ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 「Express5800/スケーラブルHAサーバ」を発売

最新6コアXeonプロセッサを搭載「Express5800/スケーラブルHAサーバ」を発売 ~最大16プロセッサ/96コアまでの拡張が可能~

2008年9月16日
日本電気株式会社

Express5800/A1040

「Express5800/A1040」

Express5800/A1160

「Express5800/A1160」

新製品に関する情報発信

ビジネスPC、Express5800シリーズホームページ「8番街」 新しいウィンドウを開きます。http://nec8.com/

NECは、このたび、企業向けシステムの中核サーバとして、最新の6コアプロセッサ「インテル(R) Xeon(R) プロセッサ7400 番台(注1)」を搭載した「Express5800/スケーラブルHAサーバ」を製品化し、本日より販売活動を開始いたしました。

4Uのボックス(筐体)に4プロセッサ/24コアを搭載したエントリモデル「Express5800/A1040」ならびに、最大16プロセッサ/96コアまで拡張可能なスケーラブルモデル「Express5800/A1160」の2製品を提供し、メインフレーム並みの堅牢性と大規模サーバ統合に必要な拡張性の両立を実現致します。

あわせて、本製品に対応した高可用Linuxプラットフォームとして「Linux サービスセット MC」を新規に製品化いたします。

なお、本サーバは2005年10月に発表したユニシスとのハードウェア領域における協業に基づき、共同で開発した製品であり、生産は全てNECが担当いたします。

新製品の特長は以下の通りです。
 

1.ビルディング・ブロック構造によりスケーラブルかつ堅牢なサーバ基盤を提供
1)世界最高クラスの高性能性/高拡張性を実現

  • プロセッサあたり最大6コアを提供するインテル社の最新鋭マルチコアプロッサ「インテル(R) Xeon(R) プロセッサ7400 番台」を採用。ボックス間高速インターコネクト「HSI(High Speed Interconnect)」により、4Uのボックスをシームレスに拡張し、最大16プロセッサ/96コアまで拡張可能。
  • 1ボックスあたり32のメモリスロットを装備。最大構成時には128のメモリスロットに最大1TB(注2)の大容量メモリを搭載可能。
  • 1ボックスあたり6個のホットプラグ(注3)対応可能なPCI-Express (x8) スロットを用意。最大24個の外部インタフェース接続が可能。

2)メインフレーム並みの高信頼性、高可用性を実現

  • メモリ、HDD、電源などの主要コンポーネントの二重化/冗長化により高信頼性を実現。高速インタフェースの多ビットエラー検出・再送機能(注4)などにより、システムダウンおよびシステム障害波及を極少化し、メインフレーム並みの高信頼性を実現する。
  • EXPRESSSCOPE(R)エンジンSP(注5)により、高度な耐障害機能・リモートモニタリング機能を提供。
  • ラックから引き出さず、装置の前面・背面から工具なしで部品の交換が可能。また、メモリ、HDD、電源、I/Oカードなどの縮退(注6)運転時には、オンラインでの保守交換も可能である。このような保守容易性を配慮した設計により、保守作業時間および保守作業時のシステム停止時間を最小化している。

2. 大規模基幹業務やサーバ統合システムに最適なソフトウェアのサポート
1)大容量かつ高速な処理が必要な大規模基幹業務システムへの対応

  • Windows Server(R) 2008/Windows Server 2003(注7)をサポートし、SAPソリューション(注8)などのWindows(R)ベースの大規模ERPシステムに最適な基盤を提供。Oracle(注9)、SQL Server(R) (注7)などの大規模なデータベースや高速処理を必要とするシステムに最適な基盤を提供する。

2)スケーラブルな仮想化基盤への対応

  • 仮想化基盤は、「VMware ESX 3.5(注10)」、Windows Server 2008に搭載されている「Hyper-V(TM)」(注7)、「Citrix XenServer(TM)」(注11)に対応する。
  • 「Express5800/A1160」が提供するボックス単位のパーティション分割機能により、複数パーティションで仮想化基盤の分割利用が可能。
  • 統合プラットフォーム管理ソフトウェア「SigmaSystemCenter」の利用により、自動的にマイグレーションやプロビジョニングが行われ、柔軟な運用管理を実現する。

3.高可用Linuxプラットフォームの提供

  • 新製品に対応した高可用Linux(注12)プラットフォームとして「Linuxサービスセット MC」を新規に製品化。本製品は、新規開発の基盤ミドルウエア群とRed Hat Enterprise Linux(注13)を含み、プラットフォームの可用性、運用性を向上する。これにより、障害原因究明の格段の向上と障害解決策の迅速な提示を実現し、従来、テレコム、金融、官公庁等、UNIX(注14)システムやメインフレームで構築されていたミッションクリティカルシステムをLinuxプラットフォームで代替する最適なサーバ環境を提供する。

新製品の希望小売価格および出荷開始時期は次の通りです。

製品名 希望小売価格
(税別)
出荷開始
時期
備考
Express5800/
A1160
427万6千円から 2008年11月28日 Xeonプロセッサ X7460(2.66GHz)または
Xeonプロセッサ E7440(2.40GHz)×16(最大)、
メモリスロット x 128(最大)、
拡張スロット x 24(最大)、
HDD スロット x 24(最大)
Express5800/
A1040
407万6千円から 2008年11月28日 Xeonプロセッサ X7460(2.66 GHz)または
Xeonプロセッサ E7440(2.40 GHz)×4(最大)、
メモリスロット x 32、
拡張スロット x 6、
HDD スロット x 6

なお、新製品は、北米および欧州、アジア地域においては2008年末より順次出荷開始を予定しています。

NECは、今後も柔軟・安心・快適を実現するITプラットフォームビジョン「REAL IT PLATFORM」に基づき、継続して製品およびサービスの強化を行っていく予定です。

今回の新製品の発表にあたり協業ベンダ各社からの賛同文は別紙をご覧下さい。

以上

(注1)

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Core、Core Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporationの商標。

(注2)

8GB DIMMを搭載した場合。8GB DIMMは、2009年度1H製品化予定。

(注3)

コンピュータの電源を入れたまま、パーツやケーブルを装着すること。

(注4)

データパスのECC保護(2ビットエラー検出、1ビットエラー訂正)、メモリRAS機能(メモリミラーリング、スクラビング、チップキル)の装備など。

(注5)

サーバに搭載されたハードウェアの障害監視、構成変更などを行う専用プロセッサ

(注6)

障害発生時にシステム全体を停止させずに必要最小限の機能だけを動かすこと

(注7)

Microsoft、Windows、Windows Server、SQL Server、Hyper-Vは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標。

(注8)

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はSAP AGのドイツおよびその他世界各国における登録商標または商標。

(注9)

Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標。

(注10)

VMwareは米国およびその他の地域におけるVMware, Inc.の登録商標または商標。

(注11)

Citrix、Citrix XenServerは、Citrix Systems, Inc.の登録商標または商標。

(注12)

Linuxは、Linus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標。

(注13)

Red Hatは米国およびその他の国におけるRed Hat, Incの登録商標または商標。

(注14)

UNIXはThe Open Groupの米国およびその他の国における登録商標。

新製品に関する情報発信

ビジネスPC、Express5800シリーズホームページ「8番街」
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://nec8.com/

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC ITプラットフォーム販売推進本部
プラットフォームコンタクトセンター
電話: (03)3798-9771
(受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00 月曜日~金曜日(祝日を除く))
Eメール: contact@pfcc.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.