ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NECとユニシス、共同開発によるハイエンド・サーバを製品化

NECとユニシス、共同開発によるハイエンド・サーバを製品化

2008年9月16日
日本電気株式会社
ユニシス社

NEC(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:矢野薫)と米国ユニシス社(本社:米国ペンシルバニア州、社長兼CEO:ジョセフ・マグラス、以下 ユニシス)は、このたび、共同開発によるハイエンド・サーバを製品化し、販売活動を開始いたします。

新製品は、2005年10月に発表した両社のグローバル協業の成果の第一弾として、製品化したものです。インテル社の最新の6コアプロセッサ「インテル(R) Xeon(R) プロセッサー」を搭載し、最大16プロセッサー/96コアまでのスケーラブルな拡張性を有するとともに、メインフレーム並みの高い信頼性を有しております。

両社は、各々、新製品をラインナップに加え、企業向けサーバの強化を図るとともに、両社の共通プラットフォームとして適用を進め、R&Dコストの効率化を図ります。生産は、全てNECが担当し、両社はともに自社ブランドでグローバルに拡販をいたします。

新製品は、仮想化技術を活用した大規模なサーバ統合やWindowsおよびLinuxベースの基幹業務システムに最適であり、両社はデータセンターや大企業の基幹システムなどを主なターゲットとして拡販を進めてまいります。

NECとユニシスは、今後も引き続き、協業を進め、両社の事業成長をグローバルに加速させるとともに、企業価値の向上を目指してまいります。

以上

本文に記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.