ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > アジアの日系企業から仮想PC型シンクライアント計500台受注

アジア進出の日系企業から、仮想PC型シンクライアントシステム
「VirtualPCCenter」を計500台規模で受注 ~アジアの販売体制を強化し、2010年までに300社の受注を目指す~

2008年7月10日
日本電気株式会社

NECのシンクライアントシステムに関する情報

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/clsol/?link=press

NECは、仮想PC型シンクライアントシステム「VirtualPCCenter(バーチャルピイシイセンター)」の販売を国内外で強化しており、アジア地域においては、昨年末からの約半年間で現地の日系企業10社から計500台規模の受注を獲得しました。

アジア地域の日系企業においては、情報漏洩対策・新型インフルエンザの大流行(パンデミック)を想定した事業継続基盤の強化・システム運用管理の効率化とコスト軽減・内部統制強化などのニーズを背景に、端末側にデータやアプリケーションを持たず、サーバ側に統合集約して集中管理を行うシンクライアントシステムが注目されております。

特に、NECの仮想PC型シンクライアントシステム「VirtualPCCenter」は、既存のPC環境をそのまま仮想化し、これまでの使い勝手を継承しながらも、少ない台数の高信頼性サーバ側に統合集約し、ITリソースを無駄なく効率的に利用できることで高い評価を受け、日本国内外での多数の導入実績を有しております。特にアジア地域では日系企業から、システムの完成度・信頼性、充実した現地サポート体制が高く評価され、インドネシア・シンガポール・タイ・中国・香港のグローバル日系企業10社で導入が決定しました。

<アジア地域における「VirtualPCCenter」受注企業例>

■Thai Wire & Cable Services Co.,Ltd (TWCS)(タイ)*注1

工場内のスタッフ部門にシンクライアント端末「US110」を120台導入。人事・給与データ等の情報セキュリティを強化。今後、新工場への展開も計画。

■Mitsiam Motors Co., Ltd.(タイ) *注2

セキュリティ強化、システム運用管理の効率化(TCO削減)を主目的に、オフィス業務向けにシンクライアント端末「US110」を120台導入。事務所移転に伴うシステム再設定等の工数も大幅に削減。今後150台に拡大予定。

現在、アジア地域には約1万社の日系企業が進出し、その企業数は増加傾向にあります。そのため同市場においては、事業継続基盤の構築・セキュリティ強化・TCO削減などを目的としたIT投資の増加が見込まれております。

NECはこのたびの導入実績をベースに、アジア地域において今後3年間で100人規模の販売体制を確立し、シンクライアントシステム事業を強化いたします。これにより、日系企業に加えてローカル企業に対する販売も進め、2010年までにアジア地区300社の受注を目指してまいります。

あわせて、日本・北米・欧州におけるシンクライアント事業を加速してまいります。

以上

(注1)ハヤカワ電線工業㈱の子会社

所在地:タイ チャチュンサオ  President:辻 良雄

(注2)三井物産㈱の子会社

所在地:タイ バンコク  MD:高橋 明良

 

※表記されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

NECのシンクライアントシステムに関する情報

本件に関するお客様からのお問い合せ先

NEC ITプラットフォームグローバル事業推進本部 柴田
電話:(042)333-1717
Eメール: t-shibata@db.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.