ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 「Express5800シリーズ」新製品によりIT投資コストを大幅削減

「Express5800シリーズ」の価格改定・製品サービス強化によりIT投資コストを大幅に削減 ~ランニングコスト・運用管理コストの大幅削減を実現する新サーバと
ハードウェアおよびソフトウェアの一括保守サービスの提供を開始~

2009年4月21日
日本電気株式会社

「Express5800/R120a-2」

「Express5800/R120a-2」

「Express5800/T120a-M」

「Express5800/T120a-M」

NECは、「Express5800シリーズ」のデータセンター向け“DataCenterLine(データセンターライン)”ならびに、設置性・カスタマイズ性に優れた“DataStationLine(データステーションライン)”において、価格改定をはじめ以下の製品・サービスの強化を行い、導入から運用、サポートまでトータルにお客様のITコストの大幅削減を実現いたします。

(1) 初期導入コスト削減を実現すべくサーバ製品の最大66%の価格改定
(2) インテル(R)の最新CPUやNEC独自の省電力技術を搭載し、ランニングコスト・運用管理コストをトータルで従来比40%削減する新型サーバの発売
(3) ハードウェアに加えソフトウェア保守を一括で請け負う保守サービスの開始などサポートサービスの拡充

NECは、昨年11月、来るべきクラウドコンピューティング時代に向けて、「Express5800シリーズ」を、企業内データセンターでのサーバ統合やインターネットデータセンターに最適な「DataCenterLine」とオフィスや店舗など現場への設置性・カスタマイズ性に優れた「DataStationLine」の2つの製品群に分類し、お客様の環境に最適なプラットフォームを提供してまいりました。このたびの強化は、これに続くものであり、厳しい経済情勢においても、将来にわたって活用可能な最新のITシステムを、低コストで導入可能とするものであります。

このたびの「Express5800シリーズ」の強化は以下の通りです。

1.最大66%の価格改定を実施し、初期導入コストを削減

コストパフォーマンスに優れた最先端のITシステムの導入を促進すべく、「Express5800シリーズ」計170製品について、最大66%・平均25%減となる価格改定を実施し、お客様のITシステム初期導入コストを大幅に削減する。

2.ランニングコスト・運用管理コストを削減する新型サーバの発売

最新のインテル(R) Xeon(R) プロセッサー 5500番台の搭載、およびNEC独自の省電力技術により消費電力を大幅に削減。さらに、仮想化技術と融合することでハードウェア導入台数を削減し、ランニングコスト・運用管理コストなどシステム全体で約40%のコスト削減を実現するサーバを新たに発売する。

≪DataCenterLine≫

  • 2wayラックサーバ「Express5800/R120a-1」「同/R120a-2」
    80PLUS(R)(注1)準拠の高効率電源を採用。筐体内において冷却効率を高めた部品レイアウトで設計するとともに、NEC独自開発のファン/CPUの動的制御機能により従来機(注2)と比較して約40%の省電力化を実現。
  • 省電力サーバ「Express5800/ECO CENTER」の強化
    80 PLUS(R) GOLD準拠の高効率電源を2つのサーバで共有化することにより大幅に消費電力を削減し、従来の一般ラックサーバ(注3)と比較して50%以上の省電力化を実現。

≪DataStationLine≫

  • 2wayタワーサーバ「Express5800/T120a-E」「同/T120a-M」
    サーバを遠隔地から操作する「EXPRESSSCOPE(R) エンジン2」において、自動監視機能に加え、ファームウェアなどの一括自動アップデートを行う機能「ExpressUpdate」を標準搭載。管理者不在の場合でも、容易にシステム監視が可能となる。 筐体カバーに監視機能を搭載し、HDD抜き取りなどの盗難防止を実現。
  • 1wayスリム型静音タワーサーバ「Express5800/GT110a-S」
    記憶媒体としてフラッシュメモリを用いるSSD(Solid State Drive)を新たにサポート。HDD搭載時に比べて約40%の省電力化を実現する。

3.将来のビジネス拡大を見据えたサポートサービスの拡充

  • ハードウェアおよびソフトウェア保守を一括で請け負う(注4)
    「PlatformSupportPack(プラットフォームサポートパック)」の提供を7月末より開始する。
    ハードウェア及びソフトウェア製品の保守受付窓口を一本化し、障害原因の切り分け・OS復旧まで一貫してサポートする。さらに、お客様専用ポータルサイトを提供するなど、お客様の運用管理コストの削減に貢献する。

NECは、今後もITプラットフォームビジョン「REAL IT PLATFORM」に基づいて「柔軟」、「安心」かつ「快適」な次世代IT基盤を目指して「Express5800シリーズ」を継続強化してまいります。
なお、新製品の価格・主な仕様については別紙をご参照下さい。

以上

(注1)

電源ユニットが電圧を生成する際に生じる変換損失を抑え、電力の80%以上を損失せずに確保することができるものに対し、米国EPRIが行う認定のこと。

(注2)

Express5800/120Rj-2と同/R120a-2を比較した場合

(注3)

Express5800/120Rh-1と同/E120a(ECO CENTER)を比較した場合

(注4)

「PlatformSupportPack」のサポート範囲は、ハードウェアおよびOSであり、各ソフトウェアの保守サービスとの組み合わせにより、ハードウェアおよびソフトウェア保守の一括サポートが可能となるNECのサービスです。

*

その他、文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

新製品に関する情報

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC ファーストコンタクトセンター
電話:03-3455-5800

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.