ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > NECクラウドプラザの開設について

NECクラウドプラザの開設について

2009年10月14日
日本電気株式会社

「NECクラウドプラザ」

「NECクラウドプラザ」

NECは、NEC本社ビル(東京都港区芝5丁目7-1)1階に、「NECクラウドプラザ」を本日開設しました。NECクラウドプラザは、NECが本年7月に提供開始した「クラウド指向サービスプラットフォームソリューション」(別紙)の具体的な提供内容について、同クラウドプラザ内に設置した端末から、国内外のデータセンターに接続した実環境を使用して、企業向けクラウド(エンタープライズクラウド)を体験することができる施設です。
NECクラウドプラザは、基幹システムの刷新やSaaS型サービスの導入を検討している経営者、CIO、IT部門などの企業ユーザを対象としています。

NECは本年3月、国内外の主要関係会社を含む自社経営システム(経理・販売・購買)の全面刷新を発表しました。この新経営システムの構築にあたっては、連結経営管理のスピードアップ・業務効率化・TCO削減を目的に、業務プロセスの抜本的改革を行っています。さらに、基幹業務をサービスとしてグループ内の各社各部門に提供するクラウド指向のサービス提供基盤を構築しています。
NECは、この自社経営システム構築実践で培うノウハウをいかしながら、顧客の業務プロセス改革からシステム提供・運用までをトータルに提供する「クラウド指向サービスプラットフォームソリューション」の販売を本年7月から開始しています。
NECクラウドプラザでは、「リアルなクラウドを実感!実際にものが見られる、体験できる」をコンセプトに、NECの経営システム改革の事例および、基幹業務から新事業/サービス早期立ち上げのためのSaaS提供例を紹介します。

NECクラウドプラザの展示内容は以下のとおりです。

【1】 NEC経営システム改革事例紹介・デモ
  グループ共通の経営基盤実現のため、業務プロセス改革(経理・販売・購買の業務プロセスの標準化・シンプル化)、IT改革を推進し、連結経営のスピードアップを図る取り組みを紹介。2010年4月に経理、2010年10月に販売・購買のシステムのサービスインを予定。本改革により、対象領域の間接部門費用を2012年度までに2割以上削減することが目標。
  (1) 業務デモ
    (1)-1 業務プロセス改革
企業経営の基盤となる経理、販売、購買という機能領域とSI、装置、量販、デバイスという事業領域ごとにガバナンスを効かせる責任者(プロセスオーナー)を置き、業務プロセスをシンプルに標準化。
    (1)-2 標準システム
標準化した業務プロセスを標準システムに実装。更に標準化した内容をグローバル標準テンプレートとしてまとめ、社内各部門と国内外の主要関係会社に適用。このシンプルなプロセスの実行により、業務の効率化を推進するとともに、国際会計基準対応への基礎作りや内部統制の強化を図る。
    (1)-3 経営情報の一元管理と見える化
統一された業務プロセスの実行に加え、グループ全体でのシステム統合化、データベースの統一化等により、連結ベースの事業状況をグローバルにリアルタイムで把握(見える化)できるようにし、より短期サイクルでの経営施策の展開を可能とする。
  (2) システム運用デモ(グローバル集中監視/運用)
運用の標準化、集中化、可視化、自動化を進めることにより、統合運用監視センターによるグローバル集中運用を行い、安心安全かつ高効率、高品質な運用の実現を図る。


【2】 SaaS型サービス紹介・デモ
  基幹システムのサービス型提供や、新領域の早期立ち上げを支援するサービスなど、SaaS型サービスを職場、日常、社会でのシーンを通して紹介。 資産を持たず、短期間に、運用業務からも開放されるSaaS利用のメリットを体感できる。
  (1) 基幹システム(ERP)デモ
    (1)-1 生産管理/工程管理
RFIDを活用した工程管理と生産・販売管理の連携により、実績情報をタイムリーに反映し、業務を効率化。
    (1)-2 人事・給与/勤怠管理
RFIDを活用した勤怠管理と人事・給与管理の連携により、業務効率化、情報の戦略的活用を実現。
  (2) 新領域サービスデモ
    (2)-1 デジタルサイネージ
個人や場所に応じた顧客への的確な情報提供サービスを実現。
    (2)-2 ECサービス
実店舗とECサイトとの連携により高度な顧客の囲い込みを図り、ビジネス機会を拡大する仕組みを提案。
    (2)-3 地域医療連携サービス
患者データを病院から持ち出すことなく、複数の病院間で診療情報を安全に共有。


【3】 安心・安全なNECのクラウド指向のサービス基盤を使用
  (1) 各種デモは、実際にデータセンターにアクセスすることにより実施。クラウドプラザに設置したPCを業務端末・運用監視端末として活用。
  (2) 高いMC(ミッションクリティカル)性が求められるものから、部門業務など、標準アプリケーション、SaaSアプリケーションなど、用途に適した2つのIT基盤(OMCS 基盤、汎用IT基盤(RIACUBE):別紙)を用意。
  (3) クラウド・コンピューティングを支える次世代IT基盤の実現に向けたITプラットフォーム製品の開発指針および製品強化計画「REAL IT PLATFORM Generation2」(別紙)による、「柔軟」「安心」「快適」なIT基盤を実現する製品群をクラウド指向のデータセンターに採用していく。
  (4) これらシステムやネットワークは、国内の統合運用監視センターでグローバルに統合監視、一元運用されるため、安心安全なエンタープライズクラウドサービス基盤としてユーザに提供。

近年、ネットワークがブロードバンドからNGN等の新たな環境へと進展し、同時に仮想化やセキュリティ関連の技術が進歩することで、既存のIT環境を越えた柔軟なITの利用が可能となっています。一方、企業等においては、IT投資の平準化やシステムのTCO削減のニーズが強まっており、IT資産を所有するのでなく、ネットワークを介して必要な機能をスピーディかつ柔軟に利用するというクラウド指向のサービス活用に関心が高まっています。NECは、今後もサービス事業の一層の拡大を進めてまいります。

以上

NECクラウドプラザに関するお客様からの問い合わせ先

NEC サービスプラットフォームシステム開発本部 事業企画グループ
電話:03-3798-8989
Eメール: contact@clpl.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.