ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 複数の電子マネー決済を実現する省スペースタイプの新リーダライタ端末を発売

複数の電子マネー決済を実現する省スペースタイプの新リーダライタ端末を発売 ~吉野家が東エリア700店舗に先行導入を予定~

2009年6月24日
日本電気株式会社

マルチサービスリーダライタ端末「MS-RW」

マルチサービスリーダライタ端末「MS-RW」

NECは、複数の電子マネーによる決済を実現し、各電子マネーに対応する機能をオンラインで追加搭載できる「マルチサービスリーダライタ・システム」において、省スペースタイプのマルチサービスリーダライタ端末(以下 リーダライタ端末)「MS-RW」を開発し、本日より販売を開始します。
新製品は、株式会社吉野家(注1)がWAON(注2)対応として先行的に導入を決定しており、2010年度に東日本エリア700店舗への展開を予定しています。

「マルチサービスリーダライタ・システム」は、(1)コンビニエンスストア・スーパー・自動販売機などに設置されるリーダライタ端末、および、(2)各リーダライタ端末と各電子マネー事業者を結ぶ後方システムセンターで構成されています。流通・サービス事業者等のリーダライタ端末設置者は、センターから様々な電子決済アプリケーションをオンライン(ネットワーク経由)でダウンロードすることで、取り扱う電子マネーを自由に選択し、リーダライタに追加搭載することが可能です。

新リーダライタ端末「MS-RW」は、店舗等に設置される“POS外付け型”の従来端末をコンパクトにしたものです。設置スペースを従来機(注3)比約50%縮小した国内最小クラスの大きさで、斬新なデザインとなっています。また、これまで、消費者が利用したい電子マネーを支払い時に選択するには、POSにカスタマーディスプレイ等を実装し、そのディスプレイ上で消費者が選択操作をする必要がありました。新端末は電子マネー選択ボタンを標準実装しているため、POSにカスタマーディスプレイを実装していなくとも、新端末の導入のみで、消費者が利用する電子マネーを選択することが可能となります。

NECは「MS-RW」を含めた店舗設置タイプのリーダライタ端末について、2012年度までに5万台の販売を目指しています。

「MS-RW」の特長は以下のとおりです。

1.省スペース

設置面積は従来機比で約50%(幅88mm×奥行128mm×高さ173mm)であるため、狭いカウンタスペースでも場所をとらず、利便性を向上。

2.電子マネー選択ボタンを標準搭載

電子マネーカードや携帯電話をかざす面に、電子マネー選択ボタンを配置。消費者自身がどの電子マネーで決済するか、そのボタンで選択が可能。

3.複数の電子マネーに対応

プリペイド/ポストペイ含め、最大8種類のサービスを同時に搭載することが可能。

4.スタイリッシュなデザイン

白と黒の美しい色調(清潔感あふれるホワイトカバーと、高級感を醸し出すブラックボディ)で、店舗のイメージアップ効果も期待できる。

現在、電子マネーの市場規模は約1兆円(2008年時点、注4)、その種類も10種類以上あり、2013年には3兆円(注4)規模まで拡大すると予想されています。しかし、店舗で利用できる電子マネーがリーダライタ端末の機種に依存する場合があり、流通・サービス事業者においては、消費者のニーズに合った複数の電子マネーへの対応に加え、店舗の有効活用に向けて端末設置スペースを小さくしたいといったニーズも高まっていました。このたびの新製品は、複数の電子マネー対応と省スペースを両立するものであり、昨今の顧客ニーズに対応するものであります。

NECは今後も、サービス事業者や電子マネー事業者と連携し、「マルチサービスリーダライタ・システム」で利用可能な電子決済やポイントサービスなど各種サービスや利便性の高いリーダライタ端末を順次開発していきます。また、この「マルチサービスリーダライタ・システム」を、サービス提供の基盤システム(サービスプラットフォーム)の1つと位置づけ、一層の事業強化を進めていきます。

以上

(注1)

本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出射孝次郎

(注2)

「WAON」はイオン株式会社の登録商標です。

(注3)

「マルチサービスリーダライタ」N8384シリーズ

(注4)

出典:矢野経済研究所『おサイフケータイ市場の現状と将来展望』

*

文中に表記されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC iマーケティング・ペイメントソリューションセンター
電話:03-6436-3401
Eメール: info@imap.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.