ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 山梨県の観光地で多言語音声翻訳技術の実証実験を開始

山梨県の観光地で多言語音声翻訳技術の実証実験を開始 ~ウェアラブル端末など利用シーンに合わせた3種類の機器で検証~

2010年1月20日
日本電気株式会社

NECは、株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベル、独立行政法人情報通信研究機構(以下 NICT)と共同で、2010年1月25日から2月21日まで、山梨県において多言語による自動音声翻訳技術の実証実験を行います。

本実証実験は、富士山など外国人観光客に人気の高い山梨県の観光業者に、日本語と英語・中国語・韓国語に対応し、観光地(注1)での様々な利用シーンに最適な3種類の音声翻訳システムの端末を貸し出し行うものです。これにより観光産業における本システムの有用性を検証します。

また本実験を、山梨県の観光地や施設などの固有名詞や、方言など地域固有の表現等を事前に収集し、音声翻訳システムに組み込んで行います。本実験は、将来、様々な観光地で音声翻訳システムを導入する際に、これらの表現がどの程度必要となるかを検証するもので、実験結果を、今後の観光産業に向けた自動音声翻訳技術の向上に活用します。

本実証実験は、以下の3種類の音声翻訳システムを用いて行います。

  1. ウェアラブル型
    メガネ型網膜走査ディスプレイ(ブラザー工業株式会社製 注2)を採用しNECが製品化したウェアラブルコンピュータシステム「Tele Scouter(R) (テレスカウター)」(注3)に、NECの日英音声翻訳機能を搭載し、外国人観光客と現地の観光案内者がこの端末を身に付けて会話。日本語で話すと英語に自動翻訳し、相手のメガネ型ディスプレイには文字を表示するとともに、ヘッドセットから音声を再生。両手がふさがった状態でも接客ができることや、お互いの顔を見ながら会話できることによりコミュニケーションの満足度が向上。

  2. モバイル型
    スマートフォン型のモバイル端末に音声翻訳システムを搭載し、翻訳した音声と画面上に表示した文字を通じて会話。この端末には、外部との通信を必要とせず独立で動作するNECの日英音声翻訳機能と、無線LANなど外部との通信環境が必要なNICTの音声翻訳サーバによる日・英・中・韓四ヶ国語音声翻訳機能を搭載。これらの機能を通信環境や対応言語に応じて切り替えて動作。宿泊施設やレストラン、土産物屋など店員が常に動く環境でも利用可能。

  3. 据置型
    特定の場所に、モバイル型と比べて画面の大きいディスプレイをもつパソコンを設置し、外国人観光客と観光案内者が本システムを用いて翻訳した音声と文字の表示を通じて会話。搭載する音声翻訳機能は、NICTの四ヶ国語音声翻訳サーバと接続して実現。ホテルのフロントや土産物屋のレジ、観光案内デスクなど場所が固定されシステムの移動が不要な用途で利用。

本実証実験は、平成21年度よりNECが参画している総務省の「地域の観光振興に貢献する自動音声翻訳技術の実証実験」の一環として行なうものです。NECでは今後も、音声認識・言語処理技術の研究開発を進め、いつでも、どこでも、誰とでもコミュニケーションできる社会の実現を目指してまいります。

以上

(注1)

本実証実験は、河口湖、山中湖、甲府・石和、八ヶ岳周辺のホテルや観光案内所にて実施。詳細は社団法人やまなし観光推進機構の下記URLを参照。
(英語版)
http://www.yamanashi-kankou.jp/foreign/english/topics/topics004.html
(簡体中国版)
http://www.yamanashi-kankou.jp/foreign/chinese_s/topics/topics004.html
(韓国語版)
http://www.yamanashi-kankou.jp/foreign/korean/topics/topics004.html

(注2)

ブラザー工業株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:小池利和)が独自に開発した映像投影技術により、鮮明で高精細な映像を表示可能。

(注3)

参考URL:
『世界初、メガネ型網膜走査ディスプレイとウェアラブルコンピュータ端末を活用したユビキタス業務支援システム「Tele Scouter(TM)」を発売』

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 知的資産R&D企画本部 広報グループ
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/contact/

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.