ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > Interop Tokyo 2009のBest of Show Awardでグランプリ受賞

NECのリモートアクセスVPNソフトウェア「SecureBranch VM-Edition」が
Interop Tokyo 2009の「Best of Show Award」
プロダクトアワード部門 ネットワークセキュリティ製品でグランプリを受賞

2009年6月11日
日本電気株式会社

SecureBranch VM-Editionに関する情報

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/sbranch-vme/


NECグループブース出展に関する情報

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/event/detail/interop/

幕張メッセにて開催中の、アジア最大級のネットワーク・コンピューティングイベント「Interop Tokyo 2009」(注1)で、NECのリモートアクセスVPNソフトウェア「SecureBranch VM-Edition(セキュアブランチ ヴイエムエディション)」が、「Best of Show Award」(注2)におけるプロダクトアワード部門 ネットワークセキュリティ製品でグランプリを受賞しました。

本年2月に発表した「SecureBranch VM-Edition」は、社外インターネットから安全に社内システムへ接続するリモートアクセスVPNソフトウェア(VPN仮想アプライアンス)です。仮想アプライアンス化することにより、短期間でのリモートアクセス環境の導入、ハードウェアリソースの有効活用を可能にしています。
仮想アプライアンスとは、特定のアプリケーションと専用に最適化されたオペレーティングシステムをあらかじめセットにし、仮想環境上で動作させるソフトウェアパッケージです。ファイル形式の仮想アプライアンスを仮想サーバ上にインポートするだけで、簡単に利用できることが特長です。

本アワードは、ネットワークに関する様々な製品、ソリューション、サービスの中から、もっとも優れたものを選ぶものです。このたびの受賞は、当社の優れた製品開発力が高く評価されたものと考えております。

以上

(注1)

Interop Tokyo 2009:
アジア最大級の300社を超える出展社が一堂に会するネットワーク・コンピューティングイベント。
今求められる最良のネットワーク環境を提示する「ShowNet」、注目テーマをピックアップする「パビリオン」、展示されている各種技術をより深く知るための「基調講演/コンファレンス」などから成る。
会場:幕張メッセ
会期:展示会は6月10~12日。コンファレンスは6月8~12日。

(注2)

Best of Show Awardに関する情報

SecureBranch VM-Editionに関する情報

NECグループブース出展に関する情報

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC ITプラットフォームマーケティング本部
(ソフトウェアお問い合わせ)
電話:03-3798-7177
受付時間:午前9:00~午後12:00、午後1:00~5:00 (土・日・祝日・NEC所定の休日を除く)
Eメール: contact@soft.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.