ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NECの社会起業家育成の更なる強化について

NECの社会起業家育成の更なる強化について

2009年5月25日
日本電気株式会社

事業を通して社会や環境問題の課題解決を目指す「社会起業家」は、現在、若者たちを中心に急速に注目を集めていると同時に、社会や環境問題を解決する主体として、社会からの期待もますます高まっております。
NECは2002年度よりNPO法人ETIC.(注1)と協働で、若手社会起業家の育成プログラム「NEC社会起業塾」(注2)を通じて、社会起業家の育成に取り組んでまいりましたが、2009年度より下記2プログラムの強化/新規スタートにより、ますます期待される社会起業家の育成を、更に強化してまいります。詳細は以下の通りです。

NEC社会起業塾(強化プログラム)

2002年度にスタートした本プログラムは、NPO法人ETIC.とNECが協働で開催し、「食」「農業」「医療」「教育」「国際」等の社会的課題に取り組む若手社会起業家を支援するプログラムです。
主に事業開始直前直後の若手社会起業家を3-5名選考し、約半年間にわたり、先輩起業家やNEC専門家社員等よりアドバイスを受けながら、事業を加速させ、成長軌道にのせることを目指しており、これまでに、29団体の社会起業家を輩出してきました。
本プログラムにおきまして、2009年度より、次の3つのポイントを強化いたします。

<2009年度からの強化ポイント>

  1. 新規プログラムをスタート
    →社会起業家を目指す若者に対する教育機会をさらに充実させるための新規プログラム「次世代社会イノベータープログラム」(詳細は後述)をスタートいたします。
  2. 新たに横浜市がパートナーとして加入
    →新たに横浜市が加わり、NECやNPO法人ETIC.とともに若手社会起業家育成の支援を開始することになりました。横浜市は、地域の行政課題を解決する起業家を増やすことで、地域へのサポート充実を目指します。 新パートナー加入により、支援対象の若手社会起業家も4-7名(従来は3-5名)に増員されます。
  3. 「NEC社会起業塾」卒業後フォローアップを充実
    →「NEC社会起業塾」卒業生に対しまして、
    (ア)年次活動報告書作成費の一部支援(卒業後3年間)
    (イ)広報支援(卒業後1年間)
    の2つのフォローアップをスタートいたします。
    卒業生からのニーズが高いこれらのフォローアップを充実させることにより、卒業後もスムーズに事業が加速できるようにサポートいたします。

<「NEC社会起業塾」スケジュール(予定)>

6月3日(火) 募集スタート
7月1日(月) 募集〆切
7月17日(金) 第一次選考@NEC本社ビル(田町)
7月20日(月) ブラッシュアップミーティング@大橋会館(池尻大橋)
8月26日(水) 最終選考会@NEC本社ビル(田町)
9月3日(木)~4日(金) キックオフ合宿@大橋会館(池尻大橋)
11月19日(木)~20日(金) 中間合宿@未定
3月9日(火) 最終報告会@NEC本社ビル(田町)

次世代社会イノベータープログラム(新規スタートプログラム)

NECは、2009年度より「将来、日本および世界を変革する起業家・リーダーになりたい」という志を持った若者(大学生・大学院生・若手社会人等)を対象にした、日本で初めての実践型・本格派ソーシャルイノベーションリーダー育成プログラムを、NPO法人ETIC.とともにスタートします。
このプログラムは、次世代のソーシャルイノベーションの担い手を育成することを目的としています。具体的には、上記の若者より選抜された「アソシエイト」(本年度は5~6名)には、全国各地のソーシャルイノベーションの現場(=NEC社会起業塾卒業生の現場)で約半年間、現場リーダーとして、またNEC社会起業塾卒業生の右腕となってイノベーション創出(新規事業開発・拠点立ち上げ等)を担っていただきます。
プログラム期間中、専属コーディネーターによる随時メンタリングや先輩起業家・NEC社会起業塾卒業生等によるコーチング、さらに事前/中間トレーニング合宿研修や定例勉強会(月1回開催)等がアソシエイトを強力にサポートいたします。
また、このプログラムは、「アソシエイト」がNEC社会起業塾卒業生の現場で、新規事業を担う右腕的人材としての活躍が期待されることから、NEC社会起業塾卒業生へのフォローアッププログラムという意味合いも持っております。さらに、このプログラム卒業生が、将来的にNEC社会起業塾に参加し、NEC社会起業塾卒業後に、新たなアソシエイトを受け入れるといった、有機的なつながりも期待されます。

<「次世代社会イノベータープログラム」スケジュール(予定)>

6月上旬 募集スタート
7月上旬 募集〆切
7月上旬~中旬 内部選考会
7月中旬~下旬 受入団体(NEC社会起業塾卒業生)による面談
→アソシエイト決定
8月上旬 事前トレーニング<合宿>
8月上旬~2月下旬 ソーシャルイノベーションの現場(NEC社会起業塾卒業生の現場)でリーダーとしての実践経験、イノベーション創出
(・12月中旬:中間トレーニング<合宿>)
3月上旬 報告会

プログラム全体像

NECでは、今後も「NEC社会起業塾」や「次世代社会イノベータープログラム」などを通じて、多様な主体を巻き込んでいくことにより、ソーシャルイノベーションを実現できる社会起業家の更なる育成を支援してまいります。

以上

(注1) NEC社会起業塾

NPO法人ETIC.とNECが協働で開催し、「食」「農業」「医療」「教育」「国際」等の社会的課題に取り組む若手社会起業家を支援するプログラム(2002年~)。参加メンバーは、約半年間にわたり、NEC他、実績のある企業との協働や、実践経験のあるNECの専門家社員やベンチャー企業経営者等よりアドバイスを受けながら、社会的価値の追求だけでなく、持続発展可能な事業としての成果を上げていくことを目指します。
これまで29団体が卒業し、卒業生には、NPO法人フローレンス(※ハーバード・ビジネス・スクール・クラブ・オブ・ジャパンより「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」を最年少で受賞、ニューズウィーク「世界を変える100人の社会起業家」に選出)やNPO法人かものはしプロジェクト(※国際青年会議所世界大会にてTOYP賞『世界で最も傑出した若者賞』を受賞、日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー(リーダー部門)を最年少で受賞)等がいます。

(注2) NPO法人ETIC.

1993年、活動を開始。次世代を担う起業家型リーダーの育成・輩出を目的にし、起業家を志す若者に対し、様々な実践と成長の機会を提供するNPO。実践型インターンシップや社会事業に挑む若者支援などを実施。また、大学や地方自治体と連携し、プログラムを開発している。年間、約500名の20代若者にプログラムを提供。現在までに、約150名以上の起業家を輩出。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC CSR推進部社会貢献室 池田
電話:03-3798-9555
Eメール: s-ikeda@cw.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.