ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 主要RFIDタグに対応可能の世界初「RFIDマルチリーダライタ」搭載KIOSK端末などを製品化 > 別紙

主要RFIDタグに対応できる世界初「RFIDマルチリーダライタ」搭載
KIOSK端末など5機種を製品化 ~PaaS型プラットフォームサービス「BitGate(TM)」対応端末をラインアップ~

2009年6月30日
日本電気株式会社

【別紙2】PaaS型プラットフォームサービス「BitGate(TM)」

利用者が、RFIDタグをリーダライタにかざすだけでサービスが実現できるアプリケーションを構築できる、PaaS型プラットフォームサービス。本サービスの基盤には、当社のSaaS基盤サービス「RIACUBE/SP(リアキューブエスピー)」(注1)を採用。

【IDハンドリング】※特許出願中

リーダライタからの大量トランザクションを顧客のAPサーバに効率よくハンドリングするための新たなサーバシステムを開発。大量なアップロード情報を数百件/秒~数万件/秒で高速処理する性能を実現。処理情報の規模に応じて性能を柔軟にアップグレードする構成を採用し、最適な価格でのサービス提供を可能とした。

【IDセキュリティ管理】※特許出願中

あらかじめタグ内のIDを暗号化し、サーバで復号化するセキュリティシステムを採用。利用者の個人情報と紐付く機密性の高い情報などのセキュリティを担保する。またタグのスキミングや偽造による悪用を抑止するとともに、利用者はIDやパスワード、個人情報などを何度も入力することなく、タグをかざすだけで安全・安心かつ簡単にサービスを利用することが可能となる。

【端末管理】

リーダライタの状態監視やファームウェア、タグプロトコルのオンラインアップデートなど、端末の遠隔一括管理を実現する様々なサービスを提供する。

【その他】

RFIDデータ以外に、QRコード、バーコード、無線センサ情報など、各種IDデータにも順次システム対応していく予定。RFIDタグや各種端末、ネットワーク環境を含め、サービス提供企業が必要とする要素を垂直統合ソリューションメニューとして品揃えするとともに、当プラットフォームのインタフェースを公開し、RFIDマルチリーダライタを端末各社にオープンに提供していくことにより、様々なRFID機能搭載端末の開発や、業種を超えた画期的なアプリケーション開発を促進する。
サービス価格は、導入するマルチリーダライタ端末およびRFIDタグの数量、選択するサービスメニューに応じて設定する。

(注1)

「RIACUBE/SP(リアキューブエスピー)」は、SaaS型アプリケーションの開発や運用に必要な基本機能・共通部品などを集約したSaaS基盤サービス。昨年10月より販売開始。

「BitGate(TM)」は日本電気株式会社の商標です。

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.