ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 省電力プラットフォームを活用した、SAPシステム最適化の共同検証を実施

NECとF5ネットワークスが、省電力プラットフォームを活用した
SAPシステムの最適化について共同検証を実施 ~サーバからネットワークまでシステム全体を最適化し、
62%の省電力化と運用の効率化を実現~

2009年6月15日
日本電気株式会社
F5ネットワークスジャパン株式会社

日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:矢野 薫、以下 NEC)とF5ネットワークスジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:長崎 忠雄、以下 F5)は、NECの省電力サーバ「Express 5800/ECO CENTER」および統合運用管理ソフトウェア「WebSAM」と、F5のアプリケーション・デリバリ・コントローラ「BIG-IP Local Traffic Manager(以下BIG-IP LTM)」より構成された、SAPシステムの最適化について共同検証を実施しました。

このたびの検証により、NECとF5は、省電力プラットフォームを活用したSAPシステムの62%の省電力化と運用の効率化を実現しました。
両社は今後、SAPシステムのユーザを対象に、サーバからネットワークまでシステム全体の最適化を検証したシステムを提供してまいります。

昨今のERPシステムにおいては、業務の多様化や他システムとの連携による、肥大化・運用の複雑化が課題となっています。さらに、これらに起因したシステムの消費電力や管理者の負担も、増加傾向にあります。

これらの課題解決に向け、今回、システムの負荷状況に応じて最適なサーバ台数で業務を遂行するSAPシステムを検証致しました。
本検証では、NECの「Express 5800/ECO CENTER」上にSAP ERPのアプリケーションサーバを構築し、SAPシステム利用者のアクセスを「F5 BIG-IP LTM」で負荷分散する構成としています。各アプリケーションサーバにかかる負荷をNECの統合運用管理ソフトウェア「WebSAM」で監視し(注1)、サーバリソースを割り当て、更にその構成変化を「BIG-IP LTM」へ通知し、その時々の構成に応じてシステム負荷を平準化する事により、最適なシステム構成による業務遂行を実現しています。

本検証の特長は以下のとおりです。

1.SAPシステムにおける省電力プラットフォームを実現

今回の検証では、NECの省電力サーバ「Express 5800/ECO CENTER」の採用、統合管理ソフトウェア「WebSAM」によるサーバリソースの最適化、「BIG-IP LTM」によるシステム負荷の平準化により、常時、全サーバを稼動させておく必要がなく最小限のシステム規模での運用が可能です。これにより、通常のラックタイプサーバを使用し、且つ高負荷時に必要な構成で運用する場合と比較して62%の省電力化およびCO2削減を実現しています。また、負荷のピーク時が異なるシステム間でのリソース共有も可能であり、データセンター内におけるサーバ台数の最適化も図れます。

2.構成変更の自律化による運用の簡素化とオペレーションミスの排除

負荷状況に応じたシステム構成の変更は、予め「WebSAM」に設定したポリシーに準じて行われるため、システム特性に応じた運用が可能です。サーバあるいはアプリケーション障害時の対処をポリシーに盛り込むことで、SAPシステム自体の監視に加えてサーバの障害(HW、SW)を含めたトータルな運用が可能となります。このように、システム動作を予めシナリオ化することで自律的な動作が可能となり、障害発生時には迅速に対応できます。また、手作業を極力排除することで、オペレーションミスも回避できます。

NECは、2009年6月末日には同社のホームページに検証結果を公開し、SAP社の共同検証センター「COIL Tokyo」で開催されるセミナーでも紹介する予定です。両社は今後も、最適構成のSAPシステムを提案し、導入企業の消費電力削減と運用の簡素化に貢献するソリューションを提供してまいります。


SAPは、このたびのNECとF5による省電力プラットフォームの提供を歓迎します。
異機種混在環境のなかで、両社のソリューションがSAP ERPプラットフォームにおいて高い処理能力と消費電力削減という相反する目標を同時に達成できた検証は、日本国内の多くのSAPユーザから高く評価されるものと確信しています。また、COIL Tokyoでの検証成果により、今後さらに深い連携ソリューションの検証を実施できることを期待しています。

SAPジャパン株式会社
代表取締役社長兼CEO
ギャレット・イルグ


以上

(注1)

仮想環境上の各アプリケーションサーバにかかる負荷をプラットフォーム管理ソフト「WebSAM SigmaSystemCenter」で監視し、統合管理ソフト「WebSAM MCOperations」がその増減に応じてリソースプールのサーバ構成をポリシーに沿って変化させます。更に構成の変化をネットワーク管理ソフト「WebSAM NetvisorPro V」が「BIG-IP LTM」へ通知し、その時々の構成に応じて負荷を均等化する事により、負荷に応じた最適構成での業務遂行を可能としています。

*

記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC ITプラットフォームマーケティング本部
SAPプラットフォームビジネス推進センター
Eメール: sapbd-all@itpf.jp.nec.com

F5ネットワークスジャパン株式会社
F5 First Contact
電話:03-5114-3210
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.f5networks.co.jp/fc/

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.