ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > ブルーレイ/フルHD液晶搭載モデルを拡大した個人向けPCを発売 > 別紙

ブルーレイで美しい映像を観る、録る、残す。
ブルーレイ/フルHD液晶搭載モデルを大幅に拡大した個人向けPCを発売

2009年4月14日
日本電気株式会社
NECパーソナルプロダクツ株式会社

【別紙1】新商品の詳細

1.スタイリッシュノートPC「LaVie L」(12モデル)


(1)LL750/TG(4モデル)、LL700/TG(4モデル)

  • LL750/TGでは、16型ワイドフルHD液晶(1920×1080ドット)を新たに採用したことにより、美しく高精細な映像表示を実現。同液晶の画面縦横比は16:9であり、ビスタサイズの映画なども上下に黒帯があらわれることなくフル画面(注1)で表示することが可能。また、従来モデル(注2)の1280×800ドット液晶と比較して表示情報量が約2倍になったことで、表計算ソフトのセル表示数や一覧表示できる写真のサムネイル数も増え、見やすさが向上するなど、高解像度ならではの使いやすさを提供。
    文字や画像の大きさをワンタッチで拡大・縮小できる「ズームボタン」や、マウスポインタの大きさを手軽に変更できる「パソらく設定」など、ユーザの好みに合わせて表示を調整できる機能も搭載(注3)
    LL700/TGでは16型ワイド液晶(1366×768ドット:画面縦横比16:9)を採用。
  • 全8モデルに書込み可能なブルーレイディスクドライブを搭載。記録容量が最大50GBのブルーレイディスク(片面2層)であれば、デジタルビデオカメラから取り込んだフルハイビジョン映像を約6時間分(注4)、デジタルカメラの画像を約5000枚分(注5)ディスク1枚に保存可能。標準装備のHDMI出力端子により、フルHD対応のTVと接続して、市販のブルーレイディスクソフトやPCに取り込んだフルハイビジョンのデジタルビデオカメラ映像を視聴することが可能(注6)
  • AVCHD形式のフルハイビジョン映像の編集機能を搭載。幅広い機種のデジタルビデオカメラからの映像取り込みに対応するため、IEEE1394端子も装備。
  • スライドパッド「NXパッド」にテンキーを表示して数字入力ができる「光るテンキーパッド」機能を新たに搭載。記号や読み方がわからない漢字などをNXパッド上に指で描くだけで自動的に候補の文字を画面表示する「手書きでお助けパッド」機能(注7)と合わせ入力機能を強化。
  • 携帯電話との連携を強化し、画像やテキストデータをFeliCaポート(Version2.0)から携帯電話へ送信できる「かざして転送」機能を新たに装備。メールソフトやメモリーカードを介さなくても、訪問先の地図や住所などを携帯電話のメモ帳やアドレス帳に手軽に転送することが可能。
  • 外付けHDDとの間でUSB2.0よりも高速にデータを転送できるeSATA端子を新たに搭載。PCの電源がOFF時でも、USBコネクタから携帯電話や携帯音楽プレーヤなどへ充電することができる「パワーオフUSB充電」機能(注8)も搭載。
  • 見やすさにこだわった新キーボードを採用。従来モデルよりキートップの面積を約9%大きくし、キーボードの文字サイズ(高さ)を4.5mmから5.0mmへ変更したことで、キーボード文字の視認性を向上。
  • 高性能CPU「インテル(R) Core(TM)2 Duo プロセッサー」と高速なDDR3(PC3-8500)対応メモリ(LL750/TG:4GB[注9]、LL700/TG:2GB)を搭載。
  • ガラスフレーク(R)による煌びやかな4つのカラーバリエーションを用意。

(2)LL550/TG(4モデル)

  • 15.4型ワイド「スーパーシャインビューEX液晶」を採用。周囲の明るさを感知して液晶画面の明るさを調整する自動輝度センサを搭載して見やすさにも配慮。
  • 高性能CPU「インテル(R) Core(TM)2 Duo プロセッサー」やDDR3(PC3-8500)対応2GBメモリを搭載。約320GB HDDの搭載により、デジタルカメラの写真を約25000枚保存(注5)することが可能。
  • HDMI出力端子を装備し、フルHD対応のTVと接続してPCに保存している映像や画像の視聴が可能(注6)
  • 使いやすさにこだわった各種機能を装備。テンキー入力機能を付加した「光るテンキーパッド機能」や、「手書きでお助けパッド機能」を搭載。周辺機器の接続にも配慮し、USBコネクタを左右側面・背面に装備。左側面のUSBコネクタは、PCの電源がOFF時でも携帯電話や携帯音楽プレーヤなどへ充電することができる「パワーオフUSB充電」機能(注8)を搭載。

2.省スペース一体型PC「VALUESTAR N」(12モデル)

フォトスタンドのようなシンプルなフォルムの外観デザインに、TV機能/液晶ディスプレイ/光ディスクドライブの違いなどにより、VN790/TG、VN770/TG、VN570/TG、VN550/TGの4機種を用意。
さらに機種毎にピュアホワイトおよびファインブラックと、新たに採用したクランベリーレッドの3つのカラーバリエーションを用意。
大画面液晶を採用しながらも設置時の奥行き約19cmの省スペース性を実現した一体型PC。

(1)VN790/TG(3モデル)、VN770/TG(3モデル)

  • 21.5型ワイドフルHD液晶を新規採用
    フルハイビジョン映像をそのまま表示可能な解像度1920×1080ドットのフルHD液晶により、美しく高精細な映像表示を実現。また、従来モデル(注10)の1440×900ドット液晶と比較して表示情報量が約1.6倍になり、表計算ソフトのセル表示数や表示できる写真のサムネイル数が増え、見やすさが向上するなど、高解像度ならではの美しさと使いやすさを実現。
  • デジタル放送対応TVチューナ搭載
    VN790/TGでは、地上/BS/110度CSデジタルTVチューナを2基搭載し、「ダブル録画(注11)」やTVを視聴しながらの裏番組録画に対応。
    VN770/TGでは、地上デジタル放送対応のTVチューナを搭載。
    デジタル放送をリアルタイムに「MPEG-4 AVC/H.264」規格で圧縮する専用LSIの搭載により、BS/110度CS放送では、フルハイビジョン解像度のままリアルタイムに約6倍(注12)、地上デジタル放送では約4倍(注12)の長時間録画を実現。これにより、VN790/TG(約1TB HDD内蔵)では最大約527時間分、VN770/TG(約500GB HDD内蔵)では最大約249時間分のデジタル放送番組を録画保存することが可能(注13)。また、市販の外付けUSB HDD(注14)を新たにサポート。約1TBの外付けHDDを接続すれば、さらに約552時間分(注13)の番組をハイビジョン解像度のまま録り貯めることが可能。
  • 書込み可能なブルーレイディスクドライブを搭載
    記録容量が最大50GBのブルーレイディスク(片面2層)であれば、約27時間のデジタル放送録画番組を保存可能。デジタルビデオカメラから取り込んだフルハイビジョン映像であれば約6時間(注4)、デジタルカメラの画像では約5000枚分(注5)をディスク1枚に保存することが可能。
    なお、AVCREC対応により、DVD-RAM(CPRM対応:片面4.7GB)にもデジタル放送の録画番組をハイビジョン解像度で約2.5時間保存することが可能(注13)

(2)VN570/TG(3モデル)、VN550/TG(3モデル)

  • 19型ワイド液晶(1440×900ドット、色再現範囲約72%[NTSC比])の採用や、「インテル(R) Core(TM)2 Duo プロセッサー」、スロットインDVDスーパーマルチドライブを搭載。

  • VN570/TGでは、地上デジタル放送対応のTVチューナを搭載。VN770/TGのTV機能と同様に、地上デジタル放送のリアルタイム約4倍(注12)の長時間録画やカット編集などに対応。これにより、約500GBのHDDに最長で約251時間分(注13)、市販の外付けUSB HDD(注14)の増設によって、さらに多くの番組を録画できるなど、高解像度のデジタル放送をより効率的に長時間保存できる環境を提供。

3.プレミアムノートPC「LaVie C」(1モデル)

  • 16型ワイドフルHD液晶(1920×1080ドット)を採用したことにより、美しく高精細な映像表示を実現。16:9の画面縦横比により、ビスタサイズの映画なども上下に黒帯があらわれることなくフル画面(注1)で表示することが可能。
  • 最大50GBの記録ができるブルーレイディスクドライブを搭載。デジタルビデオカメラから取り込んだフルハイビジョン映像を約6時間分(注4)、デジタルカメラの画像を約5000枚分(注5)ディスク1枚に保存可能。また、市販のブルーレイディスクソフトの再生にも対応。
  • 鮮やかな映像再現を実現する「彩りプラス」機能を強化し、再生表示する映像コンテンツに合わせた3つの画質モードを用意。赤や緑をより鮮やかに表現する“ダイナミックモード”、諧調表現を繊細に再現する“シネマモード”、一般的な映像視聴に適した“スタンダードモード”から選択が可能。
  • 2.5W+2.5Wのバスレフ方式のスピーカを内蔵するとともに、高低音補正、ダイナミックレンジ補正機能を備えた「MaxxAudio(R)」を搭載し、映画や音楽がより楽しめるよう高い音質を追求。
  • デジタルカメラの写真を約41000枚保存(注5)することが可能な、約500GB(従来 約320GB)のHDDを搭載。
  • テンキー入力機能を付加した「光るテンキーパッド機能」や、「手書きでお助けパッド機能」も搭載して使いやすさに配慮。

4.コンパクトノートPC「LaVie N」(4モデル)

  • 13.3型ワイド液晶を採用し、A4タイプのノートPC(注15)と比べて設置面積(310[W]×235[D]×31.0~36.5[H]mm)、質量(約1.97kg)ともコンパクトなノートPC。家の中や外出先への持ち運びに配慮し、バッテリ駆動約3.9時間、100kgfの圧力に耐える堅牢性の確保(注16)、HDDのデータ損傷リスクを低減する「ハードディスクセーバー(注16)」を搭載。
  • 本体正面のディンプルからLEDが浮かびあがり、時刻やアニメーションを表示する「マイシグナル」を強化。ユーザ自身がオリジナルのマイシグナルをデザインできる「マイシグナルクリエーター」を搭載して楽しさを演出。
  • 商品コンセプトである“いつもそばに置きたい、持つことに喜びを感じるおしゃれなコンパクトノート”に基づき、デザイン性を追求。ボディーカラーは、「アクティブオレンジ」「モカレイヤード」「ピンクレイヤード」「モノトーン」の4つのバリエーションを用意。インテリアとの調和を目指したシンプルなボディフォルムと、液晶画面を閉じた時と開けた時で異なる趣を見せるカラーリングを採用。
  • コンパクトサイズながら、キーボードはA4タイプのノートPC(注15)と同じキーピッチ19mm、キーストローク3mmを採用。加えて、「パワーオフUSB充電」機能(注8)や自動輝度センサの搭載など、使いやすさを追求。

5.静音水冷システム搭載一体型PC「VALUESTAR W」(1モデル)

  • 地上/BS/110度CSデジタルTVチューナを2基搭載し、「ダブル録画(注11)」やTVを視聴しながらの裏番組録画も可能。

  • BS/110度CS放送では、フルハイビジョン解像度のままリアルタイムに約6倍(注12)の長時間録画(MPEG-4 AVC/H.264規格)ができる機能を搭載。また、地上デジタル放送では約4倍(注12)の長時間録画を実現。さらに、録画した番組はHDD上でカット編集することも可能。

  • 約1TBのHDDとブルーレイディスクドライブを搭載。高画質・長時間録画機能への対応と、データ保存領域の大容量化により、HDDには最長約527時間、ブルーレイディスク(片面2層)には約27時間の録画番組を保存することが可能(注13)。AVCREC対応により、DVD-RAM(CPRM対応:片面4.7GB)にも録画番組をフルハイビジョン解像度で約2.5時間保存可能(注13)

  • 静かな環境で映像や音楽が楽しめるよう、HDDおよびCPUの冷却に水冷システムを採用し、さらにHDDを遮音材で包むことで、高負荷時でもささやき声よりも低い約25dB(注17)の静音性を実現。

  • 22型ワイド スーパーシャインビューEX2液晶(色再現範囲約72%[NTSC比])の採用により、明るく鮮やかな表示を実現。

  • 「インテル(R) Core(TM)2 Quad プロセッサー」や、DDR3対応4GBメモリ(注9)を搭載し、快適な動作を追求。

6.セパレートPC「VALUESTAR L」(4モデル)

  • VALUESTAR L全モデルに23型ワイドフルHD液晶を新たに採用。
    1920×1080ドットの高解像度(画面縦横比16:9)により、ビスタサイズの映画なども上下に黒帯があらわれることなくフル画面(注1)で高精細に表示することが可能。また、オフィスソフトなどの利用時にも表示領域が広く作業効率の向上に貢献。
    新たにHDMI入力端子も装備したことで、ゲーム機やAV機器の映像も表示することが可能(注18)。また、VL750/TGにはHDMI出力端子も装備し、フルHD対応のTVと接続して高精細なブルーレイディスクソフトや画像を視聴することが可能(注6)

  • 上位3モデル(VL770/TG、VL750/TG、VL570/TG)には、最大50GBの記録ができるブルーレイディスクドライブを搭載。デジタルビデオカメラから取り込んだフルハイビジョン映像を約6時間分(注4)、デジタルカメラの画像を約5000枚分(注5)ディスク1枚に保存可能。また、市販のブルーレイディスクソフトの再生にも対応。

  • VL770/TG、VL570/TGにはTV機能を搭載。他シリーズのTV機能搭載モデルと同様に、フルハイビジョン解像度のままリアルタイムに長時間録画(MPEG-4 AVC/H.264規格)ができる機能や、録画した番組をHDD上でカット編集する機能などを搭載。
    VL770/TGでは、地上/BS/110度CSデジタルTVチューナを2基搭載し、「ダブル録画(注11)」やTVを視聴しながらの裏番組録画も可能。約1TBのHDDの搭載により、地上デジタル放送をハイビジョン解像度で最長約527時間録画をすることが可能(注13)。VL570/TGでは、地上デジタルTVチューナを搭載するとともに、約500GBのHDDにより、最長約249時間の録画を実現(注13)

  • 高速なDDR3対応4GBメモリ(注9)を搭載。VL770/TG、VL750/TGには「インテル(R) Core(TM)2 Quad プロセッサー」、VL570/TG、VL300/TGには「インテル(R) Core(TM)2 Duo プロセッサー」を搭載。
    また、VL750/TGのグラフィックアクセラレータには、「NVIDIA(R) GeForce(R) GT 120」を新たに搭載し、映像表示機能を強化。

  • SDメモリーカードやコンパクトフラッシュをはじめ、7つのメディアに対応するカードスロットを搭載。

7.ホームサーバ・クライアントソリューション「Lui」(4モデル)

  • VALUESTAR R(Luiモデル)では、23型ワイドフルHD液晶採用のスリムタワータイプ2モデルと、RAID10構成の大容量HDD搭載のマイクロタワータイプ2モデルを発売。
    スリムタワーVR900/TM、VR500/TGでは、ホームサーバ・クライアントソリューションLuiのPCオンデマンドに対応するほか、23型ワイドフルHD スーパーシャインビューEX液晶を採用し、広い表示領域で操作性を向上。
    マイクロタワーVR930/TN、VR330/TNでは、RAID10構成(約1TB×4台)の約4TB(注19)のHDDを搭載し、データの高速な読み書きと安全性を実現。
    また、上位モデルVR930/TN、VR900/TMでは、「インテル(R) Core(TM)2 Quad プロセッサー」と、高性能グラフィックボード「NVIDIA(R) GeForce(R) GT 120」、ブルーレイディスクドライブの搭載で、ハイビジョン映像を快適に編集できる。
    さらにマイクロタワー2モデルおよびスリムタワー上位モデル(VR900/TM)では、「Windows Vista(R) Ultimate with Service Pack1(SP1)正規版」を搭載し、リモートデスクトップにも対応。回線速度に合わせて2つの画面転送方式が選べるハイブリッドリモートスクリーンの利用が可能。加えて、間違って上書きしても古いバージョンのファイルが復元可能なWindows(R)シャドウコピー機能を搭載し、データの安全性を確保。

8.NEC Direct「Gシリーズ」(カスタマイズモデル)

  • 拡張性の高いマイクロタワーPC「VALUESTAR G タイプM」はセカンドキャッシュ12MBの上位クアッドコアCPU「インテル(R) Core(TM)2 Quad プロセッサー Q9550S」をセレクションメニューに追加したほか、グラフィックボード「NVIDIA(R) GeForce(R) GT 120」も用意し、より高性能に進化。RAID構成ディスクドライブには新たに約1TBのHDD4台による「RAID10」を採用。データの読み書き速度向上と安全性の両立を実現。

  • スタイリッシュな一体型PC「VALUESTAR G タイプN」はサイズ・ボディカラー・CPU・TV機能の組み合わせにより様々なニーズに対応可能。「19型ワイドモデル」には「メイプルブラウン」を加えた4色のカラーバリエーションを用意。「21.5型ワイドモデル」では先進の「ひかりTVサービス」に対応したTV機能も選択できる。

  • スタイリッシュノートPC「LaVie G タイプL(s)」は深みのある艶やかさの「スパークリングブラウン」を始め全5色のカラーバリエーション。セカンドキャッシュ6MBの高速CPU「インテル(R) Core(TM)2 Duo プロセッサー T9550」、アプリケーションなどの起動の高速化に貢献する「インテル(R) ターボ・メモリー」、高速回転ハードディスクなどを用意し、より快適な動作が可能な環境へのグレードアップを実現。

なお、PCショッピングサイト「NEC Direct」ではこのたびの新商品発表に伴い、現在開催中のキャンペーン「スプリングフェア」に加え、新商品が13%OFFとなるクーポンやアップグレードがお得になる「新商品フェア」を実施いたします。
(「新商品フェア」キャンペーン期間5月27日の15時まで、詳細:http://www.necdirect.jp/

(注1)

画面縦横比が16:9のワイドコンテンツの場合。

(注2)

平成20年12月発表および、平成21年1月発表の個人向けPC「LaVie L」。

(注3)

「ズームボタン」ではWindows(R) Internet Explorer(R) 7、 Microsoft(R) Office Personal 2007、Adobe Reader(R)および、デスクトップ上のアイコンサイズ、エクスプローラのフォルダ内容の表示、Windows(R) フォトギャラリー、Windows Live(TM) フォトギャラリーにおいて画面の拡大・縮小を行うことが可能。
「パソらく設定」では、Windowsシステムフォント、ウィンドウズタイトルバー、アイコン(アイコンサイズ、文字サイズ)、マウスカーソル等の拡大が可能。

(注4)

16Mbpsのビットレートで片面2層のブルーレイディスクへ保存した場合。

(注5)

10MB/枚の画像データを片面2層のブルーレイディスクへ保存した場合。
(1000万画素のデジタルカメラで撮影した場合を想定)

(注6)

HDMI入力端子付きの機器および、別売りのHDMIケーブルが必要。

(注7)

手書きには個人差があるため、完全な変換を保証するものではありません。

(注8)

動作確認済み機器に関しては下記URLをご覧ください。
http://121ware.com/navigate/products/pc/connect/usb/list.html

(注9)

PCIデバイスなどのメモリ領域を確保するために、全ての領域を使用することはできません。
また、装置構成によって利用可能メモリ容量は異なります。

(注10)

平成21年1月発表のVALUESTAR N(VN770/SG、VN750/SG)。

(注11)

ダブル録画を行うためには、片方の番組はダイレクトモードで録画する必要があります。

(注12)

ダイレクトモードとファインロングモードとの比較。

(注13)

地上デジタル放送をファインロングモードで保存した場合の最長録画時間。

(注14)

動作確認済み外付けUSB HDDにつきましては、http://121ware.com/catalog/hddlist/をご覧ください。

(注15)

LaVie Lシリーズの場合。

(注16)

損傷を完全に防止するものではありません。

(注17)

ISO7779準拠の社内基準で測定。当社測定値であり、保証値ではありません。

(注18)

HDMI出力端子付きの機器および、別売りのHDMIケーブルが必要。

(注19)

出荷時RAID10構成のため利用可能領域は約2TB(2000GB)になります。

ガラスフレーク(R)は、日本板硝子株式会社の登録商標です。

記載されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

ハードディスク容量は、1GB=10億バイト換算値です。
OSから認識できる容量は、実際の値より少なく表示される場合があります。

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.