ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 「ビザタッチ(スマートプラス)」対応の食券販売機を開発

「ビザタッチ(スマートプラス)」対応の食券販売機を開発
各分野で強みをもつ7社が協力!東北自動車道「都賀西方PA(上り線)」に設置! ~NEXCO東日本のSA・PAで「ビザタッチ(スマートプラス)」利用が一段と加速!~

2009年5月28日
三菱UFJニコス株式会社
東日本高速道路株式会社
ネクセリア東日本株式会社
芝浦自販機株式会社
日本電気株式会社
サンデン株式会社
株式会社エム・ピー・ソリューション

三菱UFJニコス株式会社(東京・千代田、佐々木宗平社長)、NEXCO東日本(同、八木重二郎会長)、ネクセリア東日本株式会社(東京・港、窪寺克次社長)、芝浦自販機株式会社(同、田村昇社長)、日本電気株式会社(同、矢野薫社長、以下NEC)、サンデン株式会社(群馬県伊勢崎市、鈴木一行社長)、株式会社エム・ピー・ソリューション(東京・港、佐藤榮治社長)の7社は、NEXCO東日本のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)に非接触IC決済サービス「ビザタッチ(スマートプラス)」対応の食券販売機を設置することで合意、5月21日から東北道「都賀西方PA(上り線)」(栃木県下都賀郡都賀町)のスナックコーナーでサービスを開始しました。

今回の取り組みは、各分野で強みをもつ7社の協力で実現したもので、三菱UFJニコスは「ビザタッチ(スマートプラス)」精算業務、NEXCO東日本とネクセリア東日本はSA・PA管理・運営、芝浦自販機は食券販売機製造、NECは食券販売機に搭載するリーダライタ(読取・書込機)中核機器の提供および販売機と各電子マネー事業者を結ぶ後方システムセンターの提供、サンデンはリーダライタ開発・製造、エム・ピー・ソリューションは売上データ処理を、それぞれ担当します。

本サービスにより、「ビザタッチ(スマートプラス)」対応のカードや携帯電話を、食券販売機に搭載された「マルチマネー対応非接触ICカードリーダライタ」にかざすだけで、スピーディーにサインレスでのカード払いが可能となります。この結果、来店客は紙幣や硬貨の投入といった手間が省け、スムーズに食券を入手できます。運営側にとっても、釣銭準備や、硬貨管理といった業務の負荷軽減が期待される上に、単価アップや利用頻度の向上が見込めるなど、売り上げへの貢献も期待できるものです。関係各社では、今後、順次設置箇所を拡大する予定です。

なお、NEXCO東日本では、高速道路利用者の利便性向上を目的に、平成18年12月より「ビザタッチ(スマートプラス)」の取り扱いを開始、現在、SA・PA全182ヶ所の売店と33ヶ所83台の飲料自販機で利用可能となっています。また、「ビザタッチ(スマートプラス)」に対応したNEXCO東日本の会員カード「E-NEXCO pass(イーネクスコ パス)」を発行しています。

三菱UFJニコスとNEXCO東日本では、今回の取り組みで「ビザタッチ(スマートプラス)」の利用機会が拡大し、NEXCO東日本のSA・PAで「ビザタッチ(スマートプラス)」利用が一段と加速していくものと大いに期待しています。

以上

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.