ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュース > プレスリリース > 人のつながりを活性化しグループの創造性を高める共創支援技術を開発

人のつながりを活性化しグループの創造性を高める共創支援技術を開発 ~ロボットを用いたこども向けワークショップを開催~

2010年2月2日
日本電気株式会社
株式会社CSKホールディングス

NECは、対面やインターネット上のグループにおいて、課題に対する人の適性や、同じ課題に取り組んだ人との経験を“共体験ネットワーク”として自動抽出し、これを基に多様性のあるグループ形成を促すことによって、グループの創造性向上を支援する技術を開発しました。
また、NECと株式会社CSKホールディングス(以下、CSK)は、本技術を用いて、コミュニケーションロボットPaPeRo(R)を用いたストーリーなどの共同制作や作品発表が体験できる共創ワークショップを開発しました。本年2月21日に、けいはんな学研都市にて、こどもたちを対象とした第1回ワークショップを開催します。

このたび開催する共創ワークショップは、NECの本技術と、CSKの「CAMP(注1)」が培ったファシリテーションノウハウにより実現したもので、狙いと特長は以下の通りです。

  1. ロボット動作のストーリーやセリフなどのデザインを共同制作したり、作品発表を体験することで、こどもの想像力や表現力を育成。
  2. グループワークの中で協力しながら問題解決することで、お互いのアイデアや考え方の違いを理解する力、コミュニケーション能力を向上。
  3. ロボットシナリオの共創Webサイト“ぱぺろっち!(注2)”により、参加者が帰宅後も共創体験を継続可能。

また、このたびNECが開発した共創支援技術の特長は、以下の通りです。

  1. 共創の基礎となる“人のつながり”を自動抽出
    多人数参加型のサービスやアプリケーションを対象に、参加者の行動を解析することで、課題に対する人の適性度を抽出。さらに、人と人の関係として、お互いに意見を交わした経験、同じ課題に取り組んだ経験を“共体験ネットワーク”として自動抽出。

  2. 多様性のあるグループの形成を支援しグループの創造性を向上
    課題に対して、異なる適性を持ちながらお互い補い合える多様なメンバの組み合わせを、共体験ネットワークに基づいて自動選出し、選出されたメンバで共創活動を始めるための“きっかけ”を提供。これにより、多様なグループ形成を促し、メンバが多角的視点で共創に取り組める状況を作りだすことで、グループの創造性を向上。

  3. 共創支援技術を組み込んだロボットシナリオの共創ウェブサイトを実現
    1、2の技術を組み込んだロボットシナリオの共創ウェブサイト“ぱぺろっち!”を開発。“ぱぺろっち!”では、1台のロボットをインターネット経由で共有し、ロボット動作を遠隔で編集・実行し、その動作の様子を複数の人が同時に観察可能。
    “ぱぺろっち!”を活用した共創の第一段階として、対面ワークショップで築いた友達関係をベースに、インターネット上でさらに多くの人に共体験ネットワークを広げることで、将来的には、国や文化を超えて大規模な共創の実現を狙う。

NECでは今後、ビジネス分野においても共創の重要性が高まると考えており、任意のサービスやソフトウェアに共創機能を追加できる技術の研究、製品開発に積極的に取り組んでまいります。
また、CSKグループは今後も、こどもの創造性やコミュニケーション力を引き出す様々なワークショップを開発・実践するとともに、全国への普及活動にも取り組んでまいります。

以上

注1

CAMP(Children's Art Museum & Park)は、新しい学びのスタイルであるワークショップを通してこどもたちの「ともに創る力」を育む、CSKグループの次世代育成CSR活動です。CAMPは、こどもたちの創造性やコミュニケーション力を引き出す、さまざまなワークショップを提供しています。活動拠点である「大川センター(けいはんな学研都市)」において常に新しいワークショップを研究開発するとともに、日本中のこどもたちへCAMPワークショップを届けるため、全国のミュージアムや学校、各種団体と協力してワークショップの輪を広げています。

注2

ぱぺろっち!には、NECと米国マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボラトリとの共同研究成果が含まれます。

*

PaPeRo(R)は、NECの登録商標です。

*

ぱぺろっち!(R)は、NECの登録商標です。

[ブックマーク: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク livedoorクリップ Buzzurlにブックマーク ]

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 知的資産R&D企画本部 広報グループ
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.nec.co.jp/contact/

CSKホールディングス 社会貢献推進室
URL: 新しいウィンドウを開きます。http://www.camp-k.com/otona/home/info.php

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.