ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > サービス実行基盤「WebOTX」の強化について

クラウド・コンピューティングを支える
サービス実行基盤「WebOTX」の強化について

2009年10月26日
日本電気株式会社

WebOTX 製品情報発信ホームページ

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/WebOTX/

NECは、このたび、クラウド・コンピューティング(注1)を支えるサービス実行基盤ミドルウェア「WebOTX」を強化し、「WebOTX V8.3」として本日から販売活動を開始致します。
今回発表した製品の強化のポイントは、(1)アプリケーションサーバ製品における運用性の向上とバッチ処理の効率化、(2)アプリケーション統合を容易に実現するサービスインテグレーション製品の強化、(3)仮想化環境に対応した新たなライセンス体系の導入であり、それぞれの特長は以下のとおりです。

(1)アプリケーションサーバ製品における運用性の向上とバッチ処理の効率化

  • 高可用/高信頼なサービスを実現するアプリケーションサーバ「WebOTX Application Server」において、複数台のサーバに対して一括で環境設定が可能な運用管理機能を新たに追加。仮想化などによりサーバ台数が増加した場合でも、設定ミスを軽減し運用性を大幅に向上する。
  • Javaバッチプログラムに対応したアプリケーション実行基盤「WebOTX Batch Server」を新たに製品化。オープンソースのSpring Batchフレームワーク(注2)を活用し、プログラムの起動性能を大幅に改善した。本製品は、ソフトウェア開発環境「SystemDirector(注3)」やジョブ管理ソフト「WebSAM JobCenter(注4)」とも連携し、Javaバッチシステムの開発から構築・運用までをサポートする。

(2)フロントエンドならびにバックエンドのアプリケーション統合を容易に実現

  • フロントエンドマッシュアップ基盤として、複数のシステムを1つのポータル画面に集約する企業情報ポータルソフトウェア「WebOTX Portal」を強化。国内主要ベンダで初となるポートレット(注5)の最新仕様(注6)への対応により、ポートレット間連携が強化され、業務システム連携が容易になる。またあわせて、同製品を活用したシステムにおける開発方法論を整備し、ポータルシステムの開発を効率化する。
  • バックエンドマッシュアップ基盤として、システム間連携を行うソフトウェア「WebOTX Enterprise Service Bus(以下、ESB)」を強化し、高度な経路制御を実現。これにより、負荷分散と連携先の切り替えが容易になり、連携するシステムの一部で障害が発生した場合でも速やかに代替システムへの切り替えが可能となり、耐障害性が向上する。

(3)仮想化環境に対応した新たなライセンス体系の導入

  • アプリケーションサーバ「WebOTX Application Server」において、物理サーバ単位でのライセンス体系を新設(注7)。仮想化により仮想サーバの台数やCPU/コア数が変動した場合でも、追加のライセンス料は不要となりライセンス費を従来比約64%(注8)削減できる。

NECは、「WebOTX」について、今後3年間で6万システムの導入を目指してまいります。

企業のクラウド・コンピューティングへの期待が高まる中、既存のアプリケーションのクラウド環境への移行、クラウド上のサービスを活用した新規サービスの構築を迅速に行うIT基盤が求められています。新製品は、10月8日に発表いたしました次世代ITプラットフォームビジョン「REAL IT PLATFORM Generation 2」(注9)に基づいたサービス実行基盤です。

なお、当製品は、本年11月5日(木)から6日(金)まで東京国際フォーラムで開催する「C&Cユーザフォーラム & iEXPO2009」に出展いたします。

「WebOTX V8.3」の主な製品の希望小売価格と出荷開始予定日は別紙をご覧下さい。

以上

(注1) クラウド・コンピューティング

企業や官公庁などがインターネット経由でデータセンターから必要なときにソフトウェアやサービスを利用できる仕組み。

(注2) Spring Batchフレームワーク

SpringSourceとAccentureが共同で開発したオープンソースのバッチ処理フレームワーク。

(注3) SystemDirector

NEC標準のソフトウェア開発環境。この中でJavaバッチ開発環境は、SystemDirector Enterprise V6.0、及びSystemDirector BATOOL V5.0が提供。

(注4) WebSAM JobCenter

大規模ミッションクリティカルシステムにおいて数多くの稼動実績を持つジョブ運用管理製品。

(注5) ポートレット

ポータルに組み込まれる個々の画面のこと。利用者の操作入力を受けて背後にあるWebアプリケーションへと要求を取り次いだり、処理結果の画面イメージを生成する。

(注6) Java Portlet Specification 2.0 (JSR 286)

Javaで記述されたポートレットに関する標準仕様。

(注7)

WebOTX Application Server V8.3に先行し、2010年1月5日に同V8.2の仮想サーバ専用ライセンスを出荷開始。価格は、【別紙1】を参照。

(注8)

2CPU、4コアの物理サーバ1台に仮想サーバ4つを集約し、2コアずつ割り当てた構成に対し、当社従来ライセンスを適用した場合との比較。詳細な条件に応じて、別途、個別見積もりが必要。

(注9) REAL IT PLATFORM Generation 2

クラウド・コンピューティングを支える次世代IT基盤の実現に向けて、NECが策定したITプラットフォームビジョン。

WebOTX 製品情報発信ホームページ

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 第二システムソフトウェア事業部
電話 03-3456-5692
(受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00 月曜日~金曜日(祝日を除く))

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.