ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NECとアビームがマルチャンの新基幹システムを構築

NECとアビーム コンサルティングが
即席麺で北米トップシェアのマルチャン・インクの新基幹システムを構築

2008年12月17日
日本電気株式会社
アビーム コンサルティング株式会社

日本電気株式会社(注1、以下 NEC)ならびにアビーム コンサルティング株式会社(注2、以下 アビーム コンサルティング)は、即席麺で米国およびメキシコでトップシェア(注3)のMaruchan, Inc.(注4、以下 マルチャン・インク)の基幹システムを新たに構築しました。本システムは10月より本格稼動を開始しています。
新システムは、SAP製基幹業務ソフトウェア「SAP ERP(R)」を基盤としたものであり、購買から生産、販売までをトータルに管理し、財務・管理会計とも連動したマルチャン・インクの経営基盤を支えるシステムです。

米国内の大手小売業との取引におけるプロモーション費用の管理は、多くの企業にとって懸案事項となっています。新システムの導入により、マルチャン・インクでは、情報精度の向上を図り、実績データを迅速に収集して取引先とのきめ細かい情報管理を行うことで、小売業者まで含めたプロモーション費用の「見える化」が実現されます。これにより、適切な損益管理と費用対効果の実績を加味した、機動的な販売戦略の立案と実行が可能になります。

マルチャン・インクは、総合食品メーカー大手の東洋水産株式会社(注5)の北米地域における製造・販売拠点であり、米国における即席麺市場において63%のトップシェアを、またメキシコにおいて83%のトップシェア(注6)を獲得しております。
今回のマルチャン・インクの新基幹システムの構築は、北米市場における更なるシェア拡大に向けた販売戦略の強化、内部統制強化、大手取引先とのデータ連携の実現を狙いとしたものです。

新基幹システムの主な特長は、以下の通りです。

  1. タイムリーな実績情報の把握により、より高精度な需給予測を実現
    新基幹システムの構築により、購買・生産・在庫管理・販売・会計など、従来 部門ごとに導入していたシステムが、「SAP ERP(R)」をベースに全部門で統一されるとともに、日次で更新されていた実績データのリアルタイムでの参照が可能となる。
    これにより、生産から販売までリアルタイムで製品情報が管理され、また、会計情報とも連動することで、実績に即した高精度な需給予測・販売計画立案が可能となる。
     
  2. プロモーション費用の「見える化」により、より効果的な販促施策を実現
    食品・日用品業界では、川上であるメーカーにおいて販売店舗で行われるイベントなどのプロモーション費用の把握が困難なことが課題であった。新システムでは、Synectics Group, Inc.(注7)が提供するプロモーションサービス(注8)を利用し、小売業や卸などのブローカーとプロモーションシステムを共有化することによりプロモーション費用の入力とマルチャン・インクへの報告が可能となる。
    これにより、プロモーション費用が「見える化」され、取引先別・商品別での損益を正確に把握することが可能となるほか、費用管理、予実管理の更なる徹底により、効果的な販促施策の立案が可能となる。
     
  3. 事業環境の変化にも柔軟に対応可能なシステム基盤を実現
    受注管理や出荷案内、物流情報管理にEDI(注9)を活用し、取引顧客数・取引量の拡大など今後の事業環境の変化にも柔軟に対応可能なシステム基盤となっている。
    また、取引先からのシステム対応要求によるRFIDの導入などにも対応可能であり、拡張性の高いシステムとなっている。

本プロジェクトは、購買、生産、販売、財務・会計などバリューチェーンの基幹機能を対象としたシステムの導入です。米国西海岸という地理的条件のため、日本・米国・上海開発センターのグローバルリソースを活用した多様な言語・文化の体制下、互いの得意領域を活かしてシステム構築が進められました。NECならびにアビーム コンサルティングは、このたびの実績を踏まえ、今後もそれぞれの強みを活かし、顧客への共同提案・販売活動を推進してまいります。

以上

(注1)

本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:矢野 薫

(注2)

本社:東京都千代田区、代表取締役社長 西岡 一正

(注3)

出典:日経ビジネス 2008年3月31日号

(注4)

所在地:米国カリフォルニア州、代表取締役社長:深川 清司

(注5)

本社:東京都港区、代表取締役社長:堤 殷

(注6)

出典:Maruchan,Inc.調べ  2008年数量シェア

(注7)

本社:アメリカ ペンシルバニア州

(注8)

「Account Review」

(注9)

EDI:Electronic Data Interchange
商取引に関する情報を標準的な書式に統一して、企業間で電子的に交換する仕組み。

SAP、SAPロゴ、NetWeaver、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はSAP AGのドイツおよびその他世界各国における登録商標または商標です。

本文に記載されている会社名、製品名は各社の商号または登録商標です。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC プロセス・CPGソリューション事業部 第三営業部
電話: (03)3798-6265
Eメール: NEC_FOOD@ml.mpd.nec.co.jp

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.