ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 農林つくばにベクトル型スーパーコンピュータ「SX-9」を納入

農林水産省の研究機関にベクトル型スーパーコンピュータ「SX-9」を納入

2009年3月19日
日本電気株式会社

農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波事務所について

~農林水産研究情報総合案内~
新しいウィンドウを開きます。http://www.affrc.go.jp/

NECは、このたび農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波事務所(所在地:茨城県つくば市、所長:千葉 善行、以下 農水筑波事務所)にベクトル型スーパーコンピュータ「SX-9」を中核とする高速メモリアクセス演算システムを納入いたしました。当システムは、本年3月より稼動を開始しております。

新システムはNEC製ベクトル型スーパーコンピュータ「SX-9」(8CPU)を使用し、819.2ギガフロップス(ギガフロップス:1秒間に10億回の浮動小数点演算能力)の性能を有し、日本周辺海域の海流予測シミュレーションや計算化学に利用される予定です。

農水筑波事務所では、農林水産試験研究に必要となる各種情報を国内外から収集し、インターネットを通じて研究機関や行政機関に提供するなど、我が国の農林水産試験研究を全面的にサポートしています。また、研究成果の共有化や産学官による共同研究を推進するなど、日本の農林水産試験研究において重要な役割を担っております。

海流予測シミュレーションは、黒潮や親潮など日本周辺海域の海流予測を行うものであり、魚の来遊量や良好な漁場を予測した漁海況予報や、クラゲなどの有害生物の出現予測に利用されます。また、シミュレーションにより過去の海洋環境の再現も可能であり、海水温や海流が海洋生物資源の変動に及ぼす影響とそのメカニズムの解明にも貢献するものです。

農水筑波事務所では、従来から、「SX-9」の前機種である「SX-8」を利用して、海流予測のシミュレーションを行っておりました。このたびの「SX-9」の導入により、ハードウェア性能は「SX-8」の6倍以上に改善され、解析精度の向上や解析範囲の拡大が期待されています。

NECは、今後も、ベクトル型スーパーコンピュータの開発を推進するとともに、スカラ型スーパーコンピュータやPCクラスタシステムと融合した次世代のスーパーコンピューティングシステムの提案を進めてまいります。

以上

農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波事務所について

~農林水産研究情報総合案内~
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.affrc.go.jp/

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC HPC販売推進本部
電話:042-333-6391
Eメール: info@hpc.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.