ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > サービス事業の強化について

サービス事業の強化について ~サービス要員1万人体制を確立、クラウド指向の新サービスを提供開始~

2009年4月23日
日本電気株式会社

NECはサービス事業の強化に向け、4月1日付で設立した「ITサービスビジネスユニット」を中核として、2012年度までにNECグループでサービス要員1万人の体制を確立します。さらに、新たなサービスとして、企業等の基幹システムを対象にNECが保有するプラットフォーム資産を活用した、クラウド指向(注1)のサービスを本年7月から販売開始するとともに、この新サービス提供のため、仮想化関連ミドルウェア等の自社独自技術によるサービス提供基盤の強化を行います。

このたびのサービス事業強化の概要は以下のとおりです。

1.サービス要員を大幅に増員

  • これまでSIを担当していたSEを、サービス提案・データセンタ向けシステムの構築・運用等も担当できる要員へと育成するなど、2012年度までにグループで1万人のサービス要員体制を確立する。
  • 顧客のビジネスプロセス再構築を支援する「ビジネスモデルコンサルタント」、サービスの提案からSI・運用までをトータルにマネジメントする「LCM(注2)型プロジェクトマネジャー」等のサービス事業中核要員約2,000名を育成する。
  • サービス要員の増強にあたっては、グループ全体に共通な要員体系(必要となる人材のタイプ、スキル等を定義)、教育体系を全面刷新し、計画的な育成を進める。また、サービススキル展開には、NEC独自の各種方法論(プロセス改革方法論、サービスモデリング技法、サービスエンジニアリング技法 等)を整備し、早期の浸透を図る。

2.新たなクラウド指向のサービスを販売開始

企業等の基幹システムの機能を、NEC保有のプラットフォーム資産を活用してサービスとして提供する「クラウド指向サービスプラットフォームソリューション」の販売を7月から開始する。基幹業務を支えるサービスを提供モデル別(SaaS型・共同センタ型・個別対応型)に整備し、「ITサービスビジネスユニット」内の業種別事業本部に設置した「サービスソリューション事業部」を中心に提案、顧客に最適な形態で提供する。

<クラウド指向サービスプラットフォームソリューションの主な特長>
■ビジネスモデルコンサルティング
  NECが自ら実施した経営システム改革の経験を基に、実践的な業務プロセス改革とビジネスプロセスマネジメント(BPM)確立を支援。
■提供モデル別サービス
  ・SaaS型: 定型業務をサービスとして低コストで提供する。「自治体基幹業務サービス」、「製薬業レギュレーションサービス」、「RFID活用基盤サービス」などをメニュー化。従来、メールやeラーニングなど業種共通のアプリケーションが多かったSaaS領域で、NECは各業種のコア業務・基幹業務のアプリケーションをSaaS型で提供する。
・共同センタ型: 同一目的を持つ同業種複数の顧客が共通システム基盤上で業務アプリケーションを利用。業種標準的なサービスを低コストで利用可能であり、自治体、金融業、メディア事業など向けに提供。主に中~大規模システム向け。
・個別対応型: 顧客の業務プロセスをNECのビジネスモデルコンサルタントがシンプル化・標準化した上で、複数の業務システムをNECが提供するシステム基盤上または顧客自身のシステム基盤上からサービスとして提供。主に大規模~超大規模システム向け。

3.サービス提供基盤の強化

自社およびアライアンスパートナーのデータセンタにおいて、クラウド指向のサービス提供基盤システム(サービスプラットフォーム)を構築する。仮想化システムの自動生成・リソースの高効率運用を実現する運用管理ミドルウェアを新規開発するとともに、NECのOMCS(オープンミッションクリティカルシステム)のSIテクノロジーを全面的に適用し、堅牢で柔軟なサービス提供基盤システムを構築。
また、運用プロセスやシステム環境を標準化するとともに、「Express5800/ECO CENTER」をはじめとする省電力・省スペースのサーバ・ストレージやグリーンIT技術の導入でTCOを大幅に削減する。
NECは、ファシリティとしてのデータセンタ強化にとどまらず、このサービス提供基盤システムを継続的に強化することで、顧客の基幹業務を支える、安心・安全なサービス提供を実現する。

NECは本年3月、自社内組織のみならず国内外の主要関係会社もカバーする販売・経理・資材の自社基幹システムの全面刷新を開始しました。この新基幹システムの構築にあたっては、連結経営管理のスピードアップ・業務効率化・TCO削減を目的に、業務プロセスの抜本的改革を行い、さらに、基幹業務をサービスとしてグループ内の各社各部門に提供するクラウド指向のサービス提供基盤システム(サービスプラットフォーム)を構築します。
NECは、この自社での実践で培うノウハウをベースに、顧客のサービス利用に向けた高度なコンサルティングや業種/業務アプリケーションのサービスとしての提供などクラウド指向のサービスをトータルに提案してまいります。

近年、ネットワークがブロードバンドからNGN等の新たな環境へと進展し、同時に仮想化やセキュリティ関連の技術が進歩することで、既存のIT資産に制約されることのない柔軟なITの利用が可能となっております。一方、企業等においては、IT投資の平準化やシステムのTCO削減のニーズが強まっており、IT資産を所有するのでなくネットワークを介して必要な機能を必要な分だけ利用するというクラウド指向のサービス活用に関心が高まっています。NECは今回の体制強化等により、基幹システム領域での新たなサービス事業を確立し、サービス事業の一層の拡大を進めてまいります。

以上

(注1)

クラウド指向:持たざるITの新しい形として、クラウドコンピューティングの特徴(ユーティリティ課金による投資の平準化、仮想化/マルチテナント方式などの技術による運用性の向上)を活かしたサービスを利用し、一層のTCO削減、スピードアップ、柔軟性向上を実現すること。

(注2)

LCM:Life Cycle Management。ITインフラ/システムをライフサイクルに亘って最適になるよう管理すること。

*

本文に記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

本件に関するお客様からのお問合せ先

NEC サービスプラットフォームシステム開発本部 事業企画グループ
電話:03-3798-8989
Eメール: cloud_sol@pln.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.