ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 自然な言葉で入力した服の情報をもとに、大量の映像から特定の人物を検索できる技術を開発

自然な言葉で入力された服や顔の情報をもとに
大量の映像から特定の人物を発見できる、人物検索技術を開発

2009年11月4日
日本電気株式会社

NECはこのたび、自然な言葉を入力することで、多くの監視カメラによって蓄積された大量の映像の中から、服や顔の情報をもとに、特定の人物を高精度に発見できる人物検索技術を開発しました。

従来、服装をもとにする人物検索では、服の色として代表的な一色を指定するか、あるいは画像で指定する必要がありました。本技術は、例えば「茶色のジャケットに黒いズボン」のように、自然な言葉を入力するだけで、自動で人物の上下半身を分離し、それぞれの色や色の割合をもとに検索できます。
本技術は、例えば目撃情報や顔写真による犯罪捜査、迷子になった子供の捜索、施設利用者の足取り調査など、幅広い用途で利用できます。
また、特定の場所でどのような色の服を着ている人が多いかといった流行の分析にも用いることが可能で、服飾業界などでのマーケティングへの応用も期待できます。

このたび開発した技術の特長は、以下の通りです。

  1. 自然な言葉で入力した服の特徴をもとに人物を検索可能
    探したい人物の特徴に関する自然な言葉から、服の色や種類に関する単語を自動で抽出し、これを画像の特徴データに変換して検索。変換の際に、服の重ね着による色の割合の変化や、正面とそれ以外による色の見え方の違い、上下半身の服の違いにも考慮して特徴データを作成することで、より正確な検索が可能。

  2. 人物の向きや上下半身の服の色を判定することで、高精度な検索を実現
    人物の向きの判定には、顔の向きや服の対称性、人物領域の動きを利用。また、上下半身の服の色を判定するために、場所ごとに人物の見え方を事前に登録し、画像の特徴データの違いにより上下半身を分離。上下それぞれの服の色や色の割合を検出して判定することで、従来の服全体の色だけによる判定よりも高精度な検索を実現。

  3. 独自の顔認識技術との組み合わせにより、より高精度な検索を実現
    顔の向きや光の当たり方が異なる場合でも高精度な顔の検出・照合ができるNECの顔認識技術(注)も組み合わせ、顔画像と服装情報の両方を用いた高精度な検索を実現。

昨今、コンピュータの処理速度向上と長時間記録技術、高解像度の映像撮影技術などにより、監視カメラをはじめ、さまざまなシーンで映像を解析し活用する機会が増えています。また、これらのシーンで、蓄積された大量の映像から、高精度に人物を検索する必要性がますます高まっています。このたびの人物検索技術は、このようなニーズに応えて開発したものです。

NECでは今後も、これらの映像を活用する基盤技術・製品開発に積極的に取り組んでまいります。

なおNECでは、本技術を使った人物検索システムおよび認証技術を用いて人物の行動をリアルタイムに分析する人物追跡システムを、本年11月5日、6日に東京国際フォーラムで開催予定の「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2009」(別記参照)に出展予定です。


【参考】

「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO 2009」(11月5日(木)~11月6日(金))
 http://www.nec.co.jp/uf-iexpo/
展示:「画像解析で人物の行動履歴を見える化する行動モニタリングシステム」
 http://www.nec.co.jp/uf-iexpo/exhibition/?p=300&q=700
プレゼンテーション:「映像監視を中心としたフィジカルセキュリティの取組み」
(11月6日(金)15:40~16:10)
 http://www.nec.co.jp/uf-iexpo/presentation/


以上

(注)

同技術は、顔検出・顔照合を行うアプリケーションを作成するための開発キット「NeoFace(R)」で使われています。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 知的資産R&D企画本部 広報グループ
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/contact/

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.