ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 世界最高レベルの環境調和性を実現した難燃性バイオプラスチックを開発・実用化

世界最高レベルの環境調和性を実現した難燃性バイオプラスチックを開発・実用化 ~ビジネス向けパソコンをはじめNECの環境対応型製品に採用~

2009年11月4日
日本電気株式会社

エコシンボルスター制度とエコトップランナー製品

新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/eco/ja/product/eco_toprunner/

NECはこのたび、脱石油材料の活用とCO2排出抑制を目的として、独自の材料技術により植物由来の樹脂を75%以上配合(注1)するなど、世界最高レベルの環境調和性(注2)を実現した、難燃性バイオプラスチック「名称 Nucycle(TM):ニューサイクル」を開発し、実用化に成功しました。

本バイオプラスチックで実現した世界最高レベルの環境調和性は、以下の通りです。

  1. 有機成分中の植物成分率:
    ・75%以上(石油成分利用率:25%以下)

  2. ライフサイクルCO2排出量(LCA(注3)により算出):
    ・従来の石油系プラスチック(PC/ABS)の50%

  3. ハロゲン系難燃剤無添加で、高度な難燃性:
    ・UL規格V-0(1.8mm厚み)と他の良好な実用性を達成

NECでは、本バイオプラスチックを採用したビジネス向けパソコンを、2010年に商品化する予定です。
また、今後、本バイオプラスチックを、NECグループの環境配慮型製品「エコシンボルスター製品」(注4)に採用してまいります。

このたび実用化した難燃性バイオプラスチックは、花王株式会社の協力により開発したもので、技術ポイントは以下の通りです。

  1. 独自の難燃化技術(主にNECが開発)
    ハロゲンなどの環境安全性に懸念のある物質を使用せず、安全な土壌成分の水酸化アルミニウム系吸熱剤(2004年に開発)と、着火時に発泡化を促進(樹脂表面強化)する難燃助剤(今回開発)の併用によるポリ乳酸(注5)の難燃化技術を開発。電子機器の火災防止のための高度な基準を達成。

  2. 成形性の改良技術(主に花王が開発)
    ポリ乳酸の結晶促進剤を開発。ポリ乳酸の結晶化時間として、20秒80℃を実現し、成形時間の短縮化を実現。

  3. 添加剤の配合・分散技術(NECと花王が開発)
    特有な各種の添加剤(水酸化アルミニウム、難燃助剤等)を、ポリ乳酸中で均一に分散させ、さらに、ポリ乳酸との界面の密着性を強化する技術を開発(添加剤表面の改質、高分散化手法)。これにより、各添加剤の効果を大幅に向上させ、添加量も低減することによって、難燃性をはじめ様々な実用特性を同時に改善。

なお、NECは現在の家畜飼料用の穀物を主に利用しているバイオプラスチックに加え、将来への取り組みとして、今後、セルロースなどの非可食原料を利用するバイオプラスチックの開発も積極的に推進していきます。

近年、温暖化対策や石油資源枯渇対策に有効な植物原料のバイオプラスチックが注目されており、中でも量産化が進んでいるポリ乳酸(注5)は、繊維や食器などの一般製品に加え、電子機器や自動車などの耐久製品にも利用が開始されています。しかし、パソコンなどの形状加工が複雑な電子機器に広く利用するためには、耐熱性、強度、成形性などとともに、火災防止のため高度な難燃性を実現させる必要がありました。
そこで従来は、これらの実用特性に優れた石油原料の樹脂(ポリカーボネートなど)を主要な樹脂成分(全体の~70%)として用い、これにポリ乳酸と添加剤を混合する処方が採用されていたため、ポリ乳酸本来の高度な植物性(植物成分率:ほぼ100%)が大幅に低下し、さらにライフサイクルCO2排出量も増加していました。

これに対してNECでは、ポリ乳酸を主要な樹脂成分として用い、これに安全性の高い特有の添加剤を混合する独自の配合技術によって、電子機器用バイオプラスチック(ポリ乳酸複合材)しては最高レベルの植物成分率を保持し、さらにライフサイクルCO2排出量を大幅に低減しながら、耐熱性、強度などの実用特性の改善を進め、一部、携帯電話等に実用化してきました。
このたび開発・実用化した難燃性ポリ乳酸複合材は、最高レベルの環境調和性とともに、高度な難燃性と、良好な成形性(流動性、成形時間)や耐衝撃性などの実用特性を初めて両立したものです。

なお、NECは、今回開発した難燃バイオプラスチックを利用したパソコンを、2009年11月5日から6日まで東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催される「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2009」に参考出展します。

以上

(注1)

NECのバイオプラスチック基準:有機成分(樹脂および有機系添加剤)中、植物由来の樹脂を75%以上使用したプラスチック

(注2)

2009年11月4日現在、当社調べ。

(注3)

ライフサイクルアセスメント(Life Cycle Assessment)の略。材料を原料から製造し、さらに筐体を成形するまでに必要なエネルギーを火力発電から取得すると仮定した場合のCO2排出量で計算し評価。

(注4)

NECの環境配慮型製品に適用される「エコシンボル制度」よりもさらに上位となる制度。NEC並びに業界のトップランナーとなり得るハイレベルな基準を満足した製品にのみ付与。
(詳細HP:http://www.nec.co.jp/eco/ja/product/eco_toprunner/

(注5)

植物原料のバイオプラスチックの1種で、もっとも量産化が進んでおり、一部の電子機器でも実用化されているが、強度、耐熱性、難燃性などの実用特性の改良が課題。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC 環境推進部
電話:03-3798-6617(直通)
Eメール: info@eco.jp.nec.com

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.