ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > マイクロソフトと「Windows Server 2008 R2」による仮想化環境の提供で協業

マイクロソフトとNECが「Windows Server(R) 2008 R2」による仮想化環境の提供で協業 ~クライアントからデータセンターまで幅広く容易に仮想化環境を構築~

2009年9月8日
マイクロソフト株式会社
日本電気株式会社

マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役 社長:樋口泰行、以下 マイクロソフト)と日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:矢野薫、以下 NEC)は、マイクロソフトの最新サーバーオペレーティングシステム「Microsoft(R) Windows Server(R) 2008 R2」(以下、「Windows Server 2008 R2」)をベースとした仮想化環境の提供に関する協業に合意しました。

両社は今回の合意に基づき、「Windows Server 2008 R2」とNECの国内IAサーバ(注1)シェア13年連続No.1(注2)の「Express5800シリーズ」、統合運用管理ソフトウェア「WebSAM(ウェブサム)」、および仮想PC型シンクライアントシステム「VirtualPCCenter(バーチャルPCセンター)」を組み合わせ、クライアントからデータセンターまで幅広く容易に仮想化システムを構築するソリューションを本年10月より順次提供します。

また、両社は、共同で「Windows Server 2008 R2」を活用した仮想化ソリューションセミナーや、認定技術者の育成施策、および販売店でのSE育成などを実施していきます。

このたびの協業のポイントは、以下の通りです。

  1. 「Windows Server 2008 R2」に対応したサーバ製品をいち早く市場投入
    マイクロソフトとNECは、長年に亘る緊密な協力関係に基づき、「Windows Server 2008 R2」と「Express5800シリーズ」の組み合わせ検証を共同で実施するとともに、その検証結果に基づき、NECは対応するサーバ製品をいち早く市場に投入します。まず本年10月より、データセンターでの導入が進むラックサーバでの対応からスタートし、順次、対応する製品ラインナップを強化/拡充していきます。

  2. NECの仮想PC型シンクライアントシステムの「Hyper-V(TM) 2.0」対応
    NECは、「VirtualPCCenter」を「Windows Server 2008 R2」に搭載されている、仮想化テクノロジ「Hyper-V 2.0」、「Live Migration」(注3)などに対応させることにより、仮想PCの最適配置や障害予兆検知、自律復旧などが可能になります。なお、「Hyper-V2.0」に対応した「VirtualPCCenter」は、本年12月末の出荷を予定しています。

  3. 統合運用管理ソフトウェアとの連携
    両社は、「Hyper-V 2.0」とNEC製品の連携強化の一環として、NECは「Hyper-V 2.0」対応の「WebSAM SigmaSystemCenter」を本年12月末より提供開始する予定です。これにより、企業ユーザーは、「Hyper-V 2.0」による仮想環境と「Windows Server」による実サーバが混在する環境について一元的な管理と障害時の自動対応や負荷平準化等の自律運用が可能になります。また、「WebSAM SigmaSystemCenter」とマイクロソフトの運用管理製品である、「System Center」との連携も強化していきます。

  4. 共同セミナー開催や人材育成施策の実施
    両社は、「Windows Server 2008 R2」を活用した仮想化環境の普及に向け、「Hyper-V仮想化ソリューションセミナー」(注4)を順次開催します。また、NECにおける「Windows Server 2008 R2」に対応可能な認定技術者を育成し、最新のサーバOSでのシステム提案の促進を図ります。さらに、NECの販売代理店のSE技術者への仮想化技術の普及、促進を図るため、「Express5800 プラットフォーム仮想化技術認定制度」を9月末より開始します。

本日の発表は、本年7月2日のマイクロソフトとNECにおける、ソリューション事業での協業拡大の発表(注5)に基づくものであり、協業の柱の1つである仮想化ソリューション領域での具体的な成果となります。両社は本協業により今後とも密接に連携し、お客様に最適な仮想化ソリューションの提供をしていきます。

以上

(注1)

インテルアーキテクチャ(IA)をベースとしたサーバ

(注2)

1996~2008暦年国内x86サーバ(出荷台数、出荷金額) 出典:IDC Japan

(注3)

Live Migration
「Hyper-V 2.0」の機能の1つであり、仮想マシンを止めずに物理マシン間移動を実現する機能。

(注4)

Hyper-V仮想化ソリューションセミナー
9月17日13時30分からNEC本社ビルB1で開催。詳細は下記URLを参照。
参加希望者は、下記からお申し込みください。

(注5)

「NECとマイクロソフトが、ソリューション事業での協業を拡大」

*

記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

「Windows Server 2008 R2」について

「Hyper-V 2.0」について

IAサーバ「Express5800シリーズ」について

仮想PC型シンクライアントシステム「VirtualPCCenter」について

プラットフォーム統合管理ソフトウェア「WebSAM SigmaSystemCenter」について

本件に関するお客様からのお問い合わせ

マイクロソフト
カスタマーインフォメーションセンター
電話:0120-41-6755

NEC
ファーストコンタクトセンター
電話:03-3455-5800

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.