ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 新型「地球シミュレータシステム」が世界最高の実行効率を達成

新型「地球シミュレータシステム」が世界最高の実行効率を達成 ~LINPACK性能で日本一を達成~

2009年6月4日
日本電気株式会社

新型「地球シミュレータシステム」

新型「地球シミュレータシステム」
(写真提供:海洋研究開発機構)

NECが独立行政法人海洋研究開発機構(理事長 加藤康宏、以下、海洋研究開発機構)に納入し、本年3月1日に稼動を開始した新型「地球シミュレータシステム」が、LINPACK(リンパック)ベンチマーク(注1)による性能測定において、122.4TFLOPS(テラフロップス、注2)の性能と実行効率(注3)93.38%を達成しました。

この結果は、性能においてTOP500(2008年11月発表)の順位で日本1位、世界16位の性能となるとともに、実行効率では世界1位の数値となるものです。

新型「地球シミュレータシステム」は、NEC製ベクトルスーパーコンピュータ「SX-9/E」160ノードから構成され、最大理論性能131TFLOPSを誇る大規模システムです。本ベクトルスーパーコンピュータのCPUは、稼動システムとして世界最高速となる1CPU性能(102.4GFLOPS)を有し、大規模共有メモリ、CPU-メモリ間の高速データ転送、及びノード間を接続する超高速ネットワークにより、世界1位の実行効率を実現しました。

当型「地球シミュレータシステム」は、その高い実行性能により、地球温暖化、大気や海洋の汚染、エルニーニョ現象、集中豪雨や台風の移動などの複雑な現象をより正確かつ迅速に把握し、より長期の予測を行うことが可能になりました。当システムは、日本の経済活動の発展や地球環境問題の解決、地殻変動、地震発生などの現象の解明への貢献が期待されています。

NECは、今後も引き続き実行効率の高いベクトル型スーパーコンピュータの開発を継続強化するとともに、スカラー型スーパーコンピュータやPCクラスタシステムも含めて最適なシステムをお客様に提供してまいります。

以上

(注1) LINPACK(リンパック)ベンチマーク

コンピュータの性能を測るプログラム。スーパーコンピュータの性能比較プログラム「TOP500 Supercomputer Sites」の標準ベンチマークとして採用されている。

(注2) テラフロップス

1テラフロップスは、毎秒1兆回の浮動小数点演算速度

(注3) 実行効率

システムの理論性能に対する実行性能の比

独立行政法人 海洋研究開発機構

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC HPC事業部
電話:042-333-6391
Eメール: info@hpc.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.