ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > RFIDを活用したPaaS型プラットフォームサービス「BitGate」を提供

RFIDを活用し、業種を超えたビジネスイノベーションを創出する
PaaS型プラットフォームサービス「BitGate TM」の提供開始について ~あわせて世界初の「RFIDマルチリーダライタ」を製品化~

2009年5月12日
日本電気株式会社

NECはこのたび、多様な企業活動および消費者サービスに利用するRFIDシステムの構築に必要となる、ID登録管理機能、リアルタイム処理機能、セキュリティ機能、ゲートウェイ機能、などの共通機能をセンターサーバに集約し、プラットフォームとして提供するPaaS(Platform as a Service)型サービス「BitGate」を商用化し、本日より販売活動を開始しました。
また、本プラットフォームの中核製品として、世界初となる主要3周波数帯(13.56MHz、953MHz、2.4GHz)、計6種類の主要プロトコル(注1)に対応した「RFIDマルチリーダライタ」を併せて製品化しました。これにより、企業も消費者も、利用するタグの種類を意識する必要なく、RFIDを活用することが可能となります。本RFIDマルチリーダライタは、ソフトウェア無線の技術を活用し、ファームウェアのアップデートで新しいタグプロトコルへの対応が可能です。また、PCなどのUSBスロットに差し込んで利用する「USB型読取り装置」と各種端末に組込むための「組込みモジュール」を用意しており、外部端末メーカへの外販・連携も開始します。
更に、「BitGate」は、本マルチリーダライタのオンライン監視機能や、ファームウェア更新機能などを有するため、RFIDマルチリーダライタと連携した様々なサービス提供が可能となっています。
「BitGate」、「RFIDマルチリーダライタ」ともに、本年7月より受注を開始、10月から出荷・サービスを開始する予定です。NECは今後、情報家電メーカや通信事業者、流通/サービス業者、自動車メーカとのサービス開発連携や、RFIDタグベンダー・外部端末メーカ等との組み込み連携などを進めて、「BitGate」による業種を超えた新しいRFIDサービス提供を加速していきます。

RFIDは、世界中の様々な業界での本格採用が進み、技術革新と量産効果による価格低下が確実に進んで来ています。この結果、RFIDタグの価格は、今後、劇的に低下すると想定されており、従来のバーコードや磁気カードによるID管理の代替として、改めてその注目度が高まっています。
一方、RFIDタグを「かざす」だけで読み書きするリーダライタ装置が小型・軽量・低価格化されれば、店舗や施設に置かれるPOSやPOP端末等に組込み可能となるほか、消費者が所有するPC、TV、ケータイ、ゲーム機等への組込みも可能となり、RFIDの利用領域は、これまでの物流・商品管理から、企業と消費者が直接繋がるCRMの分野へと一気に拡大することが見込まれています。こうした新たなユビキタス時代のニーズに対応するサービスプラットフォームとして、「BitGate」は開発されました。

NECでは、「BitGate」が様々な業種で導入されることにより、RFIDタグを搭載した各種カードや商品を「かざす」だけで、検索等の面倒な入力なしに必要な情報を消費者に提供するサービスや、店舗の商品を「かざす」だけで消費者端末に商品情報を蓄積し、買いたい時に店舗のECサイトに自動接続することで商品の購入が可能になるサービスなど、現実の「モノ」と「バーチャル」な世界をシームレスに結びつけた、新たな消費者サービスの展開を促すものです。
なお、NECでは、5月13日~15日に東京ビッグサイトにて実施される「第四回RFIDソリューションEXPO」において、RFIDマルチリーダライタならびにBitGateで提供するアプリケーションサービス事例を展示予定です。

今回発表した製品の特長は、以下の通りです。

1.PaaS型プラットフォームサービス「BitGate」

利用者が、RFIDタグをリーダライタにかざすだけでサービスが実現できるアプリケーションを構築できる、PaaS型プラットフォームサービス。なお、本サービスの基盤には、当社のSaaS基盤サービス「RIACUBE/SP(リアキューブエスピー)」(注2)を採用している。

  • 【IDハンドリング】※特許出願中:リーダライタからの大量トランザクションをお客様APサーバに効率よくハンドリングするため新たなサーバシステムを開発。大量なアップロード情報を数百件/秒~数万件/秒で高速処理する性能を実現。処理情報の規模に応じて性能を柔軟にアップグレードする構成を採用し、最適な価格でのサービス提供を可能とした。
  • 【IDセキュリティ管理】※特許出願中:あらかじめタグ内のIDを暗号化し、サーバで復号化するセキュリティシステムを採用。利用者の個人情報と紐付く機密性の高い情報などのセキュリティを担保する。またタグのスキミングや偽造による悪用を抑止するとともに、利用者はIDやパスワード、個人情報などを何度も入力することなく、タグをかざすだけで安全・安心かつ簡単にサービスを利用することが可能となる。
  • 【端末管理】:リーダライタの状態監視やファームウェア、タグプロトコルのオンラインアップデートなど、端末の遠隔一括管理を実現する様々なサービスを提供する。
  • 【その他】:RFIDデータ以外に、QRコード、バーコード、無線センサ情報など、各種IDデータにも順次システム対応していく予定。
  • RFIDタグや各種端末、ネットワーク環境を含め、サービス提供企業が必要とする要素を垂直統合ソリューションメニューとして品揃えするとともに、当プラットフォームのインタフェースを公開し、RFIDマルチリーダライタを端末各社にオープンに提供していくことにより、様々なRFID機能搭載端末の開発や、業種を超えた画期的なアプリケーション開発を促進する。
  • サービス価格は、導入するマルチリーダライタ端末およびRFIDタグの数量、選択するサービスメニューに応じて設定する。

2.世界初、「RFIDマルチリーダライタ」※特許出願中

  • 世界初となる主要3周波数帯(13.56MHz、953MHz、2.4GHz)と全世界の計6種類の主要プロトコルに対応。現在、市場では、様々な周波数、プロトコルのRFIDタグが混在しているが、当製品の活用により、本リーダライタ1台で世界の主要RFIDタグへの対応が可能。また、本リーダライタのファームウェアをアップデートすることにより、新たなタグプロトコルへの対応が可能。
  • PCなどのUSBスロットに差し込んで利用する「USB型読取り装置」と各種端末に組込むための「組込みモジュール」を用意。
  • 量産価格は、1万個前提で「USB型読取り装置」および「組込みモジュール」ともに1万円(税別)以下を予定。
  • 今後、更なる小型化、低価格化を計画中。

なお、「BitGate」、「RFIDマルチリーダライタ」の提供イメージと詳細仕様は、別紙をご参照ください。

以上

(注1)

プロトコルとはRFIDタグとリーダライタを通信する手順のことであり、マルチリーダライタで現状通信可能なRFIDタグは、以下の通り。
□13.56MHz:
 ・I・CODE SLI(ISO/IEC15693)
 ・Tag-it HF-I(ISO/IEC15693)
 ・Mifare(ISO/IEC14443 TypeA)
 ・FeliCa(ISO/IEC18092)
□952~955MHz(UHF帯):
 ・EPC global Class1 Gen2(ISO/IEC18000-6 TypeC)
 ・μ-Chip Hibiki(ISO/IEC18000-6 TypeC対応)
□2.4GHz:
 ・μ-Chip(日立製作所の独自仕様)
 ・Intellitag(ISO/IEC18000-4)

(注2)

「RIACUBE/SP(リアキューブエスピー)」は、SaaS型アプリケーションの開発や運用に必要な基本機能・共通部品などを集約したSaaS基盤サービス。昨年10月より販売開始。

*

Mifare Ultralight:データ読取・書込対応
Mifare Standard:IDのみ読取
Mifare Desfire:IDのみ読取
FeliCa:IDmのみ読取

*

「BitGate」は日本電気株式会社の商標です。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC ユビキタスソリューション推進本部
IDハンドリングサービス事業グループ
Eメール: mRFIDrw@ubq.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.