ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > デジタルカメラによる動画撮影中にズームやオートフォーカスで発生する雑音を抑圧できる技術を開発

デジタルカメラによる動画撮影中に
ズームやオートフォーカスで発生する雑音を抑圧できる技術を開発

2009年11月18日
日本電気株式会社

NECはこのたび、デジタルカメラなどの映像記録用機器による動画撮影において、ズームやオートフォーカス時に、モーターなどの駆動により発生する雑音を抑圧する技術を開発しました。

本技術により、映像記録用機器において、雑音を気にせずにモーターを高速に動作させて、よりスムーズなズームやフォーカスができるようになり、ビデオカメラ並みに使い勝手がよい動画撮影が、デジタルカメラでも可能となります。
また、ビデオカメラにおいては、今後、筐体の小型化によってマイクとモーターが近くに配置されても、より雑音が少ない動画撮影ができるようになります。


近年、デジタルカメラを用いて、日常生活で動画を撮影することが一般的になってきています。しかし、ズームやオートフォーカスなどを行う際に発生する雑音がカメラに装着されたマイクに漏れ込み、録音されてしまうという問題があります。
これに対し、従来のデジタルカメラは、高価な静音モーターの採用や、モーター駆動速度の制限などで雑音を減らすように対処してきました。しかし、スポーツシーンなど、動きの激しい動画を撮影する時にフォーカスやズームが追いつかなくなり、使い勝手が低下するという問題がありました。
一方、デジタルカメラだけでなくビデオカメラにおいても、機器の小型化に伴い、今後、マイクとモーターとの配置が近くなり、より雑音を拾いやすい構造になっていきます。そのため、デジタルカメラ及びビデオカメラなどの映像記録用機器に適した雑音抑圧技術の開発が望まれていました。


このたび開発した雑音抑圧技術は、上記の問題を解決するもので、特長は以下の通りです。

  1. あらかじめ用意した雑音を用いて、マイクで収集した音に入る雑音を消去
    カメラやレンズの種類に合わせてあらかじめ用意した雑音をもとに、個々のモーターやレンズの駆動で発生する雑音特性に似せた音(擬似雑音)を自動生成。生成した擬似雑音を、マイクで収集した音から減算することで雑音を抑圧し、ほぼ残したい音だけを抽出。

  2. カメラやレンズ特性の経年変化や個体差に応じて擬似雑音を微調整
    参照用の雑音を基に生成した擬似雑音を微調整することで、より正確に雑音を抑圧。この微調整を常に繰り返すことで、カメラやレンズ特性の経年変化などにより変動する雑音に対して消し残しを最小にすることが可能。

  3. 断続的な雑音も、音量や周波数特性で検出して抑圧
    1.2.では抑圧しきれない、レンズや鏡胴の断続的な動作で生じる雑音を、音量の増大と周波数帯域の広がりにより自動検出し、抑圧。

NECでは、今後も雑音抑圧技術の研究開発をすすめるとともに、デジタルカメラ及びビデオカメラ市場への普及を図ってまいります。

なお、このたびの成果は、11月18日から20日までパシフィコ横浜で開催される組込み総合技術展(Embedded Technology)2009において、展示します。

以上

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 知的資産R&D企画本部 広報グループ
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/contact/

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.