ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NTTドコモの次世代携帯電話網を収容するコアネットワーク装置ベンダーに選定

NTTドコモの次世代携帯電話網「Super3G」を収容するコアネットワーク
装置ベンダーに選定 ~ Super3Gに関するコアネットワーク、基地局、携帯端末の全てを供給 ~

2008年9月8日
日本電気株式会社

日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:矢野 薫、以下NEC)はこのたび、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山田隆持、以下NTTドコモ)が商用サービスを予定している「Super3G」を収容するコアネットワーク装置「EPC(注1)(MME(注2)/S-GW(注3)/P-GW(注4))」の開発・製造ベンダーに選定されました。
NECは既に、NTTドコモのSuper3G向け無線基地局装置および携帯電話端末についても開発・製造ベンダーに選定されており、通信インフラから端末までのトータルシステムを納入することとなります。

Super3Gは、W-CDMAの拡張技術HSDPA(注5)/HSUPA(注6)からさらに発展した標準規格です。データ通信速度は、下り100Mbps以上/上り50Mbps以上の高速通信を実現し、遅延の改善や周波数の利用効率向上などを目的としたものです。
EPCは、Super3Gの高速通信を活かして、映像アプリケーションなどを高速かつスムーズに、携帯電話端末間あるいは携帯電話端末とデータサーバ間などに転送する上で要となる装置です。

NECが、NTTドコモ向けのSuper3Gシステムにおいて、携帯電話端末から無線基地局装置、コアネットワーク装置までの全ての開発・製造ベンダーに選定されたことは、既存の3G(FOMA(R))システムでの幅広い分野の製品納入実績や豊富なノウハウが高く評価されたものと考えております。
NECは今後とも、NTTドコモの事業拡大をトータルソリューションで強力にサポートし、グローバル市場を含めた次世代モバイルインフラのさらなる発展に貢献していきます。

なお、EPCはW-CDMAの標準化団体3GPP(注7)にて検討されており、主要仕様は概ね策定されております。NECはEPCの標準化活動でも副議長をはじめ、多くのメンバが参加し中心的な役割を果たしております。

NECが提供するEPCは、移動通信事業者の要望にあわせて、LTEと既存の2G/3G携帯電話網からの音声やデータ通信のほか、CDMA2000やWLANなどの3GPP標準仕様ではないネットワークとのハンドオーバを実現することも可能です。NECは今後、同システムを国内外の様々な移動通信事業者に広く拡販してまいります。

以上

(注1) EPC (Evolved Packet Core):

Super3Gや3G、無線LAN等のアクセスネットワークを統合的に収容するコアネットワーク。

(注2) MME:Mobility Management Entity:

Super3G端末の位置登録や着信時の端末呼び出し処理、無線基地局間ハンドオーバといったモビリティ管理を行うノード。

(注3) S-GW:Serving Gateway:

3GシステムとSuper3Gシステムの音声やパケットなどのユーザデータを処理するノード。

(注4) P-GW:PDN Gateway:

EPCとIMSあるいは外部パケット網とのインタフェースを持つノード。

(注5)

High-Speed Downlink Packet Accessの略称。これは、パケット通信の高速化への要求に対応するために3GPPでW-CDMAの発展型として標準化された下りの通信速度を飛躍的に向上させる技術。方式上は、下り最大14Mbpsの高速通信が可能。

(注6)

High-Speed Uplink Packet Accessの略称。これは、パケット通信の高速化への要求に対応するために3GPPでW-CDMAの発展型として標準化された上りの通信速度を飛躍的に向上させる技術。方式上は、上り最大5.7Mbpsの高速通信が可能。

(注7) 3GPP (3rd Generation Partnership Project):

IMT-2000 W-CDMAの詳細な仕様を作成するパートナーシッププロジェクト。各国地域の標準化組織が、3GPPで作成された仕様を各国・地域共通の標準規格とする。世界の主要な移動通信関係会社を含む多くの会社や団体が加盟。

FOMAはNTTドコモの登録商標。

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.