ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 主要RFIDタグに対応可能の世界初「RFIDマルチリーダライタ」搭載KIOSK端末などを製品化

主要RFIDタグに対応できる世界初「RFIDマルチリーダライタ」搭載
KIOSK端末など5機種を製品化 ~PaaS型プラットフォームサービス「BitGate(TM)」対応端末をラインアップ~

2009年6月30日
日本電気株式会社

RFIDマルチリーダライタ(USB型読取り装置)
RFIDマルチリーダライタ
(USB型読取り装置)
Gate Terminal(小型モデル)
Gate Terminal
(小型モデル)
7型パネルコンピュータ(コンパクトモデル)
7型パネルコンピュータ
(コンパクトモデル)
12型パネルコンピュータ(据置型モデル)
12型パネルコンピュータ
(据置型モデル)
Simple KIOSK(設置型モデル)
Simple KIOSK
(設置型モデル)

NECはこのたび、主要RFIDタグに対応可能な「RFIDマルチリーダライタ」および「RFIDマルチリーダライタ端末」5機種を製品化いたしました。世界初(注1)となる主要3周波数帯(13.56MHz、953MHz、2.4GHz)、6種類の主要プロトコル(注2)に対応したことにより、企業や消費者は、利用するタグの種類を意識する必要なく、RFIDを活用することが可能となります。

NECは今後、情報家電メーカや通信事業者、流通/サービス業者、自動車メーカとのサービス開発連携や、RFIDタグベンダー・外部端末メーカ等との組み込み連携などを進めて、新端末、BitGate(TM)による業種を超えた新しいRFIDサービス提供を加速していきます。

新端末の概要、出荷時期は以下のとおりです。

1.RFIDマルチリーダライタ(USB型読取り装置)

小型・軽量でありながら、3周波数帯(13.56MHz、953MHz、2.4GHz)、計6種類のプロトコルに対応。PCなどのUSBスロットに差し込んで手軽に利用可能。

  • 2009年10月より出荷開始
  • 希望小売価格は、19,800円(税別)

2.Gate Terminal(小型モデル)

RFIDタグ読み取りに特化した小型モデル。本端末はLAN接続のため、距離を気にせず制御PCと接続可能。店舗のポイントカード読み取りや、入退出管理などに最適。

  • 2010年2月より出荷開始予定
  • 希望小売価格は、49,000円(税別)

3.7型パネルコンピュータ(コンパクトモデル)

7型WVGA液晶タッチパネルディスプレイを装備し、狭い場所にも設置可能で700gと軽量な省スペースモデル。フラッシュによる電子POPの専用端末として使用可能。
(*注)電子POP以外の用途で使用の場合は、実際の使用用途で確認が必要。カスタマイズ等については有償で対応。

  • 2010年1Qより出荷開始予定
  • 希望小売価格は、129,000円(税別)

4.12型パネルコンピュータ(据置型モデル)

12.1型タッチパネルディスプレイ一体型の卓上据置型モデル。商品検索、在庫管理、会員向けサービス端末として最適。

  • 2009年11月より出荷開始予定
  • 希望小売価格は、286,000円(税別)~

5.Simple KIOSK(設置型モデル)

15型タッチパネルディスプレイや、レシートプリンタを搭載した自立設置型の多機能モデル。磁気カード、二次元コードなど各種I/O機器の選択組み合わせにより、商品検索、申し込み、各種サービス券、ポイントの発行など多彩な顧客サービスに対応。

  • 2009年11月より出荷開始予定
  • 希望小売価格は、490,000円(税別)~

RFIDタグは、世界中の様々な業界での本格採用が進み、技術革新と量産効果による価格低下が確実に進んでいます。この結果、RFIDタグの価格は、今後、更に低下すると想定されており、従来のバーコードや磁気カードによるID管理の代替として、注目度が高まっています。一方、RFIDタグを「かざす」だけで読み書きするリーダライタ装置が小型・軽量・低価格化されれば、店舗や施設に置かれるPOSやPOP端末等に組み込み可能となるほか、消費者が所有するPC、TV、ケータイ、ゲーム機等への組み込みも可能となり、RFIDの利用領域は、これまでの物流・商品管理から、企業と消費者が直接繋がるCRMの分野へと一気に拡大することが見込まれています。こうした新たなユビキタス時代のニーズに対応するサービスプラットフォームとして開発されました。NECでは、新端末とBitGate(TM)との連携により、様々な業種におけるRFIDを使った新たな消費者サービスを提案していきます。

新端末と「BitGate」の概要と提供イメージは、別紙をご参照ください。

以上

(注1)

2009年6月時点弊社調べ

(注2)

プロトコルとはRFIDタグとリーダライタを通信する手順のことであり、マルチリーダライタで現状通信可能なRFIDタグは、以下の通り。
□13.56MHz:
 ・I・CODE SLI(ISO/IEC15693)
 ・Tag-it HF-I(ISO/IEC15693)
 ・Mifare(ISO/IEC14443 TypeA)
 ・FeliCa(ISO/IEC18092)
□952~955MHz(UHF帯):
 ・EPC global Class1 Gen2(ISO/IEC18000-6 TypeC)
 ・µ-Chip Hibiki(ISO/IEC18000-6 TypeC対応)
□2.4GHz:
 ・µ-Chip(日立製作所の独自仕様)
 ・Intellitag(ISO/IEC18000-4)
□動作条件
 アンテナ中心真上の筐体表面より、半径10mm以下の半球状内に「タグ中心点」がある場合の動作を想定しています。
 ※タグ中心点は、「RFIDタグ及びRFIDカードのアンテナ中心点」のこと。
 ※タグの種類や周囲の電波環境等により、読取/書込性能は影響を受ける事があります。
 ※運用検討時に、読取/書込可能なタグか別途お問い合わせ下さい。

新端末に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 応用ワークステーション事業部
電話:042-333-1494
Eメール: BG-info@aws.jp.nec.com

BitGateソリューションに関するお客様からの問い合わせ先

NEC ユビキタスソリューション推進本部
IDハンドリングサービス事業グループ
Eメール: mrfidrw@ubq.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.