ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > ヘルスケアソリューション事業を強化

ヘルスケアソリューション事業を強化 ~ヘルスケアソリューションを体系化、新たに3種のサービスも発売~

2009年10月27日
日本電気株式会社

NECのヘルスケアソリューション事業全般に関する詳細

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/healthcare/index.html

NECは、安全・安心な社会の実現に向け、これまでグループ内で培ったヘルスケア関連のノウハウを結集し、当事業への取組みを強化します。
これに伴い、企業・自治体・医療機関・個人を対象に提供してきたヘルスケアソリューションを体系化(別紙参照)するとともに、以下の3つのサービスを新たに開発し、本日より販売活動を開始します。

<新サービス>
(1) 企業向け健康管理支援システムをクラウド指向サービスプラットフォームのSaaS(注1)型で提供する「elegent-HC」(エレジェント エイチシー)
(2) プライバシーを保護しながら健康情報の高度な統計分析・活用を支援する「ヘルスケア情報匿名化サービス」
(3) ヘルスケア関連システムの安全性を維持する「セキュリティ・メンテナンスサービス」

新サービスの概要は以下のとおりです。

(1)健康管理支援サービス「elegent-HC」(SaaS型サービス)
  各種コストや運用負担を軽減しながら健康維持増進支援を進めたいという企業や団体のニーズに対応。従来からSI型で提供している健康管理支援システム「ADMETY-HR」(アドメティ エイチアール)に加え、「elegent-HC」の名称でSaaS型にて提供を開始。
■サービスで提供する基本機能:
・従業員がWeb画面から直接、健康診断の受診日の登録・変更や問診への回答を入力できる「定期健診準備機能」
・異常値の判定や再診対象者の抽出を自動的に行う「判定機能」
・健診結果や再診の通知を従業員に行う「健診結果通知機能」
・医療スタッフによる従業員全体の傾向把握や官庁への提出資料作成を支援する「統計・報告書作成機能」 など
■価格:月額50万円(税別、注2)から
■サービス提供開始時期:2010年4月

(2)「ヘルスケア情報匿名化サービス」(受託サービス)
  ヘルスケアに関連する情報(健診データや臨床研究データなど)に含まれる個人情報を匿名化する受託サービス。医療機関や保険者から委託された対象データを両者で合意した手順に基づいてデータを授受し、NECが独自の匿名化技術(ソフトウェア)を用いてセキュアな環境で個人情報を匿名化する。
これにより、ヘルスケア情報における個人の特定を防止しながら、同一個人のデータを経時的に把握することが可能となり、健康状態の追跡や維持向上の施策を立案するなど健康情報の活用を実現。
■価格:300万円(税別、注3)から
■サービス提供開始:2009年11月

(3)「セキュリティ・メンテナンスサービス」(オンサイトサービス)]
  日々発見される新たなWebシステム/プラットフォームへの攻撃手法や脆弱性に対応し、ヘルスケアや公共・医療分野のサービス・SI事業を強化することを目的に、NECは、本年1月にセキュリティ専門部隊「セキュリティ技術センター」を設立。
当センターから、セキュリティ面で最新の対策が求められるヘルスケアシステムの安全性を維持するための「セキュリティ・メンテナンスサービス」を提供。
本サービスでは以下2種類の診断メニューを用意している。
1) 「Webアプリケーション脆弱性診断」
Webシステムのデータベースに格納されている個人健康情報の搾取を狙った攻撃(SQLインジェクション)や新たに報告された攻撃など、Webアプリケーション特有の脆弱性について診断を行い、解決方法を提示。
■価格:100万円(税別、注4)から
■サービス提供開始時期:2010年4月
2) 「プラットフォーム脆弱性診断」
個人の健康情報が格納されているサーバへの攻撃を未然に防ぐため、OSのセキュリティパッチ適用状況、初期設定アカウント/パスワード使用状況、不要サービス起動状況など、サーバやネットワーク機器等の脆弱性について診断を行い、解決方法を提示。
■価格:30万円(税別、注4)から
■サービス提供開始時期:2010年4月

NECはこれまでヘルスケアソリューション事業領域において、電子カルテシステムをはじめとした医療情報ソリューション「MegaOak(メガオーク)シリーズ」や、地方公共団体の保健・介護・福祉業務を支援するソリューション「GPRIME(ジープライム)シリーズ」を中心に、ソリューションを提供してきました。
今後、健康・医療・介護/福祉の領域で管理されている個々人の情報をつなげ、個人の健康をトータルに把握することが実現された場合、医療機関や民間事業者による多面的な分析や質の高いサービス提供も可能となります。NECがこれまでに培ったノウハウを基に、ヘルスケア情報の「つなぐ」仕組み創りを支援していくことで、個人に適したきめ細やかで包括的なヘルスケアサービスを提供する社会の実現に貢献していきます。

尚、本内容は、11月5日から6日まで東京国際フォーラムで開催される「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO 2009」にて発表、一部サービスを展示します。

以上

(注1) Software as a Service

ソフトウェアの機能のうち、ユーザが必要とする機能だけを「サービス」として配布し利用できるようにした形態。

(注2)

基本機能のみの価格。導入・教育、オプション機能、回線費用などは別途必要。

(注3)

1,000件以上のデータがサービス対象。

(注4)

価格は対象システムの規模によります。

NECのヘルスケアソリューション事業全般に関する詳細

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 公共・医療ソリューション事業本部
イノベイティブサービスソリューション事業部
電話:03-5441-6088
Eメール: health@care.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.