通りです。

1.「在宅勤務」の特長

NECでは、「在宅勤務」の課題である「(1)情報セキュリティの確保」「(2)コミュニケーション」「(3)勤務管理」について、これまでのトライアルを通して、下記の対応で解決できることを確認してきました。

(1)情報セキュリティの確保
 リモートアクセスを利用して社内の情報へアクセスし、情報の持出しや私有(自宅)プリンタでの印刷が行えないシンクライアントシステムを利用
(2)コミュニケーション
 内線電話、Web会議・Webカメラなどのコミュニケーションツールを活用し、自宅でもオフィス勤務時と同様の協働環境を実現
(3)勤務管理
 在席状況やスケジュールを自宅にいながら関係メンバーと共有

2.「在宅勤務」制度の概要について

対象者は管理職や主任を中心に事前に上司の承認を受けた者とし、対象業務は個人情報や顧客情報などの機密事項を扱う業務を除くこととしています。また、本制度の利用は週1回を原則としています。

NECは、「在宅勤務」を全社展開した経験を活かし、NECが企業向けに提供する「UNIVERGEシンクライアント在宅勤務ソリューション」(注3)等、テレワークの実現に貢献するソリューションの営業活動をいっそう推進してまいります。

NECでは、自らの実践とお客様へのソリューション提供を通じて、“人と地球にやさしい”働き方を今後も推進してまいります。

以上

注1:

ITを活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方

注2:

シンクライアントの利用により、従来PCと比較して、年間電力消費量 最大62%削減。例えば1,500台構成で年間最大56tのCO2を削減。

注3:

セキュリティを確保した在宅勤務の実施に必要となるシンクライアント
システムとリモートアクセスのためのVPN装置などを、小規模から導入しやすくパック化したソリューション。

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.