ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 住友信託銀行で「営業店統合フロントシステム」を構築

コンサルティングセールスを強化する「営業店統合フロントシステム」を住友信託銀行で構築 ~住友信託銀行の一層の提案力強化・事務効率向上に寄与~

2009年1月23日
日本電気株式会社

NECは、住友信託銀行株式会社(取締役社長 常陰 均、以下 住友信託銀行)に対して、同社の国内63ケ所(注1)の営業店におけるコンサルティングセールスの強化を目的に、顧客情報を一元的に把握し最適な提案を実現する「営業店統合フロントシステム i-Ships」(以下i-Ships)を構築し、本年1月より当システムの稼動を開始しました。
「i-Ships」は、営業店が利用する複数のシステム機能を集約・高度化し、"セールス""事務"の分断やストレスを解消するとともに、"コンサルティングセールスに専念できる営業店への変革""お客様にとって最適なコンサルティング推進"のための機能を実現するものであります。

「i-Ships」は、顧客データベース・勘定系システム・投資信託などの既存業務システムの統合利用(注2)を可能とし、顧客属性(生年月日・職業・家族構成 等)・預金・運用・ローン残高など顧客に関わる全ての情報を「i-Ships」の1画面上で確認しながら、顧客の資産状況に応じた最適なサービス提案が可能となります。また、SOA(サービス指向アーキテクチャー)を取り入れたリアルタイムの情報統合と、最新のリッチクライアント技術(注3)を用いることで優れた操作性を実現しております。
あわせて、高い拡張性・柔軟性を実現するために、Linuxやブレードサーバをベースにしたシステム基盤を構築し、「i-Ships」をはじめ様々な業務アプリケーションを迅速に追加・連携可能にしております。また、災害など有事の対策としてバックアップサイトも構築しています。

本システムの導入は同社の(1)"セールス"と"事務"の分断や業務フロー・システム上のストレスを解消(15%以上の業務効率向上)し、営業に専念できる時間の増大によるコンサルティングセールスの強化、(2)将来の新サービス投入や他業務との連携など環境変化に柔軟に対応するシステム基盤の整備、(3)営業店システムの事業継続基盤(バックアップサイト)の構築によるリスクマネジメントの強化、をサポートします。

「i-Ships」の特長は以下の通りです。

1.最新技術による高い操作性で、営業担当の事務効率向上とコンサルティングセールスを強化

「i-Ships」では、アドビ システムズ社のAdobe(R) FlexやAdobe(R) AIR(R) (Adobe Integrated Runtime、注4)などを用いて画面を開発することで、キー操作による高い操作性と高速なレスポンスを実現。勘定系端末に接続されている専用周辺機器との連携も実現しており、今後の連携拡大も容易に実現可能となっている。尚、本システムは、同社の国内63ケ所の営業拠点における約4,000台規模の端末で利用されている。

2.Linuxとブレードサーバによるシステム基盤で、今後の事業拡大や業務連携に柔軟に対応

「i-Ships」を稼動するシステム基盤は、OSがLinux、NEC製ブレードサーバ「SIGMABLADE」約40台、NEC製ストレージ「iStorage」3台を中核にし、商品/サービスの増加や処理量の増大など今後の事業環境変化に柔軟に対応できる。また、システム運用のしやすさから、新たな業務アプリケーションシステムの稼動にも柔軟に対応することが可能となる。
尚、今回新たに災害対策(BC/DR)環境を構築し、本番環境と災害対策環境のデータ転送にストレージ機能(セミ同期順序保障モード)を採用することで、RPO(Recovery Point Objective、注5)とRTO(Recovery Time Objective、注6)の短縮を実現した。

NECにとって今回の構築は、これまで培ってきたオープンミッションクリティカルシステムや基幹業務向けLinuxソリューション・ブレードサーバ等の実績をベースとしたシステム基盤構築力を評価頂いたものと考えております。NECは本実績をもとに、顧客の経営革新に貢献するシステム構築・サービス事業への取組みを加速してまいります。

以上

(注1)

2009年1月現在の店舗数

(注2)

一次リリースでは主に勘定系システム連携を実現

(注3)

機能や操作性に優れたユーザインターフェイスを持つクライアントアプリケーションを実現する技術

(注4)

Adobe FlexおよびAdobe AIRは米国アドビ システムズ社のWebアプリケーション開発/実行環境

(注5)

バックアップ・データを取得するタイミングまたは頻度のこと

(注6)

災害や障害による業務/情報システムの停止から、定められたレベルにサービスが復旧するまでに必要となる経過時間

*

Adobe、Adobe FlexならびにAdobe AIRは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。

*

本文に記載されている会社名、製品名は各社の商号または登録商標です。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 金融サービスソリューション事業部
TEL:(03)5746-3952
Eメール: webstaff@fsp.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.