ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > システムの使い易さの客観的な定量評価手法を構築

システムの使い易さの客観的な定量評価手法を構築 ~自社のシステム運用管理製品開発に適用予定~

2008年11月6日
日本電気株式会社

NECはこのたび、システムの使い易さ(ユーザビリティ)を客観的かつ定量的に評価できるチェックリスト評価法を構築しました。また、本手法を実際の製品に適用し、有効性を実証しました。

本評価法は、京都産業大学と連携して構築したもので、ユーザビリティの項目ごとに評価手順や判定基準を詳細化したチェックリストと、用語定義集および事例集から構成されています。更に、項目ごとに「学習し易さ」、「エラーの少なさ」、「記憶し易さ」、「効率性」の4つの観点によるウェイトを設定しています。これにより、評価者の知見や裁量によることなく、システムのユーザビリティを評価することができます。

本手法を用いることにより、従来、評価者によって結果のばらつきがあったユーザビリティ評価結果の客観性を高めることができます。京都産業大学で評価実証を行ったところ、ユーザビリティの初心者が用いた場合でも、概ね7割以上が熟練者による評価結果と一致し、さらに3名以上の複数で使用・協議することにより9割が一致するという見通しを得ることができました。
また、本チェックリストを、当社製品を含むシステム運用管理製品の評価に適用した結果、「学習し易さ」、「エラーの少なさ」、「記憶し易さ」、「効率性」の4つの観点における各製品の特徴を確認できました。

近年、ITシステムの普及に伴い、システムベンダーは他社製品との差異化を図るため、ユーザビリティの向上に力を注ぎ始めています。しかし、ユーザビリティの専門家は未だ少数で、しかも開発部門に所属することは稀であるため、専門家でなくともユーザビリティを客観的に評価し、製品開発に反映していく手法へのニーズが高まっていました。
ユーザビリティに関する取り組みは従来から行われており、チェックリスト評価法は代表的な評価手法の1つです。しかし、この手法は、開発の上流段階での適用に向くという利点がありますが、評価結果が評価者のスキルや経験、主観などに依存するため、一意で再現性のある評価結果を得ることが困難でした。

現在、NECでは、中央研究所内にあるヒューマンインタフェースセンターが、個々のプロジェクトに対してユーザビリティに関するコンサルテーションを実施し、領域ごとにUI設計ガイドラインやUI部品を構築することで、ユーザビリティ向上と開発効率化を進めています。
NECは今後、この定量評価手法を社内で広く展開し、自社製品のユーザビリティ向上を図るとともに、社外にもチェックリストを公開することで本手法の客観性をより一層向上していきます。

なお、NECはこのたびの成果を、11月7日に立命館大学情報理工学部(滋賀県・草津市)で開催される「第51回ヒューマンインターフェース学会研究会」で発表するとともに、本手法を、大規模システムの監視・制御等を行う当社の統合運用管理ソフトウェア「WebSAM」()の次期製品開発に活用し、複雑化するITシステムをよりシンプルな運用管理で支援することを目標とした製品化を目指していきます。

以上

(注)統合運用管理ソフトウェア「WebSAM」:

複雑化するITシステムをよりシンプルに運用可能にすることで管理の効率化とサービスレベル向上を実現するNEC製ソフトウェア。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 研究企画部 広報グループ

※本定量評価手法を希望される方は、こちらの問い合わせフォームよりご請求ください。その際、問い合わせ欄に「ユーザビリティ定量評価チェックリストの送信希望」とご記入ください。
(2011年3月受付終了)
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/contact/

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.