ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 「REAL IT PLATFORM Generation2」の発表

クラウド・コンピューティングを支えるITプラットフォームビジョン
「REAL IT PLATFORM Generation2」の発表について

2009年10月8日
日本電気株式会社

「REAL IT PLATFORM Generation2」の詳細について

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/realit/

「WebSAM Invariant Analyzer」の詳細について

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/WebSAM/Invariant_Analyzer/

NECは、本日、クラウド・コンピューティング(注1)を支える次世代IT基盤の実現に向け、ITプラットフォーム製品の開発指針および製品強化計画を策定し、「REAL IT PLATFORM Generation2(リアル・アイティ・プラットフォーム・ジェネレーション・ツー)」として発表いたします。

NECは、2006年7月にITプラットフォームビジョン「REAL IT PLATFORM」(注2)を発表し、当指針に沿って、「柔軟」、「安心」、かつ「快適」なIT基盤を実現する製品群を提供してまいりました。NECがこのたび発表した「REAL IT PLATFORM Generation2」は、従来ビジョンをさらに進化させ、今後、クラウド・コンピューティングによって変化する企業のビジネスニーズに的確に対応することを目的として策定したものです。

NECは、当ビジョンに基づいて策定した今後3年間の製品強化計画に沿って、新製品を順次、提供してまいります。主なターゲットとしては、クラウド・コンピューティング時代に向けて、データセンター構築を検討している企業や官公庁、データセンター事業者などを想定しております。

企業のクラウド・コンピューティングへの期待が高まる中、クラウド指向のデータセンターのIT基盤に対しては、安心・安全なサービス提供を可能とする堅牢性が求められるとともに、大容量データを高速に処理する性能の高さや急激な負荷変動への柔軟な対応、さらに仮想化技術を活用し、データセンターに大量に集約されるサーバ/ストレージを効率的に運用することなどが必要になります。

当社が「REAL IT PLATFORM Generation2」で強化する領域は、以下の通りです。

  1. 「高効率インフラストラクチャ」
    電力効率、利用効率、設置効率の高いサーバ、ストレージ、ネットワーク、およびデータセンター全体の省電力を実現するファシリティから構成され、堅牢かつ安心なIT基盤を提供する。
  2. 「サービス実行基盤」
    既存のアプリケーションのクラウド環境へ移行、新規のサービスの構築、および安心で安全なサービスの提供を迅速に行う。
  3. 「システムサービス管理」
    クラウド指向サービスの実行状況とそれを支える高効率インフラストラクチャの可視化および制御を行い、安定したサービスを実現する。

製品強化計画の第一弾として、下記を製品化し、本日より販売活動を開始いたしました。

  • システム性能分析ソフトウェア「WebSAM Invariant Analyzer」
    • 「システムサービス管理」領域の強化として、NECの統合運用管理ソフトウェア「WebSAM」をバージョンアップ(Ver.8)し、その中核製品として、障害解析/対応の迅速化を実現するシステム性能分析ソフトウェア「WebSAM Invariant Analyzer」(ウェブサム・インバリアント・アナライザ)を製品化。本年10月20日より出荷開始。
    • 当製品は、NECの独自分析技術により平常時に学習・モデル化したシステムの「性能情報間に存在する不変関係(Invariant)」の崩れから、エラーメッセージとして現れない性能劣化(サイレント障害)の検知・原因の特定を可能とする。
    • 当製品の導入により、性能劣化の原因究明および対策に要する時間を最大90%短縮(注3)可能。
    • 販売価格は、下記の通り。
      製品名 希望小売価格(税別) 概要
      WebSAM Invariant Analyzer
      For Windows
      1,000万円 マネージャ(分析エンジン)+管理コンソール+カウンタライセンス(5000カウンタ(*)
      WebSAM Invariant Analyzer
      1000カウンタ追加ライセンス
      50万円 追加分のカウンタライセンス(1000カウンタ(*))追加ごとに必要。

      (*) カウンタ:Invariant Analyzerで分析を行う対象の性能要素(例:CPU使用率、メモリ使用量、ディスク使用量等)
    • 製品概要は、別紙1を参照。

また、データセンター・ネットワークを効率化する下記製品を2010年度末に製品化する予定です。

  • 「プログラマブルフロー・スイッチ/コントローラ」
    • OpenFlow(注4)を採用し、データセンターのネットワークを効率化する「プログラマブルフロー・スイッチ」および「プログラマブルフロー・コントローラ」(注5)を2010年度末に業界に先駆けて製品化を予定。
    • ルーターやスイッチに内蔵されているパケット転送機能と制御機能を分離し、制御機能をサーバ上のソフトウェアに集約することにより、ネットワークの効率化を実現。お客様は、機器導入コストの削減や省電力化、省スペース化などのメリットを享受できる。
    • IPアドレスなどの情報からネットワークのトラフィックをフロー単位で可視化。通信経路の異常や通信品質の低下を検出し、故障箇所を特定し、トラフィックに応じてシステムをとめずにネットワーク経路に変更可能。お客様は、障害に強く安定したネットワークサービス供給の利用が可能となる。
    • システム構成のイメージは、別紙2を参照。

NECは、本年3月、自社内のみならず国内外の主要関係会社もカバーするクラウド指向の新基幹システムの構築を開始しました。当システムには「REAL IT PLATFORM Generation2」に基づいた技術が採用され、堅牢なクラウド・コンピューティング環境を実現します。NECは、自社での実践で培うノウハウも活用して、クラウド・コンピューティングに最適なIT基盤をお客様に提供してまいります。

NECは、ITとネットワークの更なる融合を推進し、新ビジョン「REAL IT PLATFORM Generation2」に基づいて、今後さらに加速するクラウド・コンピューティングを支える次世代IT基盤を提供してまいります。

なお、「WebSAM Invariant Analyzer」および「プログラマブルフロー・スイッチ/コントローラ」は、11月5日、6日に東京国際フォーラムで開催いたします「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2009」に展示予定です。
URL:http://www.nec.co.jp/uf-iexpo/

以上

(注1) クラウド・コンピューティング

企業や官公庁などがインターネット経由でデータセンターから必要な時に必要なソフトウェアやサービスを利用できる仕組み。

(注2)「REAL IT PLATFORM」

NECが2006年7月に発表したITプラットフォームビジョン。

(注3)

当社による試算。導入による効果は、適用するシステムの状況などにより異なる。

(注4)「OpenFlow」

OpenFlowコンソーシアム(下記URL参照)が規定している、プログラマブルフロー・スイッチとプログラマブルフロー・コントローラ間のインタフェース仕様。

(注5)「プログラマブルフロー・スイッチ/コントローラ」

ネットワーク系基盤技術の研究開発の一部として、NECが受託している総務省委託研究「セキュアクラウドネットワーキング技術の研究開発」プロジェクトの成果を利用する予定。

*

記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標。

「REAL IT PLATFORM Generation2」の詳細について

「WebSAM Invariant Analyzer」の詳細について

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC ITプラットフォームマーケティング本部 プロモーション統括グループ
TEL:03-3798-6497

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.