ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 開発設計業務改革期間を短期化するPLMビジネステンプレートの提供

開発設計業務改革の期間を短期化する
2つのPLM(製品ライフサイクル管理)ビジネステンプレートの提供開始

2009年4月24日
日本電気株式会社

NECは、このたび、製造業のPLM(製品ライフサイクル管理)改革を加速する2つのビジネステンプレートを新たに商品化し、本年5月1日より提供を開始することといたしました。

近年、顧客要求の多様化により製品が多品種化・短命化し、製造業ではデザインレビュー(注1)や市場品質トラブル対策など多くの品質コストを費やしています。また、品質保証された部品や中間品の組合せ設計(モジュラーデザイン 注2)もリードタイム短縮や品質向上のために有効であると言われています。昨今の経済環境下では、以前にも増してこれらの業務改革の短期間実現が要求されています。その中で、PLM領域における業務改革を短期間で行いたいとの企業の声が高まっており、このたびの商品化に至りました。

今回提供を開始するのは、(1)不具合などに起因する品質コストを最大50%削減する「品質改革ビジネステンプレート」と、(2)モジュール(中間品)の組み合わせ設計への変革により、開発設計期間を従来比30%以上短縮する「モジュラーデザイン・ビジネステンプレート」の2つの商品です。

このたびの新商品は、NECが自社のものづくり革新や他社の業務改革サポートで実践したノウハウをベースに商品化したものであり、「あるべき姿」のテンプレートを活用し、製品品質コスト削減、設計リードタイム短縮など業務改革期間を短期化することが可能です。

品質改革ビジネステンプレート並びに、モジュラーデザイン・ビジネステンプレートの主な特長は、以下の通りです。

1.品質改革ビジネステンプレート

  • 製品品質コスト削減を実現するデザインレビュー改革を可能にするためのベストプラクティスをパッケージ化。
  • 提供内容として、不具合管理プロセス・再発防止策策定プロセス・デザインレビューのモニタリングプロセスなどが規定されている業務プロセステンプレートと、不具合や再発防止策などの情報管理、デザインレビューでの実施履歴や情報分析が可能な品質情報管理ツール(トライアル版。注3)を用意。重大な不具合情報のリアルタイムでの共有、再発防止策の関係部門への周知徹底、およびチェックリストを用いた客観的なデザインレビューや品質保証部門による統制が可能。
  • すでに動作検証済みのテンプレートであるため、スクラッチ開発と比較し、導入期間を最大50%、製品品質コストを最大50%削減することが可能。
  • 本年5月1日より提供開始。主に、コンシューマ向け電子機器、自動車部品、産業機械などの品質保証部門・開発設計部門などをターゲットに拡販を図る。
  • 価格は、業務プロセステンプレートと1日間の利用方法教育が300万円(税別)から、業務プロセステンプレートで定義された運用に準拠した品質情報管理ツール(トライアル版。注3)とセットアップ作業を含めた場合、500万円(税別)からを予定。

2.モジュラーデザイン・ビジネステンプレート

  • モジュラーデザイン(標準化された中間品の組み合わせ設計)により、大幅なリードタイム短縮や在庫削減を実現するためのベストプラクティスをパッケージ化。
  • 当商品には、固定部品を増大し変動部品の絞込み分析が可能な固定変動分析テンプレート、選択された仕様に対してBOM(部品表)を決定する決定表テンプレート、要求仕様に対する構成生成と見積り算出が可能な簡易コンフィグレータ、およびこれらの利用方法についての1日間の教育が含まれる。
  • 当商品の導入により、モジュラーデザイン(組み合わせ設計)への変革をスムーズに実現し、従来比、設計期間を30%以上短縮することが可能。
  • 本年5月1日より、提供開始。主に、受注生産の産業機器や通信装置などの設計/開発部門をターゲットに拡販を図る。
  • 価格は、2つのテンプレート(固定変動分析テンプレート/決定表テンプレート)と簡易コンフィグレータ、利用方法教育(1日間)を含めた場合、300万円(税別)からを予定。

NECは、今回発表した商品の拡販を積極的に図り、今後、3年間でコンサルティングやSIも含めて、約40億円の売上を目指します。また、国内トップシェアのPLMソリューション「Obbligato II」(注4)との連携により、PLM事業の強化・拡大を目指し、今後もお客様のものづくりをトータルに支援してまいります。

当商品の詳細については、下記をご参照ください。
URL:http://www.nec.co.jp/service/consult/services/ecm/plm.html

以上

(注1) デザインレビュー

デザインレビューとは、開発における成果物を、複数の人にチェックしてもらう機会のことで、JIS(日本工業規格)やISO(国際標準化機構)9000シリーズにおいて定義されている設計審査のことである。
製品開発プロセスの各フェーズ(企画、設計完了、量産移行など)における仕様書や設計書、図面、プログラムなどの成果物を第三者の目(営業、経理、購買、生産管理、品質保証など)でレビューすることにより、開発者の視点では漏れてしまう内容を精査して、品質を確保することを目的としている。そのため、第三者の目が確立されている大企業のメーカーでは、デザインレビューの励行率が高いといわれている。(出典元:Weblio辞書)

(注2) モジュラーデザイン

製品多様化と部品少数化を両立する設計アプローチ手法、製品アーキテクチャー。

(注3)

品質情報管理ツールは、株式会社JSOLのJ-PKMを活用。10ユーザ・保守契約を含まないトライアル版での提供。
別途、サーバライセンスと保守契約を含む正式版への移行をユーザが選択可能。
J-PKMとは、設計者のノウハウを蓄積し、会社の資産として活用可能とする、設計品質のナレッジマネジメントシステムである。

(注4)

NEC自社開発のソフトウェアで、国内500社以上の導入実績を有し、テクノシステムリサーチ「2009年PDM/PLMビジネス市場分析調査」にて国内トップシェアの評価を得ている。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC コンサルティング事業部
電話:03-3798-9279
Eメール: contact@consul.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.