ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 日本オラクル、ビジネス・インテリジェンス領域で協業

NECと日本オラクル、ビジネス・インテリジェンス(BI)領域で協業 ~BI有効活用支援サービスの提供を開始~

2009年4月13日
日本電気株式会社
日本オラクル株式会社

日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:矢野 薫、以下NEC)と日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長 最高経営責任者:遠藤 隆雄、以下日本オラクル)はこのたび、ビジネス・インテリジェンス(BI)領域での協業に合意いたしました。

BIとは、企業の業務システムで蓄積されている各種データを、分析・加工して、意思決定に活用するもので、BI用ツールやデータウェアハウス(DWH、注1)などにより、実現されます。
このたびの協業に基づき、NECから新たに「BI有効活用支援サービス」を提供いたします。これは、NECの情報管理ソフトウェアInfoFrame(注2)のひとつである「Oracle Business Intelligence(以下、Oracle BI)」の効果的な導入と活用を図るため、日本オラクルの"BIエクスプレスサービス"をもとに、NECの「ハードウェア(HW)サイジングサービス(仕様決定支援)」「SIサービス」を加えたものです。「BI有効活用支援サービス」は、BI分野に関する両社のノウハウを組み合わせ、コンサルティング業務から、システム構築まで支援するサービスとして、お客様に最適なシステムを提供いたします。

また、BIで活用するデータのもととなるDWH向けに、検証済みのハードウェア・ソフトウェアを組み合わせて提供する「Oracle Optimized Warehouse Initiative(オラクル・オプティマイズド・ウェアハウス・イニシアチブ、OWI、注3)」に、新たにNECは参画いたします。NECでは、安心かつ迅速に導入頂ける安価なシステム構成を用意し、BI/DWHの導入を促進いたします。

両社は、まず製薬業向けにサービス提供を開始し、順次、他業種へと拡大していく予定です。これによりNECでは、各業種向けに今後3年間で100システムの販売を見込んでおります。

このたびの協業の概要は以下の通りであります。

1.BI領域でのサービス提供

「BI有効活用支援サービス」はOracle BI導入に関心があるお客様に対して、無料で導入コンサルティングを実施するサービスである。このサービスは、日本オラクルの"BIエクスプレスサービス"をもとに「BIグランドデザイン設計支援」、「BI教育」を提供、更に「HWサイジングサービス」「SIサービス(有償)」を加え、NECとして付加価値の高いサービスを提供する。(注4)
「BI有効活用支援サービス」で提供する「HWサイジングサービス」は、客先の利用頻度から、無料でBIサーバの仕様決定を支援するものであり、また、「SIサービス」は、案件が具体化し、本格的な導入が決定した場合に、SIを実施する有償サービスである。業種、業務ごとのノウハウ・各種テンプレートを提供するとともに、導入コンサルティングの内容に沿って迅速なシステム構築を行う。

2.NECがOWIに参画

オラクルが進めるOWIは、DWH向けに、ソフトウェア、サーバ、ストレージ、ネットワークの最適適構成を作成するプログラムである。オラクルが定義するI/Oテストや障害テストなどの要件をみたした構成は、「検証済みのHW/SWリファレンス」として公開推奨され、データ容量・トランザクション量・利用者数などのDWH要件に応じて最適な構成が簡単に選択できるようになる。
NECは、サーバ「Express5800シリーズ」、ストレージ「iStorageシリーズ」、FCスイッチ、データベース、OSの組み合わせでリファレンスを獲得し、最小構成の場合、希望小売価格(税別)20,487,200円~で、提供を行う。
なお、「HWサイジングサービス」は、OWI検証結果に基づき提供する。

以上

(注1) データウェアハウス

時系列に蓄積された大量の業務データの中から、データなどを抽出/再構成し、情報分析や意思決定を行うためのデータベース、あるいは、これを活用したシステムのこと。

(注2) InfoFrameについて

大量データのバッチ処理を高速化するInfoFrame DataBooster、ノンプログラミングで異種DB間のデータ連携を可能にするInfoFrame DataCoordinator、文書や画像などのコンテンツの統合的な管理を実現するInfoFrame Documentum(R)など、企業内の各システムに散在する情報を統合し、より効果的に活用する情報管理ソフトウェア製品群です。

(注3) Oracle Optimized Warehouse Initiative

Oracle Optimized Warehouseは、オラクルのハードウェア・パートナーから提供される、データウェアハウス・ソリューションです。このソリューションは、ハードウェアとソフトウェアがすべてプリインストールされ、すぐにデータウェアハウスを実行できるよう最適化されています。Oracle Optimized Warehouse Initiativeにより、顧客は最も使用されているデータベースとハードウェアを組み合わせた複数の構成から最適なソリューションを選択できます。

(注4)

BIグランドデザイン設計支援
全体的な業務イメージにおけるグランドデザインを設計し、BIを有効に活用するための問題点や課題を整理し、データ活用実現のための方策を提示する。それぞれのステップに必要な評価項目やKPI(評価指標)の設定も行う。
BI教育
セミナー、勉強会をとおしてBIの使い方を習得していただくとともに、データ活用とは何か、どのような考え方を持って取り組んでいくかを学ぶ。

*

Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における商標または登録商標です。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 第一システムソフトウェア事業部
電話:03-3456-3248
Eメール: info@mid.jp.nec.com

日本オラクル株式会社 Oracle Direct
電話:0120-155-096
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.oracle.com/lang/jp/direct/index.html

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.