ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 世界初のIMS方式によるフェムトセルシステムをソフトバンクモバイルから受注

世界初のIMS方式によるフェムトセルシステムをソフトバンクモバイルから受注 ~平成21年1月の商用化に向けて~

2008年9月22日
日本電気株式会社

NECはこのたび、ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)から、世界初となるIMS(IP Multimedia Subsystem)(*)方式のフェムトセルシステムを受注しました。IMS方式のフェムトセルシステムは、IMS Core、Femto GW、Femto AP(*)から構成されます。ソフトバンクモバイルでは、今年の6月に商用のIMS方式フェムトシステム構築を完了し、トライアルを開始しましたが、来年1月からIMS方式のフェムトセルサービスの本格展開を開始する予定です。

フェムトセルは、家庭に設置する超小型の無線基地局であり、携帯電話の電波を、屋内に引き込まれているブロードバンド回線を利用して送受信できます。電波が届きにくい室内でも携帯電話が利用でき、また高速広帯域通信を一家庭で占有できることから、携帯電話向けの新たなデータサービスが見込まれます。

このたびNECが受注したIMS方式のフェムトセルシステムは、フェムトセルからの通信をSIPサーバで構成されるIMSで独立して制御するため、既存携帯電話網に負荷がかからず携帯電話網全体の負荷分散になります。このため、フェムトセルが普及してもトラフィックの増加による輻輳等を防ぐことができます。またIMS方式は、基幹ネットワークのIP化にも対応するため、ブロードバンド/固定網/携帯電話網に共通なネットワーク(ALL IPネットワーク)の構築が可能となります。さらに、SDP(サービス提供基盤:Service Delivery Platform)との親和性が高く、将来、フェムトセルとホームサーバとの連携による新規ビジネスの展開なども期待されます。なお、NECのIMS方式フェムトセルシステムは、ユビキシス社のZonegateアクセスポイントを使用します。

NECはフェムトセルにいち早く着手し、ヨーロッパを中心に各社トライアルに機器やシステムを提供しております。また、昨年7月に設立されたフェムトフォーラム(Femto forum, URL: www.femtoforum.org)のボードメンバーとして活動しております。NECは、これまで他社に先駆け培ったIMS技術及びSIP技術をベースに、フェムトセルベンダと協調しながらNECがリーダーシップを発揮し、フェムトセルの発展に努めていきます。

以上

注:IMS (IP Multimedia Sub System)

固定電話網や携帯電話網の間で、これまで回路スイッチやパケットスイッチベースというように異なっていた公衆通信サービスを、IP技術やインターネット電話で使われるプロトコルであるSIP(Session Initiation Protocol)で統合し、マルチメディアサービスを実現させる通信方式。
 

注:Femto GW (Femto Gateway)、Femto AP (Femto Access Point)

Femto GWは通信事業者側に設置され、セキュリティーゲートウェイ及び認証機能を持つ装置。Femto APは宅内に設置され、携帯電話の電波を屋内に引き込まれているブロードバンド回線を利用して送受信できる装置。

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.