ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 次世代スーパーコンピューティングの共同研究について

NECとシュツットガルトハイパフォーマンス計算センターが
ハイブリッドスーパーコンピューティングに関する共同研究の推進で合意

2008年11月10日
日本電気株式会社
シュツットガルトハイパフォーマンス計算センター

NECとシュツットガルトハイパフォーマンス計算センター(所在地:ドイツ バーデン=ヴュルテンベルク州、以下 HLRS)は、このたび、次世代スーパーコンピューティング環境の実現に向け、検証用のハイブリッドコンピューティングシステムを構築し、同システム上で稼動するアプリケーションの性能を高める研究を共同で推進することで合意いたしました。

共同研究の第一歩として、HLRSは、NECのベクトルスーパーコンピュータ「SX-9」およびPCクラスタシステムを導入し、NECは、両システム間の高速インタコネクトを提供するとともに、並列処理を行うためのMPI(注1)やシステム運用のためのスケジューラ(注2)、およびアプリケーション性能を最大限に引き出すためのソフトウェアツールを提供し、ハイブリッドスーパーコンピューティングシステムを構築します。

HLRSはシュツットガルト大学に併設された国立計算センターです。同センターはドイツ教育省が高性能コンピューティング基盤の整備を目的に立ち上げたプロジェクト「D.GRID」と、EUがヨーロッパにおける高性能コンピュータシステムの構築を目的に立ち上げたプロジェクト「PRACE」の両プロジェクトから支援を受けております。

HLRSは、両者で構築したハイブリッドスーパーコンピュータシステムを活用し、将来的に航空シミュレーション、流体と構造の連成シミュレーション、流体粒子シミュレーションなど各種シミュレーションを行う予定です。

HLRSのマイケル・レッシュ教授は「ハイブリッドスーパーコンピューティング環境の実現により、構造解析と流体解析のような物理的に異なる問題や、小規模計算と大規模計算のようなマルチスケールな問題を、同一システム上で解析することが可能になります。これらは、本分野におけるブレークスルーに大きく貢献することになるでしょう。」と述べています。
NEC HPC販売推進本部長の久光文彦は「当社にとって、ハイブリッドスーパーコンピューティングは次世代のHPCソリューションを考える上で重要な課題です。NECは、今回の研究成果を、ハイブリッドソリューションとして私たちのお客様に提供していきたいと考えています。」と述べています。

なお、NECとHLRSは、このたびの合意について、テキサス州オースチンで開催される「Supercomputing 08」のNEC HPC テクニカルワークショップ(11月19日(水)午後開催)で説明をいたします。

以上

(注1)

計算サーバ間での並列処理を行うプロセス間通信を行うためのライブラリ

(注2)

各ノードの負荷状況、リソース使用量(CPUメモリ等)を監視し、ユーザが投入したジョブを最適なノードに割り当てて実行すること。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC HPC販売推進本部
電話:(042)333-6391
Eメール: info@hpc.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.