ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 資産管理ソフト「WebSAM AssetSuite Ver3.0」を発売

企業のコンプライアンス強化とセキュリティ統制を支援する
資産管理ソフト「WebSAM AssetSuite Ver3.0」を発売

2009年5月11日
日本電気株式会社

新製品に関する情報

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/WebSAM/AssetSuite/

NECはこのたび、IT機器からソフトウェアライセンス、什器・備品等あらゆる資産情報を統合管理する資産管理ソフトウェア「WebSAM AssetSuite(ウェブサム・アセットスイート)」において、企業のコンプライアンス強化とセキュリティ統制を支援し、運用管理コストを削減する新バージョン(Ver3.0)を製品化し、本日より販売活動を開始いたします。

新製品は、(1)管理対象となるサーバや端末の台数を20万台にまで拡大し全社統一的な資産管理を実現するとともに、(2)NECのセキュリティ対策ソフトウェア「InfoCage セキュリティリスク管理」と製品統合することで、資産情報とセキュリティ対策情報の一元管理を実現しています。さらに、(3)GUI(グラフィカル・ユーザ・インタフェース)の視認性・操作性の向上により、運用管理者の負担軽減に貢献するものです。

近年、企業においては、内部統制や情報漏えい対策に関する法令遵守を目的に、全社で統一的に資産管理やセキュリティ対策を行いたい、というニーズが高まっています。新製品はこうしたニーズに対応するものです。

このたびの主な強化内容は、以下のとおりです。

(1)IT資産の管理対象範囲を20万台まで拡大し全社で統一的な資産管理を実現

管理対象となるサーバや端末の台数を、従来の4万台から資産管理ソフトでは最大級(注1)となる20万台に拡大。拠点・部門ごとの個別管理から、グループ会社も含めた全社レベルでの統合的な資産管理が可能となり、コンプライアンス対応を強化する。また、事業拡大に伴い資産管理対象が拡大した場合にも柔軟に対応が可能。

(2)「InfoCage セキュリティリスク管理」と製品統合し、資産情報とセキュリティ対策情報の一元管理を実現

NECのセキュリティ対策ソフトウェア「InfoCage セキュリティリスク管理」との製品統合により、IT資産情報に加えセキュリティ対策情報までが同一の構成管理データベース(CMDB、注2)に統合され、一元的な管理が可能となる。また、必要なパッチ適用情報を定期的にNECより提供(注3)し、その情報を利用者端末へ自動通知することで、パッチ適用漏れ等を防止しセキュリティ対策を徹底する。

(3)視認性・操作性を向上し、運用管理者の負担を軽減

NECの中央研究所の技術を用いて、人間工学に基づいたミスの少ないGUIを提供。視認性・操作性を向上し、膨大な管理対象から遊休資産が容易に特定できるなど、運用管理者の負担を軽減する。

新製品の提供価格と出荷開始時期は、以下のとおりです。

製品名 希望小売価格(税別) 出荷開始 備考
WebSAM AssetSuite Ver3.0 207万円~ 5月29日 500台のIT資産を管理する場合の最小価格。1万台以上では、1台当り2,880円で管理可能。
WebSAM AssetSuite Ver3.0
セキュリティリスク管理パック
366.8万円~ 6月30日 「InfoCageセキュリティリスク管理」、「パッチ強制適用サービス(注3)」とのセット製品。上記と同じ構成での最小価格。

IT資産の正確な管理からセキュリティ対策、コンプライアンス強化、IT投資の適正化までをトータルで実現するためには、IT資産のライフサイクルに合わせた資産管理システムが必要です。
NECでは、このたびの強化により「WebSAM AssetSuite」において、資産管理対象台数 数千台以上の大規模システムを中心に、今後3年間で100システムの販売を目指してまいります。
また、SI構築支援体制を現在の20名から今後3年間でグループ会社も含め150名に体制強化し、社内約16万台のIT資産管理で培ったノウハウを生かして、お客様の環境に合わせたシステム構築からIT資産の有効活用の提案まで、幅広く支援してまいります。

なお、NECグループでは5月13日~15日東京ビックサイトで開催されます「第6回情報セキュリティEXPO(http://www.nec.co.jp/event/ist/)」に出展し、「リスクに強く、コストにも強く。」(注4)のテーマのもと、このたびの新製品を紹介いたします。

以上

(注1)

NEC調べ

(注2)

ハードウェアやソフトウェア、ネットワークの構成情報、ソフトウェアライセンス、契約(リース、レンタル、保守等)情報と、これらの関係性を一元的に管理するデータベース

(注3)

NECでセキュリティ情報の収集、適用パッチの選定、パッチの動作解析/動作確認を行い、定期的に最新のセキュリティ情報の提供を行う「パッチ強制適用サービス」(有償)。セキュリティ管理者がセキュリティパッチの収集、動作確認を行う必要がなく作業時間の削減が図れる。

(注4)

NECグループでは、セキュリティソリューションコンセプトとして「リスクに強く、コストにも強く。」を策定。本コンセプトは、「セキュリティに対するお客さまの課題解決のために、豊富なセキュリティソリューションの連携で、効率的で最適な全体統制を実現。さらにIT環境の『見える化』と管理の『自動化』で、コストと業務のムダを削減。」を基本指針としている。

*

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

新製品に関する情報

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC ITプラットフォームマーケティング本部(ソフトウェア問合せ)
電話:03-3798-7177
(受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00 月曜日~金曜日(祝日を除く))
Eメール: contact@soft.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.